歴史

ルネ・スピッツの性格・運気・運勢とは?
歴史 · 2020/12/23
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 神聖ローマ皇帝のフリードリヒ2世がおこなった実験と同じようなことを行なった人物として、心理学者のルネ・スピッツがいるようです。 ⇒ フリードリヒ2世 (神聖ローマ皇帝)の性格・運気・運勢とは? ルネ・スピッツは、第二次大戦後のスイスで、孤児となった55人の乳児を最高の設備の施設に入れて、スキンシップを排除した保育を行いました。 本当かどうか確認できていませんが、ネットでは、55人のうち、27人が2年以内に死亡、17人が成人前に死亡、11人は成人しましたが、知的障害や情緒障害があったといわれています。 ルネ・スピッツについて調べてみました。

フリードリヒ2世 (神聖ローマ皇帝)の性格・運気・運勢とは?
歴史 · 2020/12/23
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 幸せホルモンとして知られるオキシトシンについて調べていたら、神聖ローマ皇帝のフリードリヒ2世に行き当たりました。 フリードリヒ2世は、早く生まれすぎたルネサンス人とも言われ、彼が発布した法令の多くは現代にも影響を及ぼしてるそうです。 たとえば、医薬分業のさきがけとなる、医師が薬剤師を兼ねることを禁止した法令があります。 そんなフリードリヒ2世ですが、人体実験が好きだったことでも知られていて、その人体実験のひとつが、教育を受けていない子供が最初に話す言語を知るために、乳母と看護師に授乳している赤子に向かって何も話さないように命じた実験があります。 人数などは記されていませんが、育ての親から愛情を与えられなかった赤子たちは全て死んだと言われています。 オキシトシンはスキンシップによって分泌されるホルモンなので、スキンシップがないと子どもは育たないということを、後世に示した実験として知られているようです。 フリードリヒ2世とは、どんな人物だったのでしょうか。

歴史 · 2020/12/01
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 大河ドラマ『麒麟がくる』では、いよいよ織田信長と足利義昭が対立するようになりました。 はじめのうちは、足利義昭が「父」とも読んだ織田信長ですが、この二人の相性は、本当のところどうだったのでしょうか? ⇒ 足利義輝と足利義昭の性格・運気・運勢を占ってみると

歴史 · 2020/11/29
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 冒険家の植村直己が、マッキンリーで行方不明となったのは1984年。 植村直己について調べてみると、何度も危ない目にあっていました。 そんな植村直己について調べてみました。

歴史 · 2020/10/19
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 板垣退助といえば、「板垣死すとも自由は死なず」という言葉で有名です。 歴史的には、「憲政の父」「国会を創った男」と評されています。 板垣退助について調べてみました。

歴史 · 2020/10/12
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 和歌山県が生んだ博物学者、生物学者、民俗学者である南方熊楠。 南方熊楠は、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、ラテン語、スペイン語などに堪能だったそうです。 天才の条件のひとつに、国語力とか言語能力の高さがあるといわれているので、南方熊楠は天才だったんでしょう。 南方熊楠について調べてみました。

歴史 · 2020/09/27
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 ウィリアム・アダムス(三浦按針)は、日本に漂着したオランダ船「リーフデ号」の航海士でしたが、徳川家康に気に入られ、旗本となり、日本で生涯を終えた人物です。 徳川家康は、関ヶ原の戦いの約半年前にウィリアム・アダムスやヤン・ヨーステンと出会い、オランダとの貿易を進めていきます。 徳川家康が天下を取ることができたのは、オランダとの関係が大きく関わっているそうです。 ウィリアム・アダムス(三浦按針)について調べてみました。 ⇒ 徳川家康の性格・運気・運勢を占ってみると

歴史 · 2020/09/24
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 五代友厚といえば、朝ドラ『あさが来た』でディーン・フジオカさんが演じていましたが、今度は三浦春馬さんが映画『天外者』で演じます。 五代友厚は、渋沢栄一とならび称された実業家であり、明治の日本を近代的な経済社会にするために尽力した人物です。 大河ドラマ『青天を衝け』でも登場しそうです。 五代友厚について調べてみました。 ⇒ 三浦春馬さんの性格・運気・運勢を占ってみると ⇒ 新一万円札の渋沢栄一とは?性格・運気・運勢を占ってみると

歴史 · 2020/09/19
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 歴代の総理大臣62人(安倍晋三前総理大臣)のなかで、最も多かったのが九紫火星を本命星とする総理大臣でした。 5人にひとりが九紫火星です。 次いで多かったのが、一白水星(安倍晋三前総理大臣)と七赤金星(菅義偉総理大臣)です。 しかし、歴代の総理大臣のなかで、菅義偉総理大臣とまったく同じ星回りには、第2代の黒田清隆、第12代の西園寺公望、第30代の齋藤實、第33代の林銑十郎がいるのですが、戦後、菅義偉内閣総理大臣とまったく同じ星回りの総理大臣は出現していません。 また、七赤金星生まれで総理大臣に就任したのは、上記の4人のほかに、第42代の鈴木貫太郎、第76代の海部俊樹さん、第95代の野田佳彦さんがいます。 今回は七赤金星生まれの総理大臣について、少し掘りさげたいと思います。 ⇒ 九星気学と宿曜で見る歴代総理大臣とは?

歴史 · 2020/09/10
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 自らの遺産で、ノーベル賞を創設させたアルフレッド・ノーベル。 ダイナマイト王とも呼ばれたアルフレッド・ノーベルは、幼少期から爆発物に興味を持っていたそうで、父親から基本原理を学んだといわれています。 アルフレッド・ノーベルについて調べてみました。

さらに表示する