カテゴリ:宿曜占星術



歴史 · 2020/08/05
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 『三体』を読んでいたら、ジョン・フォン・ノイマンが登場してきました。 物語のなかでは、始皇帝の3000万人の軍隊で、コンピュータをつくり、計算していました。 ジョン・フォン・ノイマンについて調べてみました。 ⇒ ヒューゴー賞『三体』作者 劉慈欣の性格・運気・運勢は?

人物 · 2020/08/05
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 野沢尚さんは、人気作品を多数手掛ける脚本家で、推理作家でもありました。 生方は、野沢尚さんの作品のファンで、ドラマはもちろんですが、小説も手にとっていましたので、亡くなられたときにはショックでした。 野沢尚さんについて調べてみました。 ⇒ 自殺者100人を九星気学と宿曜占星術で見てみると?共通点は?

人物 · 2020/08/05
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 新型コロナウイルス感染拡大で、音楽関係イベントはなくなり、ライブハウスは閉店に追い込まれています。 そんななか、注目を集めているのが野口五郎さんです。 音楽を愛する発明家でもある野口五郎さんについて調べてみました。

人物 · 2020/08/02
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 ダン・アリエリー教授が、心理学や行動経済学に興味をもつきっかけは、高校生のときに、体表の70%に重度のやけどを負ったことのようです。 病院の治療で、たびたび痛みを感じていたため、痛みを軽減するかもしれないやり方や順番を提案していたのだとか。 ダン・アリエリー教授について調べてみました。

人物 · 2020/08/01
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 本屋さんで時間を潰していると、発見があるものです。 『三体(さんたい)』は、発電所のコンピュータ管理を担当する中国人エンジニア・劉慈欣によるSF小説です。 買ったばかりで、まだ一行も読んでいませんが、2015年に、アジア人初のヒューゴー賞を受賞しています。 作者の劉慈欣について調べてみました。

歴史 · 2020/08/01
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 ピーテル・パウル・ルーベンスは、画家として知られていますが、外交官としても活躍して、スペイン王フェリペ4世とイングランド王チャールズ1世からナイトに叙爵されています。 さらに、古典的知識を持つ人文主義学者、美術品収集家でもあったそうです。 ピーテル・パウル・ルーベンスについて調べてみました。

結婚 · 2020/08/01
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 東出昌大さんと杏さんが、ついに離婚届を出されたようです。 2020年7月は、「東出昌大さんと杏さんのどちらにも、良くないことが起こりそう」と、2月に書いていましたが、まさか離婚とは。 生方は悲しいですが、離婚届を出した日の運気を調べてみました。 ⇒ 東出昌大さんの今後は?運気・運勢を占ってみると

歴史 · 2020/07/31
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 ペルーのマチュピチュの初代村長が日本人だったなんて! それが野内与吉です。 福島県大玉村の出身です。 野内与吉について調べてみました。

人物 · 2020/07/31
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 台湾を、現在の形にしたといっても良い李登輝元総統が、亡くなられました。 日本統治下の台湾で生まれ育ったため、日本語も流暢だったそうです。 李登輝元総統について調べてみました。

歴史 · 2020/07/30
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 後白河天皇は、今様好きと伝わっていますが、現代ならJ-POP好きの天皇だったようです。 好きすぎて、今様を集めて『梁塵秘抄(りょうじんひしょう)』を編集したほど。 「昼は一日中歌い暮らし、夜は一晩中歌い明かした。声が出なくなったことは三回」と記録に残っています。 後白河天皇について調べてみました。 ⇒ 平清盛の性格・運気・運勢は? ⇒ 源頼朝の性格・運気・運勢は?

さらに表示する