カテゴリ:井宿



人物 · 2020/10/14
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 愛子内親王は、今上天皇の第1皇女。 現在の法律では天皇になることはありませんが、生まれたときから、将来の天皇論議の渦中にあります。 愛子内親王について調べてみました。

人物 · 2020/09/27
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 洋画は、邦画ほど観ませんが、たまたま目にして好きになったのが『インセプション』です。 夢のなかで秘密を盗み出す、という設定もさることながら、さらにアイデアを植え付けるというのも、秀逸でした。 途中から観るとまったくわからない迷路のような映画です。 『TENET テネット』が公開されていて、観に行こうかどうか迷っている最中です。 クリストファー・ノーラン監督について調べてみました。

人物 · 2020/09/11
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 近頃、Amazon Prime で過去のドラマをよく観ています。 そのなかで面白かったのが『カカフカカ』です。 森川葵さん演じる自己評価の低い女子が、初体験の相手で、こじらせ作家となったかつての同級生とシェアハウスで再会。 この作家役は特殊な設定なのですが、演じた中尾暢樹さんが良かったのです。 ⇒ 森川葵さんの性格・運気・運勢を占ってみると

歴史 · 2020/07/28
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 数学に影響を与えた人について調べていますが、現代に通じるさまざまな分野で影響を与えた人といえば、アイザック・ニュートンではないでしょうか。 リンゴが落ちるのを見てひらめいた、と言われてきた万有引力の法則は、実は別のところから発想を得た、という研究もあるようです。 アイザック・ニュートンについて調べてみました。

歴史 · 2020/07/03
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 生方と、伊藤若冲との出会いは、30年くらい前のNHK『日曜美術館』だったと思います。 ひと目で虜になり、その後、アメリカ人収集家のジョー・プライスを特集したNHKの番組から、伊藤若冲を描いたドラマや小説まで、ほぼ網羅しています。 真作を見たいと思っても、伊藤若冲の作品の多くは海外にあり、国内に残っているものは、ほとんどが通常は非公開。 ところが、東日本大震災が起こり、ジョー・プライスのコレクションが日本にやって来ることになりました。 上の写真は、そのとき、入り口に飾られたコピーを撮影したものです。 伊藤若冲について調べてみました。

結婚 · 2020/06/25
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 前田敦子さんと勝地涼さんは、スピード結婚で、出産も早かった記憶がありますが、別居しているようです。 おふたりは、別居から離婚へと進展してしまうのでしょうか。 前田敦子さんと勝地涼さんについて調べてみました。

人物 · 2020/06/15
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 堤幸彦さんといえば、『金田一少年の事件簿』『ケイゾク』『池袋ウエストゲートパーク』『TRICK』『SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』などなど、多くの話題作を世に出してきた方です。 生方も、これらのドラマはよく観ていましたし、よく記憶しています。 堤幸彦さんについて調べてみました。

人物 · 2020/06/12
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 文春オンラインをみていたら、こんな記事がありました。 「撮影現場のトイレでズボンを脱がされて…」被害タレントが告白 ワタナベエンタ常務が《悪質セクハラ》常習1年 マジですか? おばちゃま、驚きました。 株式会社ワタナベエンターテインメント常務取締役である大澤剛さんの生年月日がわかったので、調べてみました。

人物 · 2020/06/12
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 不倫スキャンダルだけではありませんが、「百獣の王」を目指している武井壮さんは、いつも的確な意見をツイートされていて、いつも好感を持って受け止められているようです。 武井壮さんについて調べてみました。

人物 · 2020/06/09
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 原節子さんといえば、日本映画を代表する女優ですが、鎌倉で隠遁生活をおくり、2015年に95歳で亡くなりました。 若くして女優を辞めたため、グレタ・ガルボと比較されることもあります。 原節子さんについて調べてみました。

さらに表示する