カテゴリ:calender



【2021年9月】九星気学と宿曜から見る毎日の運気
毎月の運気 · 2021/08/25
2021年9月は七赤金星中宮月になります。 月破は卯(東)の方位にあり、五黄土星です。 東は、五黄殺と月破が重なるため、2021年9月は、東の方位は避けたほうが良いでしょう。 また、西の九紫火星は暗剣殺なので、東西が凶方位となります。 七赤金星は、「愉悦」をあらわしており、収穫の喜びも意味しています。 また、精錬された金属であり、七赤金星には経済や金運などの意味もあります。 七赤金星が中宮にあるときは、経済は表面的には順調のように見えて、波乱含み、八方塞がりという暗示があり、全体的に下り気味です。 また、九紫火星に暗剣殺がついてるので、九紫火星には株券という意味があるため、株式市場の乱高下が起こりやすいといえます。 経済活動は縮小傾向にあるうえに、ふたたび新型コロナウィルス感染拡大の影響もあって、さらに弱まっていくのではないでしょうか。 ⇒ 新型コロナウイルス:2021年9月から2021年11月を占ってみると

【2021年8月】九星気学と宿曜から見る毎日の運気
毎月の運気 · 2021/07/25
2021年8月は八白土星中宮月です。 五黄土星は南西にあり、暗剣殺は北東の方位で、二黒土星になります。 月破も寅(東北東)にありますので、二黒土星生まれには要注意のときとなります。

【2021年7月】九星気学と宿曜から見る毎日の運気
毎月の運気 · 2021/06/25
2021年7月は九紫火星中宮月になります。 五黄土星は北にあり、暗剣殺は南の方位で、四緑木星が位置しています。 7月は、6月にひきつづき南と北の方位が大凶となります。 これは地軸にブレやズレが生じやすいと読み、何かと不安定になりやすいことを暗示しています。 月破は丑の方位(北北東)になります。 北東には、地震の三碧木星が位置していますから、7月は北東方位で地震が起こりやすいようです。

【2021年6月】九星気学と宿曜から見る毎日の運気
毎月の運気 · 2021/05/25
2021年6月は一白水星中宮月になります。 五黄土星は南にあり、暗剣殺は北の方位で、六白金星が位置しています。 また、北に月破がついていますので、2021年6月は、六白金星生まれの人にとって、厳しいときとなりそうです。 また、南と北の方位が大凶となり、全般的に不安定になりそうです。

【2021年5月】九星気学と宿曜から見る毎日の運気
毎月の運気 · 2021/04/25
2021年5月は二黒土星中宮月になります。 暗剣殺は南西の方位で、八白土星が位置しています。 反対側の北東には五黄土星が位置していますから、5月は南西と北東の方位が大凶となります。 月破は亥の方位(北北西)になりますので、三碧木星の方位です。 吉神は、東西の方位に多くついていて、とくに西の方位は吉神だらけですから、西を吉方位旅に取ることができる人は、ぜひ西に旅行してください。

【2021年4月】九星気学と宿曜から見る毎日の運気
毎月の運気 · 2021/03/25
2021年4月は三碧木星中宮月になります。 五黄土星は西にあり、暗剣殺は東の方位で、一白水星が位置しています。 2021年4月は、東西の方位が大凶方位となります。 月破は戌の方位(西北西)になりますので、四緑木星生まれの方は、注意が必要です。

【2021年3月】九星気学と宿曜から見る毎日の運気
毎月の運気 · 2021/02/24
2021年3月は四緑木星中宮月になります。 月破は西の方位にあり、六白金星です。 五黄土星が北西にあり、東南の三碧木星が暗剣殺ですから、2021年3月は、西、北西、東南の方位は凶方位となります。

【2021年2月】九星気学と宿曜から見る毎日の運気
毎月の運気 · 2021/01/24
2021年2月は五黄土星中宮月になります。 月破は、南南西(申)の方位にあり、二黒土星です。 五黄土星が中宮なので、五黄殺・暗剣殺の方位はありません。 吉神は、南の九紫火星に月徳・天道・天徳、西の七赤金星に月徳合が、北の一白水星には月空・正気・天徳合がついています。

2021年の節分は124年ぶりに2月2日になります
お知らせ · 2021/01/06
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 2021年の節分が、124年ぶりに2月2日になる! というわけで、『九星気学 本命星・月命星・傾斜宮でみる運勢 歴史上の人物と著名人2021』のなかで、間違えて2月3日としていた箇所を、さっそく修正いたしました。 思い込みは、本当に厄介です。 ブログでも2月3日としていた箇所があったので、こちらもできるかぎり修正しました。 ところが、間違っていない箇所もあったりして、あれれ?ということも。 カレンダーを確認して書いていたブログでは、ほとんど間違っていないのですが、ついつい習慣で「節分は2月3日」と思い込んで書いていた記事に修正箇所が多くありました。 間違った情報を掲載してしまいましたこと、大変申し訳ございません。 宿曜占星術シリーズのほうは、時間のあるときに修正いたしますので、あらかじめご了承くださいませ。

【2021年1月】九星気学と宿曜から見る毎日の運気
毎月の運気 · 2020/12/25
2021年1月は六白金星中宮月になります。 月破は南南西(未)の方位にあり、三碧木星です。 また、五黄土星は東南にあり、七赤金星は暗剣殺です。 七赤金星にとって、思い通りにならないことが起こりやすく、交渉事全般はうまく行かないことが多いでしょう。 1月の月盤は、2021年2月4日からはじまる年盤と同じなので、一足早く六白金星中宮の運気が始まるといえます。 吉神は、東の四緑木星に月空・生気・月徳合・天徳合、西の八白土星に天徳・月徳・天道がついています。

さらに表示する