ブログカテゴリ:47governor



歴史 · 2019/05/13
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 軽井沢や上高地、松本城に善光寺など、自然と歴史名所が多い長野県の知事には、どんな人がなっているのでしょうか? 知事にも地方色が出るのかどうか、しばらくの間、47都道府県の県知事について調査、まとめています。 知事には、官選と公選の2種類ありますが、公選だけだとヒトケタしかいない都道府県があるので、明治以降の官選知事も含めています。 なぜなら、官選とはいえ、住民との関係は生まれますし、明治以降の政治動向により、都道府県はそれらの政策に組み込まれていったと考えるためです。 長野県では、これまでに40人が知事となっているのですが、生年月日がわからない知事が10人います。 これまでの調査経験から、生年月日がわからない官選知事が多い県、また歴代知事の数が少ない県は、政治的に安定している場所だと思います。 長野県は、そういう都道府県のひとつだと思われます。 対象となったのは、以下の歴代知事30人です。 ※敬称略 物部薫郎 高橋守雄 近藤駿介 押川則吉 木梨精一郎

歴史 · 2019/05/11
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 今回は、米どころの新潟県です。 知事にも地方色が出るのかどうか、しばらくの間、47都道府県の県知事について調査、まとめています。 知事には、官選と公選の2種類ありますが、公選だけだとヒトケタしかいない都道府県があるので、明治以降の官選知事も含めています。 なぜなら、官選とはいえ、住民との関係は生まれますし、明治以降の政治動向により、都道府県はそれらの政策に組み込まれていったと考えるためです。 新潟県は豪雪地帯。 そんな新潟県では、これまでに47人が知事となっているのですが、生年月日がわからない知事が4人います。 対象となったのは、以下の歴代知事43人です。 ※敬称略 町村金五 小原新三 安井誠一郎 渡辺勝三郎 平松時厚 千田貞暁 清棲家教 君島清吉 安藤謙介 佐藤基 太田政弘 永山盛輝 関屋延之助 畠田昌福 小幡豊治 坂仲輔 伊沢多喜男 北川信従 勝間田稔 柏田盛文 阿部浩 黒崎真也 籠手田安定 浅田徳則 千葉了 中野邦

歴史 · 2019/05/05
関西地方の歴代知事を見てみると、二黒土星の受け身、八白土星の努力、そして四緑木星の信頼が何より重視されているように感じました。 官選知事では、九紫火星の頭の良さや先見性が重視されているようですが、公選知事時代になってからは、社交性と独立志向の強さ、言い換えると、東京との差別化に力を入れる知事が選ばれているように思います。 いずれ、関東地方と関西地方の知事の違いを比較してみたいと思います。

歴史 · 2019/05/02
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 知事にも地方色が出るのかどうか、しばらくの間、47都道府県の県知事について調査、まとめています。 知事には、官選と公選の2種類ありますが、公選だけだとヒトケタしかいない都道府県があるので、明治以降の官選知事も含めています。 なぜなら、官選とはいえ、住民との関係は生まれますし、明治以降の政治動向により、都道府県はそれらの政策に組み込まれていったと考えるためです。 和歌山県は、世界遺産の熊野古道、那智の滝などで知られる風光明媚な県のひとつです。 気候も穏やかな印象があります。 また、紀州徳川家がかつては治めた、徳川幕府にとって重要拠点だった場所です。 そんな和歌山県では、これまでに41人が知事となっているのですが、生年月日がわからない知事が5人います。 対象となったのは、以下の歴代知事36人です。 ※敬称略 池松時和 川上親晴 小原新三 唐沢俊樹 千田貞暁 野村政明 清棲家教 高橋良麿 川村竹治 今松治郎 蔵原敏捷 藤岡長和 伊沢多喜男 北島秀

歴史 · 2019/05/01
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 令和の初日は、滋賀県の知事についてです。 知事にも地方色が出るのかどうか、しばらくの間、47都道府県の県知事について調査、まとめています。 知事には、官選と公選の2種類ありますが、公選だけだとヒトケタしかいない都道府県があるので、明治以降の官選知事も含めています。 なぜなら、官選とはいえ、住民との関係は生まれますし、明治以降の政治動向により、都道府県はそれらの政策に組み込まれていったと考えるためです。 滋賀県は、琵琶湖、彦根城と観光地がありますが、日本海側から奈良や京都に抜ける街道が通る場所です。 隣接した京都や奈良は古くから都のある場所なので、残念ながら滋賀県は目立ちませんが、織田信長の時代には、琵琶湖を船で横断すると安土城と京の都は数時間で行き来できたそうです。 滋賀県は、要衝の地なのです。 そんな滋賀県では、これまでに42人が知事となっているのですが、生年月日がわからない知事が12人います。 対象となったのは、以下の歴代知事30人です。 ※敬称略 池松時和

歴史 · 2019/04/27
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 知事にも地方色が出るのかどうか、しばらくの間、47都道府県の県知事について調査、まとめています。 知事には、官選と公選の2種類ありますが、公選だけだとヒトケタしかいない都道府県があるので、明治以降の官選知事も含めています。 なぜなら、官選とはいえ、住民との関係は生まれますし、明治以降の政治動向により、都道府県はそれらの政策に組み込まれていったと考えるためです。 兵庫県と言えば神戸、そして姫路城です。 観光地が多く、関西旅行の目的地に選ばれることも多い兵庫県は、歴史的にも重要な拠点だったらしいですね。 そんな兵庫県では、これまでに38人が知事となっているのですが、生年月日がわからない知事が5人います。 対象となったのは、以下の歴代知事33人です。 ※敬称略 有吉忠一 高橋守雄 税所篤 長延連 山県治郎 陸奥宗光 内海忠勝 関屋延之助 湯沢三千男 遠藤直人 服部一三 中山信彬 折原巳一郎 清野長太郎 森岡昌純 周布公平 林董 伊藤博文 坂千

歴史 · 2019/04/27
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 知事にも地方色が出るのかどうか、しばらくの間、47都道府県の県知事について調査、まとめています。 知事には、官選と公選の2種類ありますが、公選だけだとヒトケタしかいない都道府県があるので、明治以降の官選知事も含めています。 なぜなら、官選とはいえ、住民との関係は生まれますし、明治以降の政治動向により、都道府県はそれらの政策に組み込まれていったと考えるためです。 奈良県は、京都府とともに、日本の歴史、伝統、文化の原点となる場所というイメージがあります。 東大寺の大仏を修学旅行で見た経験のある方も多いハズ。 そんな奈良県では、これまでに42人が知事となっているのですが、生年月日がわからない知事が10人います。 対象となったのは、以下の歴代知事32人です。 ※敬称略 児玉政介 寺原長輝 久米成夫 税所篤 水野寅次郎 木田川奎彦 青山貞 園池公静 谷口寛 小牧昌業 斎藤樹 川口彦治 小野正一 青木良雄 折原巳一郎 河野忠三 四条隆平 海江田信義

歴史 · 2019/04/26
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 知事にも地方色が出るのかどうか、しばらくの間、47都道府県の県知事について調査、まとめています。 知事には、官選と公選の2種類ありますが、公選だけだとヒトケタしかいない都道府県があるので、明治以降の官選知事も含めています。 なぜなら、官選とはいえ、住民との関係は生まれますし、明治以降の政治動向により、都道府県はそれらの政策に組み込まれていったと考えるためです。 青森といえば岩木山。 広島は、安芸の宮島(厳島神社)が好きで、何度も行っています。 食べ物も美味しいし、広島市内のビルから見る、瀬戸内海の夕日もすばらしいです。 今回、広島県知事としたのは、官選と公選知事で、生年月日が判明している人たちです。 これまでに49人が知事となっているのですが、生年月日がわからない知事が10人います。 対象となったのは、以下の歴代知事39人です。 ※敬称略 山田春三 折田平内 安河内麻吉 相川勝六 岩村高俊 楠瀬常猪 千田貞暁 千本久信 江木千之 宗像政

歴史 · 2019/04/21
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 知事にも地方色が出るのかどうか、しばらくの間、47都道府県の県知事について調査、まとめています。 知事には、官選と公選の2種類ありますが、公選だけだとヒトケタしかいない都道府県があるので、明治以降の官選知事も含めています。 なぜなら、官選とはいえ、住民との関係は生まれますし、明治以降の政治動向により、都道府県はそれらの政策に組み込まれていったと考えるためです。 青森といえば岩木山。 弘前城公園からみる岩木山は、北の富士山と呼ばれるだけ会って、大変うつくしいと思います。 また、青森県下北地方には、日本三大霊場の恐山があり、パワースポットになっていますね。 今回、青森県知事としたのは、官選と公選知事で、生年月日が判明している人たちです。 これまでに52人が知事となっているのですが、生年月日がわからない知事が7人います。 対象となったのは、以下の歴代知事45人です。 ※敬称略 大島弘夫 金井元彦 大野連治 塩谷良翰 菱田重禧 鍋島幹 佐和正 野田豁

歴史 · 2019/04/21
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 知事にも地方色が出るのかどうか、しばらくの間、47都道府県の県知事について調査、まとめています。 知事には、官選と公選の2種類ありますが、公選だけだとヒトケタしかいない都道府県があるので、明治以降の官選知事も含めています。 なぜなら、官選とはいえ、住民との関係は生まれますし、明治以降の政治動向により、都道府県はそれらの政策に組み込まれていったと考えるためです。 富山県は、富山市に行ったことがあります。 山が迫っていて、魚が美味しいという記憶があります。 また、黒部ダムが有名ですね。 今回、富山府知事としたのは、官選と公選知事で、生年月日が判明している人たちです。 これまでに43人が知事となっているのですが、生年月日がわからない知事が8人います。 対象となったのは、以下の歴代知事35人です。 ※敬称略 川上親晴 町村金五 金尾稜厳 徳久恒範 安藤謙介 鈴木敬一 羽根盛一 坂信弥 岡本茂 西村彰一 浜田恒之助 井上孝哉 斎藤樹 森山茂

さらに表示する