· 

幕末150周年記念映画「サムライせんせい」武市半平太の人間関係を占ってみると

幕末150周年記念映画「サムライせんせい」武市半平太の人間関係を占ってみると

武市半平太が主役の映画「サムライせんせい」

こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。

 

錦戸亮さんの武市半平太、神木隆之介さんの坂本龍馬で、数年前にドラマ化された「サムライせんせい」が映画となって帰ってきます。

 

映画「サムライせんせい」公式サイト

 

武市半平太という人物は、幕末のドラマや映画ではつねに脇役ですが、「サムライせんせい」では主役。

 

しかも、現代にタイムスリップするという設定です。

 

コミカルな内容だったと記憶していますが、映画では市原隼人さんが武市半平太を演じるようですから、武闘派の武市半平太が見られるのかもしれません。 

 

九星気学で見る武市半平太とは?

武市半平太は、文政12年9月27日(1829年10月24日)生まれ。

 

本命星:九紫火星

月命星:六白金星

傾斜宮:八白土星

 

運気は強い星回りです。

 

九紫火星は太陽や火ですから、相当にエネルギッシュで情熱家。

 

しかし、六白金星の月命星の影響で、ときどき自分の行動に疑問を持つことがあったようですね。

 

傾斜宮の八白土星は、高い山を意味し、積み上げるとか、二つのモノをひとつにするという星です。

 

八白土星は努力も意味していますが、高い山のようなプライドもお持ちなので、ついつい上から目線になりがちです。

 

なお、傾斜宮の八白土星には、次のような性格があるとされています。

  • 慎重で用心深いため、周囲に慣れないと実力を発揮できない。
  • 理屈っぽいところがあり、融通に欠けます
  • 性格はあたたかく、おだてに乗りやすく、人が良い。
  • 人生において大きな変化がある運気。40代以降に出やすいです。
  • ガンコで心配性。
  • 困難に遭遇しても、挫折せず努力します。

 

武市半平太という人物を直接は知りませんが、生方の勝手な妄想イメージには合ってるような気がします。

 

坂本龍馬との関係は?

武市半平太は、坂本龍馬との関係が深かったようですね。

 

ドラマや映画では、必ず登場してきます。

 

その坂本龍馬は、天保6年11月15日(1836年1月3日)生まれ。

 

本命星:三碧木星

月命星:四緑木星

傾斜宮:四緑木星

 

で、3つの星が木の性に集まっている人物です。

 

三碧木星は、会話力やニュース性を表していて、四緑木星は風や遠方を表します。

 

また四緑木星は信用も意味しているので、日本中を飛び回り、幕末のコーディネーターとして活躍した坂本龍馬らしい星巡りと言えます。

 

なお、傾斜宮の四緑木星には、次のような性格があるとされています。

  • 人当たりのよい柔和で優しい性格。
  • 目上からの引き立てを受けて、社会的な信用を得ます。
  • きめ細かい計画を立てるタイプで、何事もひととおりこなせる器用さがあります。
  • 人の心を読むのが早く、話術が巧みです。

 

九紫火星の武市半平太は火の性ですから、木の性の坂本龍馬からエネルギーをもらっています。

 

それも、相当なエネルギーです。

 

坂本龍馬が、武市半平太にとって友人なのかライバルなのか、わかりませんが、武市半平太にとって坂本龍馬は必要な存在であったということでしょう。 

 

武市半平太と土佐勤王党

幕末150周年記念映画「サムライせんせい」武市半平太の人間関係を占ってみると
土佐勤王党の人間関係

 

武市半平太と土佐勤王党の主要メンバーを、五行においてみました。

 

5人のうち、武市半平太、中岡慎太郎、岡田以蔵、平井収二郎の4人が九紫火星を持っています。

 

この人達が集まると、かなり過激なプランが浮上してもおかしくないですね。

 

また、やるなら徹底的に!というのも九紫火星の特徴です。

 

では、吉村虎太郎は九紫火星ではないから穏健派かというと、そうではありません。

 

こちらは一白水星なので、九紫火星同様に激しく、徹底抗戦を言い出しても不思議ではありません。

 

つまり、土佐勤王党は、過激な言動の集団だった可能性が高いということがわかります。

 

宿曜占星術でみる武市半平太とは?

宿曜占星術では、武市半平太は亢宿さんです。

 

亢宿さんは、歴代総理大臣で、奎宿とともに最も多い本命宿です。

 

⇒ 九星気学と宿曜で見る歴代総理大臣とは?小泉進次郎さんはどうなる?

 

亢宿さんは、仲間をよく説得し、統括する棟梁の宿です。

 

そのため、世渡り上手で適当に見える人が、あまり好きではありません。

 

とすると、坂本龍馬のことは好きじゃかなかったのかしら?

 

また、正しいこと、正しくないこと、善悪、美醜を一瞬のうちに判断するのも亢宿さんです。

 

しかし、強情さでは二十七宿のなかでも屈指と言えるほどで、世間や周囲がなんと言おうと、自分の信条をかたくなに貫こうとします。

 

宿曜占星術でみる坂本龍馬とは?

宿曜占星術では、坂本龍馬は鬼宿さんです。

 

鬼宿さんには、

  • 働き者で努力家。
  • 社交性があり、人情も厚く、目上の人からも愛されます。
  • 空想力が豊かで好奇心が旺盛で、何事にもおいても人より先んじることを好みます。
  • 異能と呼べるような資質を備えた人が多く、後世に偉業を残します。

といった、良い資質があります。

 

坂本龍馬がもっと長生きしていれば、今の日本とは違っていたのかもしれませんね。

 

坂本龍馬から武市半平太は「友」、武市半平太から坂本龍馬をみると「衰」、【友・衰】の関係です。

 

坂本龍馬は、武市半平太を大切な友として見ていましたが、武市半平太は、坂本龍馬と一緒にいるとなんとなく損しているような気分になるという関係です。

 

武市半平太と土佐勤王党の人間関係は?

  武市半平太 中岡慎太郎 岡田以蔵 平井収二郎 吉村虎太郎
武市半平太
中岡慎太郎
岡田以蔵
平井収二郎
吉村虎太郎

※横に見ていきます。

 

宿曜占星術では、自分の本命宿の両隣が、最も近い「栄」と「親」になります。

 

つまり、自分にとって最高に良い相性の人間は、本命宿の両隣なのです。

 

武市半平太の場合、自分の隣の「栄」に中岡慎太郎がいます。

 

最高の相性です。

 

しかし、すぐ隣の「親」となる人物はいません。

 

ところが、中岡慎太郎から見ると、武市半平太がすぐ隣の「親」、そして岡田以蔵がすぐ隣の「栄」なのです。

 

中岡慎太郎が、土佐勤王党の真のリーダーだったのではないかと考えさせられる結果です。

 

武市半平太からみて、中岡慎太郎以外は、むしろ良くない相性なのです。

 

組織が長命か短命かは、リーダーの運気と、その組織を構成する人たちとの関係が影響しています。

 

⇒ 歴代1位の長期政権?安倍内閣の人間関係を宿曜占星術と九星気学で見てみると?

⇒ 短命内閣の人間関係を宿曜占星術と九星気学で見てみると?

 

長州の尊王攘夷派と武市半平太

幕末150周年記念映画「サムライせんせい」武市半平太の人間関係を占ってみると

武市半平太は、長州の桂小五郎、高杉晋作、久坂玄瑞たちに接近しますが、この関係は、武市半平太にエネルギーを与え、そして与えられる関係だったようです。

 

桂小五郎は、本命星:五黄土星、月命星:五黄土星という、ある意味、強運の持ち主ですが、その桂小五郎に対して、武市半平太はエネルギーを与える関係にあります。

 

しかも、宿曜占星術では、桂小五郎も高杉晋作も参宿さんです。

 

参宿は、武市半平太の亢宿からみると「胎」。

 

これは、前世の因縁がある関係です。

 

武市半平太の人間関係を見ているだけでも、歴史というのは、人間の相性によって引き合ったり、反発したりするのだな、と改めて感じます。

 

土佐藩内の人間関係は?

最後に、武市半平太と山内容堂と吉田東洋との関係を見てみましょう。

 

山内容堂は張宿さん、吉田東洋は胃宿さんで、武市半平太からみて、どちらも「成」です。

 

吉田東洋の暗殺を決めた武市半平太ですが、山内容堂からは、意見を拒否されたものの罰は免れます。

 

なぜ、同じ「成」なのに、このような事態となるのでしょうか。

 

宿曜占星術では、自分の本命性からの距離が、人間関係には影響すると考えられています。

 

武市半平太の場合、山内容堂は最も近い「成」であり、吉田東洋は最も遠い「成」なのです。

 

近いほうが、互いに影響力があることは言うまでもありません。

 

そんな人間関係が、かたや暗殺、こなた罪に問わず、という結果となったように思います。

 

人間関係は難しいですね。

 

www.reifuworks.com Blog Feed

ノーベル賞受賞者はどんな人? (日, 14 10月 2018)
>> 続きを読む

NHK朝ドラ「まんぷく」のモデル 日清食品創業者・安藤百福とは? (Mon, 01 Oct 2018)
>> 続きを読む

一粒万倍日?大黒天の日?どんな意味があるの? (Wed, 22 Aug 2018)
>> 続きを読む

江戸幕府公認の三嶋暦とは?旧暦の成立ちと読み方とは? (Sun, 12 Aug 2018)
>> 続きを読む

大河ドラマ「西郷どん」の人間関係を九星気学と宿曜占星術でみてみると (Sun, 05 Aug 2018)
>> 続きを読む

戦国オールスター参戦!姉川の戦いを九星気学で見ると (Sat, 30 Jun 2018)
>> 続きを読む

九星気学と宿曜で見る歴代総理大臣とは?小泉進次郎さんはどうなる? (Tue, 05 Jun 2018)
>> 続きを読む

九星気学と宿曜で見る、歴代天皇の性質や特性は? (Thu, 24 May 2018)
>> 続きを読む

新選組の人間関係を九星気学と宿曜占星術で見てみると (Tue, 24 Apr 2018)
>> 続きを読む

西郷隆盛の人間関係を九星気学と宿曜占星術で見てみると (Sun, 22 Apr 2018)
>> 続きを読む

九星気学でみる関ヶ原の戦い 敗者の運気はなぜ下がるのか? (Fri, 13 Apr 2018)
>> 続きを読む

九星気学でみる長篠の戦い 大凶方位に移動して自滅した武田勝頼 (Fri, 06 Apr 2018)
>> 続きを読む

九星気学でみる織田信長の人間関係 (Thu, 05 Apr 2018)
>> 続きを読む

秀吉と家康の運命を変え、歴史を変えた!天正地震を九星気学で見てみると (Wed, 04 Apr 2018)
>> 続きを読む

九星気学でみる小牧・長久手の戦い (Tue, 03 Apr 2018)
>> 続きを読む

豊臣政権をつくった清須会議の真の勝者は誰か? (Tue, 03 Apr 2018)
>> 続きを読む

本能寺の変 大凶方位へ何度も移動した織田信長 (Sun, 01 Apr 2018)
>> 続きを読む

織田信長と今川義元 九星気学でみる桶狭間の戦い (Sat, 31 Mar 2018)
>> 続きを読む



もっと読みたい方は 開運ブログへ 


友だち追加