· 

新型コロナウイルス:2020年5月から7月を占ってみると

新型コロナウイルス:2020年5月から7月を占ってみると

新型コロナウィルスの今後を占ってみました

こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。   

 

新型コロナウイルスについて、このブログで何度も取り上げています。

 

どの投稿もよく読まれているようなので、新型コロナウイルスの脅威が続く間は、占っていきたいと思います。

 

およそ毎月10日前後に更新していきますので、ぜひお読みになってください。

 

⇒ SARSと新型コロナウイルスを占ってみると

⇒ 中国発新型コロナウイルスで世界同時不況!?リーマンショックと比べてみると

⇒ 緊急事態宣言発令!安倍晋三首相の運勢・運気は?

⇒ 東京ロックダウン(封鎖)はあるのか?小池百合子都知事の運気・運勢を占ってみると

 

新型コロナウイルスはこれからどうなる?

■2020年5月 さらに悪化

新型コロナウイルス:2020年5月から7月を占ってみると

 

2020年5月の九星盤をみてみましょう。

 

年盤では、七赤金星が中宮にあります。

 

七赤金星には呼吸器疾患の象意があるため、七赤金星が中宮にある間は、新型コロナウイルスの影響があると読めます。

 

公的機関や大企業は六白金星になります。

 

六白金星は、東南にあって運気は旺盛なのですが、定位対冲なので、運命の歯車が大きく動くときです。

 

ここから読めるのは、これまでとはまったく違う次元に動いていくということでしょう。

 

従来のやり方では、対応できなくなってくるのかもしれません。

 

庶民や中小企業をあらわす二黒土星は南にあり前厄、そして歳破がついていますので、注目を集めますが、思い通りにならない、計画の頓挫といった破れに遭いやすいのです。

 

国難とも言われる中、官庁・大企業から庶民まで、行動変容を求められるのですが、なかでも庶民にとっては大きな災厄が襲うということになります。

 

一白水星生まれの安倍晋三首相は、変化変動の運気なので、最悪の場合、退陣ということになるかもしれません。

 

また、安倍晋三首相は、「声あって姿なし」の三碧木星の影響を受けるため、掛け声だけに終止して、実効性がない政策を出しがちです。

 

2020年5月の月盤をみると、五黄土星が中宮に戻り、定位です。

 

定位に戻ったときは、新しいステージに移行するときになりますが、人によっては体調の変化となってあらわれます。

 

年盤の七赤金星に五黄土星が回座していますから、新型コロナウイルスはさらに蔓延し、悪化していくと読めてしまいます。

 

月盤の七赤金星は年盤の九紫火星に回座していて、暗剣殺の影響を受けるので、他動的な原因、たとえば政策や医療崩壊などによって、悪化は進行していくでしょう。

 

七赤金星は経済も意味しているので、経済はさらに悪化。

 

官庁や大企業の六白金星は月破がついていますから、3月から4月に決めたことに実効性がなく、それを覆されるような事態に陥るのかもしれません。

 

一白水星の安倍晋三首相は、北にあって本厄なので、体調的に心配なときといえます。

 

■2020年6月 倒産件数が急増するかも

新型コロナウイルス:2020年5月から7月を占ってみると

 

2020年6月は四緑木星中宮です。

 

四緑木星には「調う(ととのう)」という意味がありますので、新型コロナウイルス対策が「調う(ととのう)」のが6月となるでしょう。

 

四緑木星は風なので、すみずみまで吹き渡り、入り込んでいくという性質を持っています。

 

経済面では、変動が多く、どちらかといえば下がり気味です。

 

同じように、新型コロナウイルスにも変化のときになりそうです。

 

官庁・大企業の六白金星は西にあり、収穫(結果)のときとなりますが、年盤の六白金星には「声あって姿なし」の三碧木星(月盤)が回座するので、スローガンを掲げて、さらに奮起するときとなります。

 

庶民や中小企業の二黒土星は、東に出て運気は上昇に転じます。

 

年盤の二黒土星に、月盤の八白土星が回座するので、庶民や中小企業にとって変化変動のときとなりますから、6月には救済策が実効性をもって打ち出されるのかもしれません。

 

しかし、八白土星には、停止、中止、閉店という象意があり、企業倒産件数が急増するのかも。

 

本格的な休業状態に陥る可能性もありそうです。

 

一白水星生まれの安倍晋三首相は、南西にあり、後厄です。

 

体調面ではさらに注意が必要なとき。

 

年盤の一白水星に月盤の七赤金星が回座しているので、喜びごとがある暗示があるのですが、七赤金星は新型コロナウイルスのことでもあるので、まさかの感染という事態に陥る可能性もあります。

 

■2020年7月 奮い立つ

新型コロナウイルス:2020年5月から7月を占ってみると

 

2020年7月は、三碧木星中宮です。

 

三碧木星は雷であり、奮い立つという意味があります。

 

自分で自分に喝をいれるときに声を出すようなイメージです。

 

しかし、易では「雷沢帰妹(らいたくきまい)」という卦になり、あまり良くありません。

 

この卦には、欲だけで動くと悲惨な結末に陥る、思い込みだけで進めると失敗するという示唆が含まれています。

 

新型コロナウィルスが、再発、再燃するかもしれません。

 

官庁・大企業の六白金星は北東にあり、変化変動、そして月破がついています。

 

またも、思い通りにならない、計画の頓挫・変更の暗示があり、他力本願になりそうな状態です。

 

庶民と中小企業の二黒土星は東南にあり、運気は旺盛になっていきますが、7月は「沢地萃(たくちすい)」の卦となります。

 

この卦には、集まるという意味があります。

 

予想外のトラブルへの備えとしてのソーシャルセキュリティが暗示されます。

 

「沢地萃(たくちすい)」には、商売繁盛、旅行が増えるといった示唆があるので、新型コロナウイルス対策が整い、安全対策ができた場所から、徐々に営業が再開されるということなのかも。

 

言い換えれば、6月までに、将来に向けて着実に対策してきた企業や人には福がある、ということではないでしょうか。

 

一白水星生まれの安倍晋三首相は、東に出て運気は上昇に転じます。

 

年盤の一白水星には、月盤の六白金星が回座するので、天の助け、または他国からの援助の暗示があります。

 

まとめ

新型コロナウイルスは、まだまだその勢いを増す可能性が高いようです。

 

この状況において、いち早く変化した人、態度を変えた企業、やり方を抜本的に見直した集団が、7月以降に良い結果を手にするようです。

 

今からすぐにも、新型コロナウイルスがある世界で生きることをイメージした生活、態度の変化について考えるべきではないでしょうか。

 

 

自分のことを知りたい!今の悩みやトラブルはどうなるのか?ということを知りたい方は、お問合せからご連絡ください。

お問合せ 

 

定額会員制なら、月々1,000円~。

気になることは即解決! 

定額会員制サービスへ

 

www.reifuworks.com Blog Feed

松山ケンイチさんの性格・運気・運勢とは? (金, 27 11月 2020)
>> 続きを読む

佐藤健さんの性格・運気・運勢とは? (Fri, 27 Nov 2020)
>> 続きを読む

北村匠海さんの性格・運気・運勢とは? (Fri, 27 Nov 2020)
>> 続きを読む

藤原竜也さんの性格・運気・運勢とは? (Thu, 26 Nov 2020)
>> 続きを読む

全日本選手権エントリー!羽生結弦選手の性格・運気・運勢は? (Thu, 26 Nov 2020)
>> 続きを読む

もっと読みたい方は 開運ブログへ