· 

心の健康は身体の健康から

心の健康は身体の健康から

鑑定しているとわかること

こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。   

 

12月も半分を過ぎ、いよいよ年末ですね。

 

なんとなく気もそぞろな方もいらっしゃると思います。

 

2019年は開運ブログで、毎日、さまざまな人の運気・運勢を見てきましたが、運気・運勢の良くないときというものがあります。

 

芸能人の方などは、個人的なことはまったく知りませんから、体調面や精神面については、あくまでも九星盤に出ていることを書いています。

 

ですから、本当のところはわからないのですが、対面での鑑定などの場合には、細かいことを知ることができるので、九星盤にあらわれた運気・運勢を、直接確認できます。

 

多くの場合、九星盤に現れている運気・運勢の通りなのですが、なかには「あれ?」という方がいらっしゃいます。

 

これはどういうことなのでしょうか。

 

うつ病に温泉効果があるのはなぜ?

九星気学では、吉方位にある温泉、それも源泉かけ流しの温泉にいくことで、運気アップ、開運につなげようという考え方があります。

 

⇒ 九星気学で運気アップ!吉方位に旅行して運気をアップさせましょう

 

温泉施設では、必ず源泉温度、泉質、効能などについての記載が掲示されています。

 

そして、温泉の効果のなかに「うつ病」が含まれていることをご存知でしょうか?

 

生方も、吉方位の方徳を得るために、あちこちの温泉に旅行しています。

 

そして、何年も温泉に通ううちに、この「うつ病」に気づきました。

 

なぜ「うつ病」に、温泉の効果が見られるのか、はじめは本当に不思議でした。

 

ところが先日、NHKの健康番組を見ていて、やっと意味がわかりました。

 

「うつ病」になりやすい人のなかには、冷え性の人が含まれます。

 

冷え性は、手足の末端まで血液が循環しないのですが、冷え性になると、脳の血流量も減少することがわかってきたのです。

 

つまり、温泉で血流が改善し、冷え性も改善すれば、「うつ病」も改善するということなのです。

 

心の病と身体の病は連動している

温泉と「うつ病」の関係に見られるように、身体と心は連動していると言えそうなのです。

 

体調が悪いと、精神的に落ち込むことは知られています。

 

精神的な落ち込みを治そうとして、診察を受けて投薬治療を受けても、いっこうに精神状態が良くならないということがあります。

 

しかし、心の健康は、身体の健康によって作られていると考えれば、体の不調(不眠、運動不足など)を改善すれば、心も健康になると考えられるのです。

 

鑑定のご依頼を受けて、「こういう運気なので、こうしたほうが良いのではないですか」とお伝えすると、99%のご依頼者は「そうですね、やってみます」「そういう見方もあるんですね」という反応です。

 

ところが、精神的(肉体的)に弱っている方の場合は、こういう素直な反応ではないことがあるのです。

 

肉体的に弱っていることに気づかないことも

20代のある女性のご依頼者の話をしましょう。

 

その女性は、はじめは転職のご相談でお目にかかりました。

 

見た目は健康そうに見えますが、笑顔が固く、なにか屈折した面を持っているように感じました。

 

そして、鑑定の結果は、「今は転職のとき(運気)ではない」というものでした。

 

その女性は、生方の鑑定結果にあきらかに納得していません。

 

しょせん、占いはアドバイスにしかなりませんし、最終的に決断し、行動するのはご依頼者本人です。

 

しかし、その後、何度かメールのやり取りをしているうちに、その女性の生活面が見えてきました。

 

仕事は月曜から金曜まで、残業は1日平均1時間以内。

 

土日祝日はお休みです。

 

十分に休養が取れ、余裕をもって余暇を楽しむことができる、恵まれた環境です。

 

ところが、その女性は、20代とお若いからかもしれませんが、休日は遠出して土日のどちらも忙しく、おまけに平日の夜も友人と出かけることが多かったのです。

 

聞けば、友人と出先で話すことがストレス解消になっている、と言います。

 

たしかに、気のおけない友人に仕事の愚痴をこぼし、たまには気晴らしの外食や旅行も良いでしょう。

 

しかし、週末に身体を休める時間がほとんどないままに、月曜の朝は出勤していたのです。

 

週末は海に山にレジャーにでかけるか、または都会でショッピングと忙しく、土曜の朝には出発し、日曜の夜まで帰宅しません。

 

「転職を考える前に、身体のことを考えてください。このままでは、あなたは、今の環境のネガティブな面しか見ることができなくなりますよ」と伝えました。

 

生活面を知ることで、彼女にとってはストレス解消の外出が、彼女自身の精神を追い詰めている可能性がある、とわかりました。

 

さらに、その女性は低体温で冷え性であり、以前には「うつ病」の薬も飲んでいたというではないですか。

 

この女性の場合、職場のネガティブな面ばかり見てしまい、不満を抱えてしまうのは、生まれ持った性格ばかりではなく、身体が休まらない生活態度に根本的な原因があったわけです。

 

その後、平日の夜の外食は週に1回程度に減らし、週末の外出も余裕をもったスケジュールにするようにしてもらったところ、心に余裕ができたのでしょう、転職は保留になりました。

 

今も、恵まれた環境の職場で働いています。

 

身体の健康を取り戻しましょう

あなたは、身体の健康のために、どんなことをなさっているでしょうか?

 

まずは運動が大切です。

 

それはわかっているけど・・・、という人も多いハズ。

 

運動といっても、ジムに通って、ストイックに肉体改造する必要はありません。

 

身体が十分に温まり、手足の毛細血管にまで血が流れるような運動であれば、散歩でも良いのです。

 

生方は座りっぱなしのことが多いので、時間に余裕があって、徒歩で移動できるときは、できるだけ歩くようにしています。

 

目標は1日1万歩ですが、なかなか1万歩は歩けません。

 

しかし、急ぎ足で30分も歩くと、真冬でも足の先まで血がめぐるようになります。

 

また、現代人は男女問わず、冷え性の人が多いので、身体を温めることも大切です。

 

毎日、湯船に浸かって、身体を十分に温めることはもちろん、着るもので調整するなどして、とくに足が冷えないようにしましょう。

 

なかでも、寝るときに布団から足を出さないと寝られない人は、重症の冷え性だという自覚が必要です。

 

生方も、かつては重度の冷え性だったので、冬でも足を出して寝ていることがありました。

 

頭寒足熱というくらい、足は温めるべきであって、冷やさないと寝られないというのは、すっかり冷え切っているからこそ、なのです。

(↑これは、鍼灸師さんの受け売りです)

 

自分は暑がりだと思っている人のなかには、多くの冷え性患者がいますから、はじめに冷え性ではないか?と疑ってみることも必要ではないでしょうか。

 

そして、源泉かけ流しの良質な温泉に毎月1回、3年以上続けると、体温が上昇する効果があると言われています。

 

体温が低い人は、免疫力が弱いことがよく知られています。

 

そして、体温が1度上昇するだけで、免疫力が強まり、身体は健康になっていきます。

 

温泉も馬鹿にできないんです。

 

⇒ 九星気学は方位学 吉方位・凶方位が持つ象意とは?

 

極端な運動でなくとも、身体の健康のためにできることはたくさんあります。

 

日々の生活を見直して、2020年は、さらに健康な身体を手に入れてください。

 

そうすれば、ポジティブでありながら謙虚、そして健康な心をキープできると思います。

 

 

自分のことを知りたい!今の悩みやトラブルはどうなるのか?ということを知りたい方は、お問合せからご連絡ください。

お問合せ

 

定額会員制なら、月々1,000円~。

気になることは即解決! 

定額会員制サービスへ

 

www.reifuworks.com Blog Feed

五代友厚の性格・運気・運勢は? (木, 24 9月 2020)
>> 続きを読む

大河ドラマ主演64人を九星気学と宿曜占星術で見てみると?共通点は? (Wed, 23 Sep 2020)
>> 続きを読む

木村文乃さんの性格・運気・運勢は? (Tue, 22 Sep 2020)
>> 続きを読む

藤木孝さんの性格・運気・運勢は? (Mon, 21 Sep 2020)
>> 続きを読む

浜辺美波さんの性格・運気・運勢は? (Sun, 20 Sep 2020)
>> 続きを読む

もっと読みたい方は 開運ブログへ 

友だち追加