カテゴリ:reifu



霊符 · 2020/03/16
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 サイト名称が「霊符ワークス」なので、霊符というキーワードで訪問される方も多く、新型コロナウイルスの感染拡大が本格化してから、増えてきたようです。 そこで、新型コロナウイルスを封じることができそうな霊符を探してみました。 お役にたてれば幸いです。

お知らせ · 2018/11/14
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 久しぶりに霊符のワークショップを開催する予定です。 毎年、節分か立春に開催している霊符ワークショップです。 旧暦ですが、新年の書き初めのようにお考えいただくとわかりやすいかもしれません。

霊符 · 2018/11/08
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 立冬の前日、久しぶりに自分のために般若心経を写経し、願をかけました。 般若心経は、「摩訶般若波羅蜜多心経」が正式な名称です。 日本では、密教の影響が強いこともあり、般若心経はメジャーなお経のひとつです。 いつも、ご依頼いただいた霊符を書く前に、精神統一と、霊符の効果がアップするようにとの願いを込めて写経しています。 写経のまえには、九字の法で結界をつくることは言うまでもありません。 このあたりの準備段階については、「霊符の書き方と心構え」に詳しいので、こちらをお読みくださいね。

霊符 · 2018/11/04
こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 今回は、お知らせです。 今月、結婚する親戚の子のために、縁起物のハマグリをつかって、鎮宅霊符入りのお守りをつくりました。 2つ作ったので、ひとつはご希望の方にお譲りしたいと思っています。

霊符 · 2018/09/10
霊符は古代からつづくものです。長い人類の歴史のなかで、原因不明の病気や事故・事件などが起こったときに、薬の代わりとして使われてきました。 そんな霊符の歴史を紹介し、霊符の書き方や利用の仕方を説明します。

毎月の運気 · 2018/08/24
一年には5回の節句があるのですが、ご覧のとおり、奇数の数字が並びます。 陰陽思想では奇数は陽の数として考えられていますが、奇数が月と日で重なると陽の気が強まるとされています。 そのなかでも9月9日は、最も大きい奇数が重なることから「重陽(ちょうよう)」の節句となりました。 節句とは、奇数が重なって陽の気が強すぎることから不吉であり、同時に邪気が強まるためにこれを祓う行事として行われていました。 のちに、陽の気が最大となる「重陽」の節句は、長寿を祝う節句へと転じています。 菊の花びらを酒に浮かべて飲むというのは、重陽の節句では定番となっていますが、菊に綿をおいて露を染ませて身体をぬぐうことで長寿を祈ることも行われています。

霊符 · 2017/09/06
三尸(さんし)とは、道教に由来するとされる、人間の体内にいると考えられていた虫のことです。 上尸・中尸・下尸の3種類がいて、人間が生まれたときから体内にいると考えられています。 三巳の虫は、人間が死ぬと自由に動き回れることから、人間の寿命を縮めるために、天帝に、宿主である人間の悪事を告げるのです。

霊符 · 2017/09/05
家は人生の中でもっとも長い時間を過ごす場所です。 そのため、住んでいる家が吉なのか今日なのかは気になるところ。 ここでは、古来から信じられてきた家に関する逸話を紹介します。

罪を軽くする霊符とは?冤罪それとも前世の因縁?
霊符 · 2017/09/02
今もなくならない冤罪事件。霊符をみていくと、司法にも影響を与えるような効果を望んだものがありました。

霊符 · 2017/09/02
霊符の実用的な利用法として、諸病を治すというものがありました。 ここでは、明治時代に出版された書物に紹介されている霊符を紹介します。

さらに表示する