· 

福島県沖でM7.3の地震発生!を占ってみると

福島県沖でM7.3の地震発生!を占ってみると

福島県沖でM7.3の地震が発生しました

こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 

 

2021年2月13日23時8分頃、福島県・宮城県で震度6強の地震が発生しました。

 

少しずつ詳しい情報が入ってきていますが、10年前の東日本大震災の余震だそうです。 

 

東日本大震災以来、北から南に向かって、震源が移動しているようですね。

 

今回の地震は、平成28年(2016年)熊本地震に匹敵するものだそうです。

 

この日の九星盤をみてみましょう。

 

2021年2月13日を九星気学で占ってみると?

福島県沖でM7.3の地震発生!を占ってみると

 

まず、震源地である福島県沖は、東京からみて北東にあたります。

 

年盤では、六白金星中宮で、地震に関係の深い三碧木星は南西、七赤金星は北西、五黄土星は東南にあります。

 

北東は九紫火星が位置していますので、地震とは縁がなさそうな九星です。

 

月盤は五黄土星中宮です。

 

五黄土星には、地震や天変地異の象意がありますから、2月3日~3月4日は、全国的に地震が多い月と捉えることができます。

 

月盤では、三碧木星は東、七赤金星は西に位置しているので、地震があるとすれば、東京から見て東西の方位と読むことができます。

 

北東には八白土星が位置しています。

 

八白土星は高い山を表していますので、今回の地震が、山崩れのような被害が多いことを示唆しています。

 

日盤では、二黒土星中宮であり、三碧木星は北西、七赤金星は北、五黄土星が北東にあります。

 

日破は北西にあるので、通常は北西に地震がある可能性が高い、と読むのですが、今回は東日本大震災の余震ということもあり、北東の五黄土星(五黄殺で自滅)となったのかもしれません。

 

五黄土星には、ずばり地震の象意があるのですが、五黄殺には、持病の再発とか、古い争いごとが蒸し返されるという意味があるからです。

 

そう考えると、年盤の九紫火星は太陽であり、良くも悪くも陽が当たるときを表しており、五黄殺とは違う意味で、古い出来事や秘密などが明らかになるという象意があります。

 

また、2021年2月13日の北東方位の九星は、次のような重なりとなります。

 

定位-八白土星

年盤-九紫火星

月盤-八白土星

日盤-五黄土星

 

これをみると、八白土星の山に、どうしても目がいきます。

 

ここから山崩れ、さらには、今まで注目されていなかったような問題が表出する可能性が高い、と読み取れるのです。

 

今後あきらかになる被害状況が心配ですね。

 

地震の被害にあわれた皆さまには、心より応援しております。

 

 

自分のことを知りたい!今の悩みやトラブルはどうなるのか?ということを知りたい方は、お問合せからご連絡ください。

お問合せ 

 

定額会員制なら、月々1,000円~。

気になることは即解決! 

定額会員制サービスへ

 

www.reifuworks.com Blog Feed

宮城県沖でM7.2の地震発生!を占ってみると (土, 20 3月 2021)
>> 続きを読む

和歌山県北部で震度5弱の地震発生!を占ってみると (Mon, 15 Mar 2021)
>> 続きを読む

福島県沖でM7.3の地震発生!を占ってみると (Sun, 14 Feb 2021)
>> 続きを読む

ギリシャ・サモス島でM7.0の地震発生!を占ってみると (Sat, 31 Oct 2020)
>> 続きを読む

千葉県旭市で震度5弱の地震発生!を占ってみると (Thu, 25 Jun 2020)
>> 続きを読む

もっと読みたい方は 開運ブログへ