カテゴリ:history



エリック・ヤン・ハヌッセンの性格・運気・運勢とは?
歴史 · 2021/07/21
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 エリック・ヤン・ハヌッセンは、ヒトラーお抱えの預言者と言われた人物です。 占いや預言を行うショービジネスで成功し、新聞などのメディアを発行し、莫大な収入を得ていたようです。 しかし、ナチ突撃隊によって暗殺されます。 エリック・ヤン・ハヌッセンについて調べてみました。 ⇒ アドルフ・ヒトラーの性格・運気・運勢とは?

アドルフ・ヒトラーの性格・運気・運勢とは?
歴史 · 2021/07/21
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 アドルフ・ヒトラーは、歴史上の評価はともかく、様々なメディアで取り上げられる人物です。 チャップリンの『独裁者』、『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』、手塚治虫さんの『アドルフに告ぐ』など、枚挙にいとまがないほどです。 アドルフ・ヒトラーについて調べてみました。

高橋兼吉の性格・運気・運勢とは?
歴史 · 2021/07/01
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 擬洋風建築の旗振り役が三島通庸だとすると、実際に手掛けて、形にしたのは大工の高橋兼吉でした。 国の重要文化財に指定されている旧西田川郡役所、旧鶴岡警察署庁舎が代表作です。 高橋兼吉について調べてみました。 ⇒ 三島通庸の性格・運気・運勢とは?

三島通庸の性格・運気・運勢とは?
歴史 · 2021/07/01
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 久しぶりに東北新幹線に乗ったら、擬洋風建築が特集されていました。 山形県と福島県に残る擬洋風建築が紹介されていましたが、これらを造らせたのは、「土木県令」や「鬼県令」と称された三島通庸です。 ちなみに、大河ドラマ『いだてん』にも登場した、日本人初のオリンピック選手・三島弥彦は、三島通庸の五男です。 三島通庸について調べてみました。

徳川昭武の性格・運気・運勢とは?
歴史 · 2021/06/25
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 徳川昭武は、第15代将軍・徳川慶喜の異母弟であり、清水徳川家を相続。 パリ万国博覧会に将軍慶喜の名代として赴き、のちに水戸藩主となった人物です。 徳川昭武について調べてみました。 ⇒ 徳川慶喜の性格・運気・運勢は?

栗本鋤雲の性格・運気・運勢とは?
歴史 · 2021/06/25
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 栗本鋤雲は、幕府典医の三男として生まれますが、フランス駐日公使ロッシュの通訳となり、幕府のフランス通として知られている人物です。 徳川昭武一行が、パリ万国博覧会に訪問したときに補佐役をつとめ、悪化した日仏関係修復、イギリスとの外交交渉を行いました。 栗本鋤雲について調べてみました。

小栗上野介(忠順)の性格・運気・運勢とは?
歴史 · 2021/06/15
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 小栗上野介といえば、幕府の埋蔵金伝説の主人公ともいえる人物です。 幕末の勘定奉行だったことから生まれた伝説といえますが、本当のところはどうだったのでしょうか。 小栗上野介について調べてみました。

ニッコロ・マキャヴェッリの性格・運気・運勢とは?
歴史 · 2021/06/12
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 ニッコロ・マキャヴェッリは、イタリア、ルネサンス期の政治思想家であり、フィレンツェ共和国の外交官。 著作の『君主論』は、500年の時を超えた名著として知られています。 ニッコロ・マキャヴェッリについて調べてみました。

チェーザレ・ボルジアの性格・運気・運勢は?
歴史 · 2021/06/11
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 歴史好きな方なら、チェーザレ・ボルジアのことはご存知でしょう。 マキャヴェッリは、「容姿ことのほか美しく堂々とし、武器を取れば勇猛果敢であった」と評し、著作の『君主論』では、チェーザレ・ボルジアが理想的な君主の能力を持っているとしています。 チェーザレ・ボルジアについて調べてみました。

尾高(渋沢)平九郎の性格・運気・運勢とは?
歴史 · 2021/05/28
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 尾高平九郎は、渋沢栄一がフランスへ渡航することになり、渋沢栄一の見立養子(相続人)となり、江戸で生活するようになります。 渋沢喜作とともに彰義隊に参加しますが、若くして命を落としています。 尾高(渋沢)平九郎について調べてみました。 ⇒ 新一万円札の渋沢栄一とは?性格・運気・運勢を占ってみると ⇒ 渋沢喜作(成一郎)の性格・運気・運勢とは?

さらに表示する