2017/12/06
開運のため、運気を良くするための断捨離に絶対に必要なことは、「心のぜい肉」をそぎ落とすことです。 断捨離に失敗した、リバウンドした、という話をよく聞きます。 断捨離に失敗する最大の理由が、モノへの執着心や物欲という「心のぜい肉」です。 せっかく部屋をキレイにしたのに、1カ月もしたら元の部屋に戻ってしまったという方は少なくありません。 思い切って部屋からモノを捨てたのに、結局は買いなおしてしまった、という人もいます。 モノへの執着心やこだわりの強い人には、共通の特徴があります。 「昔のことをよく記憶している」 「生活習慣に強いこだわりがある」 「自分なりのルールを持っていて他者にもそのルールを強要する」 このような強いこだわり、過去への執着は思考の硬直化を招きます。 「~でなければならない」 「~すべきである」 こんな言葉をよく使うは、断捨離で開運できない人かもしれません。 断捨離で開運するためには、柔軟な思考ができる、謙虚なこころを手に入れなければなりません。 シンプルに物事をとらえることができない人や、起こっている現象を単純化して見直すことができない人には、断捨離に失敗し

2017/11/30
九星気学の9つの本命星と、宿曜の27の本命宿から、毎日の運気を一覧にしました。 11月18日が旧暦の10月1日にあたり、七曜陵逼の期間にあたっています。 12月10日までは吉凶が逆転するといわれています。 なかでも、この期間中に命宿と胎宿の日がぶつかると、必ず災難にあうとされています。 詳しくは、2017年11月の運気をご覧になってください。 しかも12月2日は隠遁の終わり、そして3日からは陽遁󠄀にかわります。 隠遁とは、9⇒8⇒7と数字が減っていくように九星が巡る循環のこと。 陽遁󠄀とは、1⇒2⇒3と数字が増えていくように九星が巡る循環のこと。 この隠遁から陽遁󠄀への切り替えは、日盤にしか起こりません。 年盤や月盤は隠遁のままです。

2017/11/12
社内会議で会議室へ。 会議室には丸テーブルがあり、自由に座っていいとき、あなたはどうしていますか? ぐずぐずと迷ってしまうという人もいれば、あまり気にせずにすぐに席に着く人もいます。 ぐずぐずと迷ってしまう人の場合、誰かが席を決めると自分も決めやすくなるのではないでしょうか。 そして、あまり気にせずにすぐに席に着く人は、なぜか周囲にはいつも同じような人が座っていると感じてはいませんんか。 丸テーブルなどで席を決めるとき、心理的距離間が自然と出てしまいます。 ぐずぐずと迷ってしまう人が、誰かが座ると自分も席を決めやすくなるのは、先に座っている数人の顔ぶれを見て、自分と心理的距離感が近い人のそばを選びたいと本能的に思っているからです。 心理的距離感とは、好意や親しさ、安心感と言い換えても良いかもしれません。

2017/11/07
昨年7月の発刊以来、累計20万部も売れている「成功している人は、なぜ神社に行くのか?」によると、神社の神さまとは「意思と目的をもった知的生命体」だそうです。 神さまとは人間の創造物ではありますが、神さまにむかって祈る人間の思念が、神さまを想像していると書かれています。 しかし、決して想像上の存在ではなく、実在しています。 祈りや願いの集積した知的生命体として。 そして、神さまを通じて、日本人は2000年以上にわたって思念を共有し、成長させてきたというのです。

2017/10/30
干支にもある最大吉方位と、九星気学の吉方位をあわせて吉方位旅行をすると、さらに運気アップします。

2017/10/28
九星気学の9つの本命星と、宿曜の27の本命宿から、毎日の運気を一覧にしました。 細かいですが、ご参考まで。

2017/10/11
気軽に楽しめる占いの一種がおみくじです。しかし、おみくじは、神様からいただいた言葉であり、ひいた人の、そのときの状況や環境を言い当てていることが少なくありません。そんなおみくじに関する様々なエピソードを紹介していきます。

2017/09/29
九星気学の9つの本命星と、宿曜の27の本命宿から、毎日の運気を一覧にしました。 細かいですが、ご参考まで。

2017/09/27
中国の風水では、本命卦という先天磁性感応の傾向で、あなたがどの方角に向いているかがわかります。 まずは磁石で調べてみましょう。

2017/09/22
Jアラートで目が覚める経験をした方は多いと思います。北朝鮮問題は、これからどんな風に展開するのでしょうか。 関係各国の首脳の名前と誕生日から、これからどんな展開になるのか、そして誰がキーパーソンなのか、を占ってみます。

さらに表示する