ブログカテゴリ:star4



人物 · 2020/02/20
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 不倫騒動以来、ドラマ以外では姿を見せなかった東出昌大さん。 ドラマが放送されるたびに、現実と比較されていたので、生方は「新しい炎上商法か?」と感じておりました。 その東出昌大さんが、2月15日に文春の取材を受けていたようです。 杏さんが2月18日に発言したのは、これがあったからなのかもしれませんね。 東出昌大さんのこれからについて、調べてみました。 ⇒ 東出昌大さんと杏さんが別居!2人の性格・運気・運勢を占ってみると ⇒ 『ケイジとケンジ』出演者の性格・相性を占ってみると ⇒ 渡辺謙さんの性格・運気・運勢を占ってみると

事件 · 2020/02/13
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 槇原敬之容疑者は、1999年に覚醒剤を隠し持っていたとして逮捕・起訴され、その後、懲役1年6ヶ月、執行猶予3年の判決を言い渡されていましたが、ふたたび逮捕されました。 SMAPの『世界に一つだけの花』という名曲を作詞・作曲した、日本を代表するシンガーソングライターだけに、今回の逮捕は非常に残念です。

人物 · 2020/02/11
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 アカデミー賞の受賞者に、2度目のメーキャップ&ヘアスタイリング賞を受賞したカズ・ヒロさんがいます。 京都市出身ですが、現在はロスアンゼルスに住み、日本国籍から米国籍に変わっています。 今回のアカデミー賞受賞の会見のなかで、日本を否定するようなコメントをしたことで、ちょっとした話題になっています。 日本の文化にも、反省すべき点は多々ありますから、カズ・ヒロさんは、こんなことで話題にされることも嫌でしょう。

人物 · 2020/02/11
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 『麒麟がくる』では、ふたりの足利将軍が登場します。 ひとりは、最後の足利将軍である足利義昭。 義昭は、光秀の主人であり、織田信長の庇護を受けた人物です。 もうひとりは、足利義輝。 こちらは、若き織田信長とも会ったことがあるかもしれない将軍であり、将軍でありながら、京の実権を握る三好家と権力争いの末に戦死した将軍です。 足利義昭は、実力もないのに、将軍という地位を尊重してくれるサポーターを求めて、点々とします。 一般的には、不甲斐ない人という印象があるかもしれません。 もう一方の足利義輝は、頭も切れ、武士としての実力も十分な人物として描かれることが多いようです。 このふたりの将軍は、どんな人たちだったのでしょうか。 ⇒ 大河ドラマ『麒麟がくる』出演者の相性を占ってみると

人物 · 2020/01/21
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 観ようかな、どうしようかな~と、悩んでいるうちに、『パラサイト 半地下の家族』が、第26回全米映画俳優組合賞(SAG賞)で最優秀作品に選ばれました。 この勢いだと、アカデミー賞でも何か受賞するかもしれませんね。 早く観に行かねば! というわけで、ポン・ジュノ監督について調べてみました。

人物 · 2019/12/31
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 2019年も押し詰まった12月30日から、「【庵野監督・特別寄稿】『エヴァ』の名を悪用したガイナックスと報道に強く憤る理由」という連載が、ダイヤモンド・オンラインでスタートしました。 第1回を読むと、ガイナックスという会社が、お金にいい加減な会社であるかがわかります。 映画『シン・エヴァンゲリオン』の公開が待たれるので、庵野秀明さんについて調べてみました。

歴史 · 2019/12/21
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 歴史好きの生方は、開運ブログで、何度か織田信長の人間関係はじめ、明智光秀についても書いてきました。 ⇒ 本能寺攻め前の明智光秀もひいたおみくじとは?おみくじの色々、ひいた後はどうする? ⇒ 織田信長を裏切った家臣と裏切らなかった家臣の違いとは? しかし、明智光秀を主役として調べたことがありませんでしたから、今回は明智光秀についてまとめてみました。

人物 · 2019/12/19
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 NEWSの加藤シゲアキさんが、名探偵・金田一耕助となって、ふたたび登場しますね。 すごく観たいわけではないのですが、観ておかないとな~、と思っています。 その加藤シゲアキさんは、小説新潮で連載をスタートさせるそうです。 月刊誌での連載は初めての挑戦だそうですよ。 生方は、加藤シゲアキさんの『ピンクとグレー』を読んでいますし、映画も観ています。 構成が良くできているな、と感じたことを覚えています。 新作は、どんなものになるのでしょう?

人物 · 2019/12/10
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 Appleのティム・クックCEOが約3年ぶりに来日し、話題となっています。 ティム・クックCEOといえば、2014年に、ゲイであることをカミングアウトしたことでも知られています。 また、『フォーブス』誌の「世界で最もパワフルな人物」リストのなかに、2018年に24位に選ばれています。

人物 · 2019/11/20
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 織田信成さんが監督をしていた関西大学で、コーチをモラハラがあったと提訴しました。 織田信成さんによれば、無視された、陰口を言われた、高圧的な態度を取られた、などなど、監督としての仕事をすることができなくなったのだそうです。 世界を舞台に活躍していた方でも、精神的に追い込まれてしまうモラハラ。 織田信成さんは、なぜモラルハラスメントを受けてしまったのでしょうか。

さらに表示する