人物 · 2020/09/26
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 吉田修一さんの作品は、読むよりも、映画で観るほうが多いかもしれません。 映画では『横道世之介』『怒り』『楽園』を観てると思います。 なかでも『横道世之介』は、映画も小説も、すごく好きな作品です。 吉田修一さんについて調べてみました。

人物 · 2020/09/25
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 江口洋介さんといえば、伝説のドラマ『東京ラブストーリー』ですが、最近では『コンフィデンスマンJP』シリーズでのマフィアのドンだけど、いつも騙される赤星役がお似合いです。 江口洋介さんについて調べてみました。

人物 · 2020/09/24
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 行定勲監督の『窮鼠はチーズの夢を見る』を観てきました。 生方は恋愛映画はあまり観ないのですが、行定勲監督の『リバーズ・エッジ』を最近観て、期待大でした。 そして、その期待を大きく上回るほど文芸的で、恋愛の本質を突いた作品だと感じました。 行定勲監督について調べました。

毎月の運気 · 2020/09/24
2020年10月は九紫火星中宮月になります。 五黄土星は北にあり、暗剣殺は南の方位で、四緑木星が位置しています。 10月は、9月にひきつづき南と北の方位が大凶となります。 これは地軸にブレやズレが生じやすいと読み、何かと不安定になりやすいことを暗示しています。 しかし、2020年10月は、吉神が西の二黒土星、南の四緑木星、北の五黄土星についています。 南北に吉神が多いので、不安定になりやすいといっても、それほど大きなものではないのかもしれません。 月破は辰の方位(東南東)になりますので、八白土星生まれの方は月破となります。

歴史 · 2020/09/24
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 五代友厚といえば、朝ドラ『あさが来た』でディーン・フジオカさんが演じていましたが、今度は三浦春馬さんが映画『天外者』で演じます。 五代友厚は、渋沢栄一とならび称された実業家であり、明治の日本を近代的な経済社会にするために尽力した人物です。 大河ドラマ『青天を衝け』でも登場しそうです。 五代友厚について調べてみました。 ⇒ 三浦春馬さんの性格・運気・運勢を占ってみると ⇒ 新一万円札の渋沢栄一とは?性格・運気・運勢を占ってみると

人物 · 2020/09/23
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 『麒麟がくる』をみていて、「そういえば大河ドラマの主演ってどういうタイプ?」と思いついて、調べてみました。 大河ドラマの主演には、ダブル、トリプルの場合があったり、何度も主演する役者さんもいたりしますが、第1回から2022年の小栗旬さんまでで64人となります。 さて、どんな人が、大河ドラマの主演となるのでしょうか。 ⇒ 朝ドラ主演116人を九星気学と宿曜占星術で見てみると?共通点は?

人物 · 2020/09/22
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 木村文乃さんが、ドラマ『七人の秘書』に主演されます。 木村文乃さんといえば、大河ドラマ『麒麟がくる』では、明智光秀の妻・煕子を演じています。 煕子は、明智光秀を支えた賢夫人ですが、木村文乃さんは元気がある刑事役が多いので、なんとなくしっくりこないというか・・・。 木村文乃さんについて調べてみました。 ⇒ 長谷川博己さんの性格・運気・運勢を占ってみると

人物 · 2020/09/21
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 藤木孝さんが亡くなり、またも自殺、そしてドラマ『ブラッディ・マンデイ』出演者であったことが報じられています。 三浦春馬さん、芦名星さんに続いて3人め、らしいです。 しかも、藤木孝さんは、芦名星さんと同じホリプロ所属。 奇怪な悪役も演じきり、目をひく役者さんでした。 心よりご冥福をお祈りします。 ⇒ 自殺者100人を九星気学と宿曜占星術で見てみると?共通点は?

人物 · 2020/09/20
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 浜辺美波さんが、顔面が整いすぎている20歳以下の女性有名人ランキングの1位となりました。 浜辺美波さんの顔立ちは、ちょっと昭和っぽい感じがするのですが、それが良いのかしら? ちなみに、2位は永野芽郁さん、3位は芦田愛菜さんとなっています。 浜辺美波さんについて調べてみました。

歴史 · 2020/09/19
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 歴代の総理大臣62人(安倍晋三前総理大臣)のなかで、最も多かったのが九紫火星を本命星とする総理大臣でした。 5人にひとりが九紫火星です。 次いで多かったのが、一白水星(安倍晋三前総理大臣)と七赤金星(菅義偉総理大臣)です。 しかし、歴代の総理大臣のなかで、菅義偉総理大臣とまったく同じ星回りには、第2代の黒田清隆、第12代の西園寺公望、第30代の齋藤實、第33代の林銑十郎がいるのですが、戦後、菅義偉内閣総理大臣とまったく同じ星回りの総理大臣は出現していません。 また、七赤金星生まれで総理大臣に就任したのは、上記の4人のほかに、第42代の鈴木貫太郎、第76代の海部俊樹さん、第95代の野田佳彦さんがいます。 今回は七赤金星生まれの総理大臣について、少し掘りさげたいと思います。 ⇒ 九星気学と宿曜で見る歴代総理大臣とは?

さらに表示する