· 

2021年の節分は124年ぶりに2月2日になります

2021年の節分は124年ぶりに2月2日になります

2021年の節分は124年ぶりに2月2日になります

こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 

 

2021年の節分が、124年ぶりに2月2日になる!

 

というわけで、『九星気学 本命星・月命星・傾斜宮でみる運勢 歴史上の人物と著名人2021』のなかで、間違えて2月3日としていた箇所を、さっそく修正いたしました。

 

思い込みは、本当に厄介です。

 

ブログでも2月3日としていた箇所があったので、こちらもできるかぎり修正しました。

 

ところが、間違っていない箇所もあったりして、あれれ?ということも。

 

カレンダーを確認して書いていたブログでは、ほとんど間違っていないのですが、ついつい習慣で「節分は2月3日」と思い込んで書いていた記事に修正箇所が多くありました。

 

間違った情報を掲載してしまいましたこと、大変申し訳ございません。

 

宿曜占星術シリーズのほうは、時間のあるときに修正いたしますので、あらかじめご了承くださいませ。

 

節分とは?

節分は、そもそも季節を分ける、という意味であり、立春・立夏・立秋・立冬の前日のことを指しています。

 

2月の節分が広く知られ、節分といえば2月3日、と思われるようになったのは江戸時代以降のことになります。

 

太陰暦では、立春=新年となるため、その前日は大晦日と考えられていたからでしょう。

 

立春=新年という考え方は、中国をはじめとするアジアでは珍しくないことなので、むしろ現代日本のほうが異例といえます。

 

節分に豆まきをするのは、平安時代からつづく「追儺(ついな)」の伝統を継承しているからです。

 

「追儺(ついな)」とは、大晦日(旧暦12月30日)に宮中でおこなわれる行事であり、鬼や疫神、つまり邪気を払う儀式のことです。

 

これが民間で、「鬼は外、福は内」と声をだして豆をまくこととして定着していきました。

 

なぜ2月2日が節分になるのか?

2021年の節分が2月2日になるのは、太陽の動きが原因です。

 

1年=365日ではないことは、4年に一度、うるう年があることで理解されている方も多いと思います。

 

正しくは、1年=1太陽年≈365.2422日となり、約6時間の端数が出ます。

 

4年に一度のうるう年で1日修正することで、太陽の運行と二十四節気はほぼ一致するわけですが、うるう年で1日増やすと、今度は約45分ずつ早くなります。

 

カレンダーの日付と、本当の太陽の運行(春分点や秋分点などを通過する時間)がずれていくために、何年かに一度、修正が行われることになります。

 

2月3日が節分でないのは、昭和59年(1984年)の2月4日以来、37年ぶりとなります。

 

また、2月2日が節分となるのは、明治30年(1897年)2月2日以来、124年ぶりのことだそうです。

 

詳しくは、国立天文台の以下の記事をご覧になってください。

 

⇒ 節分の日が動き出す

⇒ 秋分の日が動き出す

 

まとめ

2月2日が節分となる理由は、書いたとおりです。

 

このことが教えてくれることは、固定概念をもってコトに当たると失敗する、ということではないでしょうか。

 

毎月、カレンダーを睨んでいるにもかかわらず、思い込みで間違えてしまったのも固定概念が原因です。

 

2020年のカレンダーでも、いつもと違うことが起こっていたわけですから、2021年もなにかある、と疑ってかかるべきでした。

 

読者のみなさま、書籍類をご購入されたみなさまに、あらためて陳謝申し上げます。

 

 

自分のことを知りたい!今の悩みやトラブルはどうなるのか?ということを知りたい方は、お問合せからご連絡ください。

お問合せ

 

定額会員制なら、月々1,000円~。

気になることは即解決! 

定額会員制サービスへ

 

www.reifuworks.com Blog Feed

【2021年5月】九星気学と宿曜から見る毎日の運気 (日, 25 4月 2021)
>> 続きを読む

【2021年4月】九星気学と宿曜から見る毎日の運気 (Thu, 25 Mar 2021)
>> 続きを読む

【2021年3月】九星気学と宿曜から見る毎日の運気 (Wed, 24 Feb 2021)
>> 続きを読む

【2021年2月】九星気学と宿曜から見る毎日の運気 (Sun, 24 Jan 2021)
>> 続きを読む

2021年の節分は124年ぶりに2月2日になります (Wed, 06 Jan 2021)
>> 続きを読む

もっと読みたい方は 開運ブログへ