歴史

歴史 · 2020/07/11
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 徳川家光といえば、大奥ができるきっかけとなった将軍です。 生まれながらの将軍でありながら、幼少期にはつらい思いをしたことや、育ての親ともいえる春日局との関係など、ドラマ性のある将軍といえます。 徳川家光について調べてみました。 ⇒ 徳川秀忠の性格・運気・運勢は? ⇒ 徳川家康の性格・運気・運勢を占ってみると

歴史 · 2020/07/10
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 徳川秀忠は、優秀だったのか、それとも無能だったのか? 最近の研究では、なかなかのやり手であったことがわかってきていますが、本当のところはどうだったのでしょう。 徳川秀忠について調べてみました。 ⇒ 徳川家康の性格・運気・運勢を占ってみると

歴史 · 2020/07/10
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 絵画に興味のない人でも、ゴッホの名前をご存知ではないでしょうか。 フィンセント・ファン・ゴッホはオランダ人、ひまわりを描いた作品が有名です。 フィンセント・ファン・ゴッホについて調べてみました。 ⇒ 葛飾北斎の性格・運気・運勢を占ってみると

歴史 · 2020/07/10
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 フランツ・リストは、ピアニストであり、作曲家です。 生方はすっかりドイツ人だと思いこんでいましたが、出自はハンガリー。 人生の殆どをドイツで活動し、ハンガリー語を話すことができませんでしたが、ハンガリー人としてのアイデンティを抱いていたようです。 フランツ・リストについて調べてみました。

歴史 · 2020/07/10
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 イザベラ・バードは、明治になったばかりの日本に来て、6月下旬から9月下旬まで、東北地方を旅したイギリス人女性です。 日光、大内宿、新潟、米沢、秋田、青森、函館など、険しい内陸ルートを選択したため、都市部と山村の隔たりを紀行文に記しています。 イザベラ・バードについて調べてみました。

歴史 · 2020/07/07
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 モーツァルトは、世界中で愛されている作曲家であり、ドラマや映画など映像化も多い作曲家だと思います。 映画『アマデウス』では、モーツァルトは享楽的でだらしない人物のように描かれていました。 本当にそうなんでしょうか? 調べてみました。 ⇒ マリー・アントワネットの性格・運気・運勢は?

歴史 · 2020/07/06
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 生方は、『ベルサイユのばら』でマリー・アントワネットという女性が存在したことを知りました。 おかげで歴史好きになったわけですが、マリー・アントワネットとは、どんな女性だったのでしょうか。 調べてみました。

歴史 · 2020/07/05
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 アントニオ・ガウディの作品群が世界遺産に登録されて数年後に、バルセロナに行ったことがあります。 このときには、まだサグラダ・ファミリアは世界遺産に含まれていません。 しかし、未完の教会として観光地になっていました。 当時のサグラダ・ファミリアは、まだ柱が揃っていなくて、屋根もなく、いかにも建設途中という様子でした。 あれから30年以上が経ち、完成に近づいているのは、本当に喜ばしいことです。 アントニオ・ガウディについて調べてみました。

歴史 · 2020/07/04
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 歌川国芳といえば、猫、そしてユーモアではないでしょうか。 見るものを驚かせ、楽しませることにかけては、トップクラスの浮世絵師だと思います。 歌川国芳について調べてみました。

歴史 · 2020/07/04
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 葛飾北斎は、多くの富士山を描いた『富嶽三十六景』でよく知られています。 なかでも『神奈川沖波裏 』は、知らない人がいるのかしら?と思ってしまうほど。 葛飾北斎について調べてみました。

さらに表示する