· 

大分・宮崎で震度5強の地震発生!を占ってみると

大分・宮崎で震度5強の地震発生!を占ってみると

日向灘で地震、大分県と宮崎県で震度5強

こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 

 

2022年1月22日午前1時8分ごろ、日向灘でマグニチュード6.6の地震が発生しました。 

 

震源の深さは45kmでした。

 

今回の震源地と、震度5強の被災地域は、東京からみて南西の方位となります。

 

このときの九星盤をみてみましょう。

 

2022年1月22を九星気学で占ってみると?

大分・宮崎で震度5強の地震発生!を占ってみると

 

この日の九星盤をみてみましょう。 

 

年盤では、南西には三碧木星が位置しており「震える(ふるえる)」、つまり地震をあらわしていて、さらに歳破がついています。 

 

月盤と日盤はどちらも三碧木星中宮ですから、地震が起きやすい2021年の年運に加え、地震が起きやすい月、地震が起きやすい日に、日向灘で地震が発生したことになります。

 

また、年盤の三碧木星には、月盤・日盤の九紫火星が位置していて、月盤では月破がついています。

 

九紫火星は、火の星として知られていますので、今回の地震が火山と関連している可能性があると考えられます。

 

また九紫火星には、「裂ける」「割る」という象意もあるので、地面や海底が大きく裂けたり割れたりしているのかもしれません。

 

大分・宮崎で震度5強の地震発生!を占ってみると

 

地震が発生した、2022年1月22日午前1時8分ごろの時破をみると、南南西(未)の方位についています。 

 

ここまで読んで気づいた方がいらっしゃると思うのですが、このときの破の方位は、すべて南西にあります。

 

歳破-南南西

月破-南南西

日破-南南東

時破-南南西

 

日破をのぞくと、すべての破が南南西に集中しているのです。

 

偶然とは思えないくらいの一致率ですね。

 

改めて書きますが、2022年1月は三碧木星中宮年なので、地震に要注意のときであり、とくに、年盤の歳破と月盤の月破が南南西で重なるため、東西の大凶方位のほか、南南西の方位で、地震や天災が起こりやすいといえます。

 

2022年1月は、旧暦になりますから、2022年2月3日までとなります。

 

まだ、しばらくは天災に注意したいときが続きます。

 

みなさま、ご注意ください。

 

【2022年1月】九星気学と宿曜から見る毎日の運気

 

 

自分のことを知りたい!今の悩みやトラブルはどうなるのか?ということを知りたい方は、お問合せからご連絡ください。

お問合せ

 

鑑定のご依頼をお待ちしております。

 

また、LINEのお友達に「霊符ワークス(https://lin.ee/jUg7TVJ)」を登録していただくと、大変お得になります。

 

定額会員制なら、月々1,000円~。

気になることは即解決! 

定額会員制サービスへ

 

www.reifuworks.com Blog Feed

茨城県城里町で震度5強の地震発生!を占ってみると (水, 09 11月 2022)
>> 続きを読む

安倍晋三元首相の死に思うこと:覇王が倒れるとき (Sun, 10 Jul 2022)
>> 続きを読む

石川県珠洲市で震度6弱の地震発生!を占ってみると (Mon, 20 Jun 2022)
>> 続きを読む

福島県沖で震度6強の地震発生!を占ってみると (Thu, 17 Mar 2022)
>> 続きを読む

パプアニューギニアでマナム火山噴火を占ってみると (Wed, 09 Mar 2022)
>> 続きを読む

もっと読みたい方は 開運ブログへ