ブログカテゴリ:politician



人物 · 2020/02/13
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 「桜を見る会」に関連する公文書管理についての北村誠吾大臣の答弁が不十分だとして、野党からたたかれています。 言い間違いが多いような印象がありますが、どんな方なのでしょう。 北村誠吾地方創生大臣について調べてみました。

人物 · 2020/02/13
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 二階俊博自民党幹事長は、新型コロナウィルスで苦しむ中国に対し、自民党所属国会議員の3月歳費から、一律5000円を集めて中国側に寄付すると言い出しました。 生方は50年以上生きていますが、今まで国会議員がこんなことをしたことがあったのだろうか?と思って検索してみました。 「国会議員 歳費 寄付」で検索したところ、国内災害に対する寄付は出てきたものの、それ以外は見つかりませんでした。 なぜ今?こんなことを言い出したのでしょう? そして、二階俊博議員は、IR汚職事件で収賄罪で逮捕された、衆院議員の秋元司被告に対して、「本人の無罪の主張を信頼している」と擁護しています。 この汚職事件も中国企業が関係しています。 二階俊博議員は、中国と何か深い関係があるのでしょうか? ⇒ 秋元司議員の性格・運気・運勢を占ってみると

人物 · 2020/02/06
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 アメリカ大統領選挙に向けた、民主党の候補者選びがはじまりました。 投票結果がなかなか出てきませんが、候補者は5人、そのうち2人が女性です。 そして、途中結果ではありますが、トップは同性愛者であることを表明しているピート・ブティジェッジ氏。 5人の候補者のなかで、最も若い38歳です。 アメリカの大統領選挙は11月ですが、まずは民主党の候補が誰になるのか、占ってみました。

人物 · 2020/01/20
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 2019年に、広島県議会議員時代の政務活動費問題にはじまり、ウグイス嬢へ過大な支払いを行って公職選挙法違反問題。 そして、国会欠席、適応障害、家宅捜索と、話がどんどんエスカレートしていますね。 対応に問題があるのは事実ですが、運気的にはどうなのでしょうか? 河井案里議員について調べてみました。

人物 · 2020/01/09
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 アメリカとイランの関係が、悪化しています。 アメリカによるソレイマニ司令官の殺害、それに対するイランの報復と続き、まさかの戦争!?という事態になっています。 トランプ大統領にとって、2020年は苦しいことが起こりやすい年運なのですが、イランのハメネイ師はどうなんでしょうか?

人物 · 2020/01/05
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 文在寅大統領については、昨年も調べて、この開運ブログに書いていますが、今日「文政権の『食事制限令』が韓国の東京五輪惨敗を招く」という記事を読んで、これが本当なら、文在寅大統領は、自分のプライドだけの人なのではないだろうか?と感じてしまいました。 ⇒ 敵対?迷走?文在寅大統領の性格・運気・運勢を占ってみると 高度な自由主義が拡散した国家では、人種や国境は関係なく、自分にとって気持ちの良い人達だけとつきあいたいという個人の自由が優先されます。 韓国の場合、個人の自由よりも、「排日」という主義だけが先行しているようにしか見えないのは残念なことです。 ⇒ 安倍晋三首相の2020年前半の運勢・運気は? ⇒ トランプ大統領と習近平国家主席の米中戦争はどうなる?

人物 · 2020/01/04
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 2020年のお正月は、おおむね穏やかな天候に恵まれましたが、政治の世界ではいろいろとありそうですね。 IR贈賄事件では、すでに5人もの議員が収賄疑惑で名前が上がっています。 ⇒ 秋元司議員の性格・運気・運勢を占ってみると そこで、安倍晋三首相の2020年上半期の運勢を占ってみました。 桜を見る会については、なんとかやり過ごせそうではありますが、2020年は大きな変化のときとなりそうです。 ⇒ トランプ大統領と習近平国家主席の米中戦争はどうなる?

人物 · 2019/12/20
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 久しぶりに、東京地検特捜部の名前を聞きました。 東京地検特捜部が、秋元司議員の事務所を捜索。 日本での統合型リゾート(IR)事業進出を計画する中国企業が、不正に現金を国内に持ち込んだという外為法違反事件での捜索です。 秋元司議員は、IR担当の内閣府副大臣だったそうです。 秋元司議員は、2019年は最悪の運気なので、ただ名前を利用され、とばっちりをくっただけかもしれません。

人物 · 2019/12/13
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 2019年12月10日、フィンランド史上最年少の女性首相が誕生しました。 サンナ・マリン首相は34歳。 世界の現職の指導者としても最年少で、しかも六白金星生まれです。 12月3日に投稿した、「トランプ大統領と習近平国家主席の2020年の運勢・運気は?」のまとめに、次のように書いておりました。 「2020年に運気が強いのは六白金星であり、定位対冲なので、大きな人生の転機がありそうです。 世界の指導者のなかで、六白金星の人はまだ見つかっていないのですが、彗星のようにあらわれて、一躍世界の指導者の仲間入りをするのかもしれませんね。」 つまり、サンナ・マリン首相が誕生したことで、世界の指導者間のバランスが変わる可能性があるのです。 ⇒ トランプ大統領と習近平国家主席の2020年の運勢・運気は?

人物 · 2019/12/12
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 国民投票によって、イギリスがEUから離脱することを決めたのは2016年のこと。 あれから3年、イギリスは揺れに揺れ、EU離脱が決まっていません。 2019年12月12日の総選挙によって、やっと、その方向性が見えてくることになりそうです。 そこで、保守党のボリス・ジョンソン(Alexander Boris de Pfeffel Johnson)首相と、労働党のジェレミー・コービン(Jeremy Corbyn)党首について、調べてみました。

さらに表示する