カテゴリ:star7



歴史 · 2020/07/10
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 徳川秀忠は、優秀だったのか、それとも無能だったのか? 最近の研究では、なかなかのやり手であったことがわかってきていますが、本当のところはどうだったのでしょう。 徳川秀忠について調べてみました。 ⇒ 徳川家康の性格・運気・運勢を占ってみると

歴史 · 2020/07/10
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 イザベラ・バードは、明治になったばかりの日本に来て、6月下旬から9月下旬まで、東北地方を旅したイギリス人女性です。 日光、大内宿、新潟、米沢、秋田、青森、函館など、険しい内陸ルートを選択したため、都市部と山村の隔たりを紀行文に記しています。 イザベラ・バードについて調べてみました。

歴史 · 2020/07/02
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 狩野永徳といえば、歴史の教科書でほんの少しかじった程度で、良く知りません。 有名な作品として、洛中洛外図がありますが、これも本物を見る機会に恵まれておりません。 狩野永徳について調べてみました。 本物を見る機会がありますように、と願いをこめて。

歴史 · 2020/07/01
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 井伊直政は有名なので名前は知っていしたがが、大河ドラマ『おんな城主直虎』で詳しく知った人物です。 「井伊の赤鬼」「井伊の赤備え」と、シンボルカラーが赤というのも記憶に残りやすいと思います。 井伊直政について調べてみました。 ⇒ 徳川家康の性格・運気・運勢を占ってみると

歴史 · 2020/06/30
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 昨日から歴史人物について調べています。 千姫といえば、徳川家と豊臣家をつなぐ人物ですが、最初の夫・豊臣秀頼、2番めの夫・本多忠刻ともに早逝してしまいます。 家庭運・夫運がさびしい女性だったのかもしれませんね。 千姫について調べてみました。 ⇒ 豊臣秀頼の性格・運気・運勢を占ってみると

人物 · 2020/06/28
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 今日は棋聖戦第2局がありますね。 渡辺明棋聖と藤井聡太七段は、どちらも七赤金星生まれなので、運気的には5分になりますので、最終的には経験の差によって決まるのではないでしょうか。 どちらかといえば、棋聖戦では渡辺明棋聖のほうが有利かもしれません。 では、王位戦ではどうでしょうか? 木村一基王位と藤井聡太七段のどちらの運気が強いか、調べてみました。 ⇒ 棋士76人を九星気学と宿曜占星術で見てみると?共通点は?

人物 · 2020/06/24
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 報道によると、安倍晋三首相の後継者とみられているのが岸田文雄議員のようです。 石破茂議員とは、正反対な印象を持ちますが、ふたりとも七赤金星生まれです。 それにしても、安倍晋三首相の回りには、七赤金星生まれが多いですね。 菅義偉官房長官、二階俊博議員、黒川弘務前検事長など。 探せばもっといるかもしれません。 安倍晋三首相が、七赤金星または六白金星生まれを好きな理由は、一白水星生まれの安倍晋三首相にエネルギーを与えてくれるからでしょう。 不適切な発言を繰り返す麻生太郎副総理は、六白金星生まれですし・・・。 ⇒ 石破茂議員の性格・運気・運勢を占ってみると

社長 · 2020/06/23
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 孫正義さんのソフトバンクグループが、巨額の営業赤字を補填するために、保有する株式を売却しています。 2020年5月には、アリババ株を利用した金融機関との先渡し売買契約で、約1兆2300億円を調達していますが、今度はアメリカのTモバイルUS株式のうち、3分の2に当たる1億9800万株余りを売却することになりました。 孫正義さんについては、すでに調べていますので、長期的にはそちらをご覧いただくとして、今回は短期的な運気を調べてみたいと思います。 ⇒ 日本を代表する起業家 孫正義さんを占ってみると ⇒ 孫正義さんとの相性は?WeWorkアダム・ニューマンの性格・運気・運勢を占ってみると

人物 · 2020/06/21
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 石破茂議員といえば、強面の国会議員というイメージがあります。 ところが、安倍晋三首相の次は石破茂議員という下馬評があがっているようです。 石破茂議員について調べてみました。

人物 · 2020/06/11
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 映画『ゴッドファーザー PART III』を久しぶりに観て、ヨハネ・パウロ1世の暗殺が描かれていたんだ、とやっと気づきました。 映画は、バチカン銀行を中心に、マフィアが暗躍するという内容でもあるのですが、本当にあったことも描かれていたんですね。 やっぱり、歴史を知ることは大切です(自分に対する戒めです)。 ⇒ 第266代ローマ教皇フランシスコの性格・運気・運勢を占ってみると

さらに表示する