· 

コインチェックNEM流出事件を社長の性格と運気で読むと

コインチェック 和田晃一良 マネックス

コインチェックNEM流出事件とは?

2018年1月26日、コインチェック株式会社から仮想通貨NEMが流出していたことが発覚。

 

日本円にして約580億円のNEMが盗まれていました。

 

この金額は、仮想通貨事件として過去最大といわれています。

 

取引所を運営していたコインチェック株式会社は、セキュリティ面での対策が乏しかったとして、金融庁から業務改善命令を受けました。

 

4月3日には、マネックスグループがコインチェックを買収すると発表し、コインチェックも出資を受け入れることになりました。

 

その額、36億円。

 

コインチェック経営陣の和田晃一良社長、大塚雄介取締役は、マネックスによる出資完了後に退任しますが、執行役員としてコインチェックに残るようです。 

 

姓名から読む和田晃一良さんの性格と運気

■和田晃一良(8・5・10・1・7)総格31

第一印象は頼りないのですが、実は行動で運勢を切り開いていくタイプです。

 

完璧主義でやや変人、ムダを嫌うところがありますが、意外にも相手に合わせて話ができる人でもあります。

 

ムダをカットする合理的な発想をもった、やり手社長という方のようです。

 

ただし、ポロリと漏らすようなところがある上に、この人の発言は、話半分に聞いておいたほうが良いでしょう。

 

また、躁鬱気質でもあるので、周囲からは「よくわからない人」と思われているかもしれません。

 

■和田晃一良さんの運気

 

和田晃一良さんは、大学在学中からビジネスをスタートさせています。

 

簡単にまとめると、次のような流れになります。

 

2012年8月に、レジュプレス株式会社を設立。

 

2016年12月、渋谷区恵比寿西に移転。

 

2017年3月に、レジュプレスからコインチェックに名称変更。

 

2017年7月、渋谷区渋谷に移転。

 

2018年1月、NEM流出事件発生。

 

2018年4月、マネックスがコインチェックを買収。

 

では、和田晃一良さんの運気を、2012年から見ていきましょう。

 

2012年:◎ 

2013年:△ 

2014年:× 

2015年:〇 

2016年:△ 

2017年:△ 

2018年:〇

 

2012年は、それまで積み重ねてきたものが実るとき、結果が出るときでした。

 

この年にコインチェックの前身となるレジュプラス株式会社を操業しています。

 

2014年は、お金が出ていくときであり、また争いごとも多いときでした。

 

しかし2015年になると、周囲からの評価がたかまり、注目を集めるようになります。

 

2016年は断捨離のとき、2017年はリセットのときでしたので、過去を清算し、次のステージへと進む準備をするタイミングです。

 

断捨離やリセットのときには、さまざまなことが起こります。

 

和田さんの運気で見ると、2017年がゼロからの再スタートになっていますから、NEM流出事件も起こるべくして起こり、マネックス買収によって、新たなポジション、新たな役割を得たことになります。

 

コインチェック 和田晃一良 マネックス

■社名変更と移転の悪影響

和田晃一良さんの名前と、会社名との相性を見ると、

 

レジュプラス株式会社:〇 生産性が高まりますが、なかなか儲けが出ません。

コインチェック株式会社:×× かなりの金銭トラブルが起こります。

 

という相性でした。

 

おまけに本社移転も、悪い方向へと進んでしまっています。

 

渋谷区恵比寿西:生産性が高まりますが、責任も重い場所

渋谷区渋谷:自己過信による失敗を招く場所

 

会社名と代表者との相性は、とても大事です。

 

和田さんの場合、渋谷区との相性はとても良いので、別の住所であれば、さらに発展した可能性があります。

 

社名や住所は、事前に相性がチェックできますから、開運につながるような名称、住所を選ぶべきです。

 

ビジネス運気をあげる鑑定

 

九星気学で読む和田晃一良さんの性格と運気

■和田晃一良(1990年11月1日生まれ)

和田晃一良さんは、

 

本命星:一白水星

月命星:九紫火星

傾斜宮:六白金星

※傾斜宮は本命星と月命星から割り出します。日盤とは異なります。

 

という星めぐりの人物です。 

 

以前、このブログでも紹介した座間9遺体事件の白井容疑者とまったく同じです。

 

⇒ 座間9遺体事件の白井隆浩容疑者の性格と運気を占ってみた

 

コインチェック 和田晃一良 マネックス
和田晃一良さんの九星盤

本命星の一白水星と月命星の九紫火星は、互いに尅す(負かす)関係です。

 

行動と気持ちが常に一致しないので、いつも悩んでいることが多い人です。

 

しかも、水と火は、それぞれが強いエネルギーをもっています。

 

水は、相手によって形を変える柔軟性がありますが、津波のようにすべてを流してしまいます。

 

火は、明るく周囲を照らしてくれますが、すべてを焼き尽くしてしまいます。

 

一白水星と九紫火星という強いエネルギーの星を持っているだけでなく、傾斜宮には六白金星という高貴な星まで持っています。

 

プライドが高い、上から目線になりやすいところがある人物のようです。

 

コインチェック 和田晃一良 マネックス

■和田晃一良さんの運気

2017年は一白水星中宮年でした。

 

花が開く年でしたが、有頂天にならずに地道に現状維持をすることで吉運を取り込むことができるという年運です。

 

いいかえれば、謙虚さを失うと凶運を呼び込むという、吉凶入り乱れた運気です。

 

NEM流出事件が発覚した2018年1月26日は、まだ一白水星中宮年でしたので、一瞬の隙から、坂道を転がり始めました。 

 

コインチェック 和田晃一良 マネックス
コインチェック流出発覚の日の九星盤

 

2月4日以降は九紫火星中宮年になりますので、行動を示す本命星から、心を示す月命星へと中宮が入れ替わったことになります。

 

コインチェック 和田晃一良 マネックス
マネックスがコインチェック買収を発表した日の九星盤

 

マネックスグループが、コインチェックを買収すると発表した日は、九紫火星中宮年、四緑木星中宮月、五黄土星中宮日でした。

 

一白水星は、年盤では西(実をつける)、月盤では南西(根をはる)、日盤では北(本厄)となっていることから、マネックスの買収発表に対して、4月3日、和田さんはかなり追い詰められ、悩みもピークに近いことがわかります。

 

しかし、共同記者会見を行った4月6日の九星盤では変化が見られます。

 

コインチェック 和田晃一良 マネックス
共同会見の日の九星盤

 

三碧中宮月に変わり、月盤では、一白水星は東(芽が出る)にでていますが、五黄土星の反対側にあるため暗剣殺です。

 

暗剣殺は、周囲から足を引っ張られる、周囲との関係で運気が下がるというものですから、マネックスグループの買収を受け入れたこと自体、和田さんにとっては不本意なことだったかもしれませんが、他に選択肢がなかったのではないでしょうか。

 

■もしかすると運気を下げた本社移転

九星気学では、吉方位に移転することで開運することが知られていますが、コインチェックの場合、引っ越しによって運気を下げた可能性が否定できません。

 

2,016年12月に、渋谷区恵比寿西に本社を移転していますが、2017年7月31日づけのプレスリリースで、渋谷区渋谷に移転したことを公表しています。

 

この移転は北西(亥)の方位に動いています。

 

年盤では、北西に二黒土星が位置しています。

 

一白水星は、二黒土星に尅され(負け)ますから、和田さんにとっては凶の方位です。

 

さらに月盤では、五黄土星の方位になり、五黄殺という自滅の方位です。

 

引っ越し報告の、少なくとも1カ月前には契約していると思われますので、そのタイミングの九星盤では四緑木星中宮月なのです。

 

つまり、契約のタイミングでは、五黄殺の方位に決めてしまったと考えられるのです。

 

コインチェック 和田晃一良 マネックス
本社を渋谷区渋谷に決めたと思われる月の九星盤

宿曜占星術で読む和田晃一良さんの性格と運気

■和田晃一良さん 胃宿(いしゅく)

4足とも羊宮に属す急速宿です。

 

体力に恵まれ、敏捷で猛々しい性格を備えています。

 

羊宮は辛抱強く、用心深いところがあります。

 

頭の回転が早く、周囲と気まずくなるようなことはうまく避けることができますが、疑い深く執念深いところもあります。

 

胃宿には、依頼心が薄く、他人の世話になるよりも、自分の力で切り開く独立志向が強いという特徴があります。

 

事実、和田晃一良さんは、起業することで自分の居場所をつくってきた人です。

 

人生の最初から過酷な試練に直面する人が多いのも、胃宿生れ。

 

政治家や実業家として注目を集める運勢ですが、波乱が多い人生を送ることになるでしょう。

 

マネックスグループの100%子会社となったあとも、執行役員として和田さんは残るようですが、数年で退社する可能性もあります。

 

■和田晃一良さんの運気

胃宿の和田晃一良さんの2018年の運気は「命」の年です。

 

「命」とは、本命宿と同じ星に戻ってきたということです。

 

この世に生を受けたということを振り返るとともに、自分の宿命(さだめ)をあらためて確認する年でもあります。

 

2018年は、和田晃一良さんにとって、将来を決定づけるような事柄が起きやすいのです。

 

マネックスグループの傘下に入ること、そこでの言動が、和田さんの将来に大きく影響することでしょう。

 

今年は波風が多く、不安定な状況が続きますが、何事にも慎重に取り組むことが大切になります。

 

www.reifuworks.com Blog Feed

「社員が支持するIT社長ランキング」上位の社長ってどんな人? (日, 22 7月 2018)
>> 続きを読む

新規上場を果たしたメルカリ役員の人間関係と運気とは? (土, 23 6月 2018)
>> 続きを読む

ZOZOTOWN 前澤友作氏と剛力彩芽さんを占ってみると (金, 11 5月 2018)
>> 続きを読む

コインチェックNEM流出事件を社長の性格と運気で読むと (日, 15 4月 2018)
>> 続きを読む


メールアドレスをご登録いただいた方に、密教宿曜占星術の27宿の解説と、歴史上の人物や著名人の本命宿がわかる無料レポート(PDFファイル)をプレゼントしています。


もっと読みたい方は 開運ブログへ 


友だち追加