· 

秀吉と家康の運命を変え、歴史を変えた!天正地震を九星気学で見てみると

天正地震 豊臣秀吉 徳川家康
地震で崩落した山の斜面

天正地震とは?

天正地震(てんしょうじしん)は、天正13年11月29日(1586年1月18日)に発生した巨大地震です。

 

小牧・長久手の戦いから2年後に起こった、災害の歴史のなかでも大規模な被害が記録された地震です。

 

その被害は、日本海の若狭湾から太平洋の三河湾におよびます。

 

マグニチュード8前後と推定されていますが、震源地もはっきりとは特定されていません。

 

この天正地震が日本の歴史を変えた!とするのが、歴史学者の磯田道史先生の「天災から日本史を読みなおす - 先人に学ぶ防災」です。

 

この地震がなければ、家康は秀吉の大軍に攻められるところだったのです。

 

この天正地震の被害は甚大で、多くの城が壊滅しています。

 

 飛騨国の帰雲城(かえりくもじょう)は、帰雲山の山崩れによって城はもちろん、城下町も埋没してしまいました。

 

美濃国大垣城は全壊焼失し、秀吉軍が徳川討伐のために備蓄した兵糧がすべて燃えてしまいました。

 

秀吉の築いた近江長浜城は、このころ山内一豊が居城としていましたが、長浜城も全壊し、徳川との闘いの準備が無になりました。

 

京都では、東寺の講堂、灌頂院が破損し、三十三間堂では仏像600体が倒れたと記録されています。

 

天正地震がなければ、徳川は滅亡し、豊臣政権が継続していた可能性が高く、日本のその後のあり方までもが、この地震によって変わってしまったという認識が広まっているのです。

 

天正地震 豊臣秀吉 徳川家康
天正地震は1586年1月18日に発生、一白水星中宮年でした

秀吉配下の大垣城・長浜城は大凶方位にあった!

天正地震は、天正13年11月29日(1586年1月18日)に発生しました。

 

この日の年盤は一白水星中宮年、月盤は六白金星中宮年、日盤は二黒土星中宮日でした。

 

自然災害についてみるので、とくに日盤と月盤が重要だと考えます。

 

天正地震 豊臣秀吉 徳川家康
天正地震発生日(1586年1月18日)の九星盤

天正地震が発生した日の日盤をみると、北東に五黄土星(五黄殺)、南西の八白土星が暗剣殺で日破がついていました。

 

これを方位でみたところ、大阪城にいる秀吉から見て、徳川討伐のための準備をしていた大垣城や長浜城は北東の方位にあり、五黄殺という大凶の方位でした。

 

このころ徳川家康は、築城したばかりの駿府城を居城としていたようですので、駿府城から大垣城をみました。

 

すると、大垣城は北西(戌)の方位です。

 

この日の北西には三碧木星が位置しています。

 

三碧木星の象意は雷で、声はすれども姿は見えない、という暗示です。

 

家康は、天正地震による被害はほとんどなかったようですから、まさしく声はすれども姿は見えない状況だったと推測できます。

 

天正地震 豊臣秀吉 徳川家康
天正地震で全壊焼失した大垣城

家族を失った山内一豊、城が全壊焼失した一柳直末

天正地震の2カ月後には、秀吉は家康を滅ぼそうと準備していました。

 

その拠点となったのが長浜城であり、大垣城でした。

 

地震当時の長浜城の主は山内一豊、大垣城は秀吉からの信頼が厚かった一柳直末(ひとつやなぎなおすえ)です。

 

山内一豊は天正14年(1545年)生まれの五黄土星と考えられます。

 

天正地震が発生した日、五黄土星は北東の変化変動(鬼門)にあり、南西(裏鬼門)の八白土星へとエネルギーが流れていました。

 

八白土星の方位は、五黄に暗剣され、日破までつくという最悪の方位です。

 

そして八白土星は、積み重なっていく土を意味し、後継者や家族の象意があります。

 

この天正地震で長浜城が倒壊したことにより、五黄土星の山内一豊は、一人娘与祢(よね)姫と乳母が圧死、家老の乾和信(いぬい かずのぶ)夫妻も死亡したと伝わります。

 

いっぽう、大垣城の主であった一柳直末は、天文15年(1546年)生まれの四緑木星です。

 

大垣城は焼失してしまったにもかかわらず、一柳直末は一命をとりとめています。

 

この日の四緑木星は西(収穫する)にありました。

 

一柳直末の四緑木星は、年盤では変化変動(北東、鬼門)、月盤では東にあり、全体的に運気は上昇傾向にあります。

 

そのためでしょうか、一柳直末はその後、3万石から6万石に加増されています。 

 

天正地震で方針転換を余儀なくされた秀吉

小牧・長久手の戦いで、家康との対立を深めた秀吉は、家康討伐のために着々と準備を進めていました。

 

秀吉は、家康の重臣だった石川数正(いしかわ かずまさ)を調略し、自らの家臣としたのが天正13年11月13日(1586年1月2日)のこと。

 

石川数正は、家康の懐刀といわれているほどの人物で、徳川陣営の軍制を知り尽くしていたと言われています。

 

この石川数正が、なぜ秀吉陣営に寝返ったのかは謎ですが、その後、家康は徳川の軍制を三河流から武田流に変更しています。

 

そして6日後の11月19日(1586年1月8日)には、秀吉は、翌年の正月15日(1586年3月4日)には家康を征伐すると公言しました。

 

秀吉有利の状況のなか、秀吉は長浜城や大垣城に兵糧米などを集め、準備を行っていましたが、そこに天正地震が襲いかかったのでした。

 

天災から日本史を読みなおす - 先人に学ぶ防災 (中公新書)

磯田 道史 中央公論新社 2014-11-21
売り上げランキング : 5344
by ヨメレバ

秀吉の気持ちに大きな変化を与えた天正地震

豊臣秀吉は、 

 

本命星:四緑木星

月命星:七赤金星

傾斜宮:二黒土星

※傾斜宮は本命星と月命星から割り出します。日盤とは異なります。

 

という星の持ち主です。

 

天正地震の日の日盤では、四緑木星は西、七赤金星は北(本厄)、二黒土星は中宮にありました。

 

月命星が本厄の北にありますので、苦しくてもじっと耐えるときです。

 

地震で家康討伐ができなくなっても、焦らずに時を待つという日でした。

 

月盤では、四緑木星は東、七赤金星は西北で暗剣され、二黒土星(本厄)は北にあります。

 

年盤では、四緑木星は北東(変化変動、鬼門)にあり、七赤金星は南西(裏鬼門)にあり、本命星と月命星が向かい合わせの状態です。二黒土星は北西にありました。

 

天正地震のころ、秀吉は身体は元気なようですが、精神面では悩みが多いときだったことがわかります。

 

天正地震は、秀吉本人の命や地位などには影響を与えなかったものの、精神面では大きく影響し、徳川家康に対する圧力も、戦から外交へと変化していきます。

 

天正地震 豊臣秀吉 徳川家康
豊臣秀吉の九星盤

天正地震のころの徳川家康の運気

徳川家康は、

 

本命星:七赤金星

月命星:八白土星

傾斜宮:四緑木星

※傾斜宮は本命星と月命星から割り出します。日盤とは異なります。

 

という星になります。

 

天正地震の日の日盤では、七赤金星は北(本厄)、八白土星は南西、四緑木星は西にありました。

 

体調はあまり良くなかったようです。

 

月盤では、七赤金星は北西で暗剣され、八白土星は西、四緑木星は東にあり、やはり体調が良くないことが暗示されます。

 

年盤では、七赤金星は南西、八白土星は東にありますが歳破がつき、四緑木星は北東にありました。

 

精神的にも肉体的にも、芳しくない状況だったといえます。

 

小牧・長久手の戦い 豊臣秀吉 徳川家康
徳川家康

歴史に「もしも」はないけれど・・・

天正地震がおこらず、秀吉の予定通りに家康の征伐が行われていたとしたら、どうなっていたでしょうか。

 

秀吉が家康攻めの日と予定していたのが、天正14年の正月15日(1586年3月4日)です。

 

幻となった秀吉による家康攻めの日は、年盤は九紫火星中宮年、月盤は五黄土星中宮月、日盤は二黒土星中宮日です。

 

日盤でみると、秀吉の本命星である四緑木星は西、家康の本命星である七赤金星は北にありますから、この日に戦っていたら秀吉は勝利したはずです。

 

しかし、大軍同士の戦いですから、1日で雌雄を決するとは思えません。

 

そこで月盤でみてみると、秀吉(四緑木星)は東南、家康(七赤金星)は西となり、しばらくの間は秀吉が優勢と判断できます。

 

年盤では、秀吉(四緑木星)は南、家康(七赤金星)は東となっています。

 

南は離合集散や争いごとが多いものの、陽の当たるときで光り輝きます。

 

東はやる気が起こるときで、芽吹きのとき。

 

両者の戦争が長期化したら、やはり秀吉に分があったようです。

 

というのも、家康の月命星である八白土星には歳破がついており、この年の家康は、精神的な揺れ、波が大きかったはずだからです。

 

天正地震 豊臣秀吉 徳川家康
幻の家康攻めの日の九星盤

方位でみると秀吉が初戦で黒星の可能性が大

しかし、幻となった秀吉の家康征伐を方位でみると、違った結果もありえるのです。

 

秀吉が、長浜城や大垣城に兵糧や武器を集めていたことを考えると、家康との戦いは、現在の愛知県北部から岐阜県と想定できます。

 

この地方は、大阪城にいる秀吉からみて北東にあたり、天正14年の正月15日(1586年3月4日)の日盤では五黄殺の方位になります。

 

これは、天正地震の日と同じ日盤です。

 

五黄殺は大凶の方位で、自滅や内部崩壊を暗示していますから、石川数正が秀吉陣営に寝返ったことが家康のスパイとしてだったのかも、と疑いたくなりますね。

 

家康の駿府城からみると、戦場となったと考えられるエリアは北西にあたり、日盤では三碧木星、月盤では六白金星、年盤では一白水星の方位となっています。

 

家康にとってはどれも悪くない方位ですから、長期化したら家康が勝利していたかもしれません。

 

豊臣政権を揺るがせた大地震が次々発生!

天正地震のあとも、大きな地震が次々と起こります。

 

とくに文禄5年7月は立て続けに3つの地震が発生します。

  • 1596年9月1日(文禄5年閏7月9日) 慶長伊予地震
  • 1596年9月4日(文禄5年閏7月12日) 慶長豊後地震
  • 1596年9月5日(文禄5年閏7月13日) 慶長伏見地震

 

1596年9月5日(文禄5年閏7月13日) の慶長伏見地震では、京都の東寺・天龍寺・二尊院・大覚寺等が倒壊、大坂・堺・兵庫(現在の神戸)では家々が倒壊し、その被害は京阪神・淡路島の広い地域におよびました。

 

このとき伏見城(指月城)が倒壊し、5000人が死亡していますが、秀吉は無事でした。

 

しかし、天正地震の犠牲者を弔うために方広寺に建立した大仏は、開眼法要をしようとした矢先に慶長伏見大地震によって倒壊してしまったのです。

 

大仏の高さは座った姿で19m、大仏殿は高さ49m、横幅88m、奥行き54mもあり、10年の歳月をかけて方向寺に建立されました。 

 

方広寺の大仏と大仏殿は、日本の木造建築史上では最大の建物でした。

 

天正地震 豊臣秀吉 徳川家康
1596年9月5日(文禄5年閏7月13日) 慶長伏見地震の日の九星盤

文禄・慶長の役とも重なる地震災害

1596年9月(文禄5年閏7月)は、八白土星中宮年、五黄土星中宮月でした。

 

文禄の役が休戦状態に入って3年目のことです。

 

年盤でみると、秀吉の本命星(四緑木星)は北(本厄)にあり、月命星(七赤金星)は東南にありました。

 

月盤では、秀吉の本命星(四緑木星)は東南にあり、月命星(七赤金星)は西に位置しています。

 

ひとことで言えば、秀吉の体調はあまり良くない状態です。

 

これから2年後の、慶長3年8月18日(1598年9月18日)に秀吉は亡くなります。

 

ちなみに、秀吉が朝鮮出兵を口にしはじめたのは、1585年ごろからとされています。

 

天正地震の発生と同じころから朝鮮出兵への道筋が開かれていき、文禄・慶長の役と同じ時期に3度も地震に見舞われたことは、おそろしい偶然です。

 

秀吉が生まれた年は四緑木星中宮年ですから、北西に五黄土星が位置しており、北西は五黄殺の方位になります。

 

そして、韓国(ソウル市)はまさしく北西の方位になります。

 

文禄の役は、文禄元年(天正20年)4月12日(1592年5月22日)に、小西行長等が700艘におよぶ大小の軍船で対馬・大浦を出発し、午後2時過ぎに釜山に上陸したことからはじまります。

 

大阪城から釜山は西の方位にあり、1592年の年盤では五黄土星が位置する五黄殺の大凶方位です。

 

天正地震 豊臣秀吉 徳川家康
文禄の役がはじまった1592年の年盤

秀吉の晩年は、それまでの強運に加え、凶運も加わり、一方では良くても、もう一方では問題が起こるという運気だったようです。

 

⇒ 二十七宿別 性格と2018年後半の運気(密教宿曜占星術)

 

www.reifuworks.com Blog Feed

江戸幕府公認の三嶋暦とは?旧暦の成立ちと読み方とは? (日, 12 8月 2018)
>> 続きを読む

大河ドラマ「西郷どん」の人間関係を九星気学と宿曜占星術でみてみると (日, 05 8月 2018)
>> 続きを読む

戦国オールスター参戦!姉川の戦いを九星気学で見ると (土, 30 6月 2018)
>> 続きを読む

九星気学と宿曜で見る歴代総理大臣とは?小泉進次郎さんはどうなる? (火, 05 6月 2018)
>> 続きを読む

九星気学と宿曜で見る、歴代天皇の性質や特性は? (木, 24 5月 2018)
>> 続きを読む

新選組の人間関係を九星気学と宿曜占星術で見てみると (火, 24 4月 2018)
>> 続きを読む

西郷隆盛の人間関係を九星気学と宿曜占星術で見てみると (日, 22 4月 2018)
>> 続きを読む

九星気学でみる関ヶ原の戦い 敗者の運気はなぜ下がるのか? (金, 13 4月 2018)
>> 続きを読む

九星気学でみる長篠の戦い 大凶方位に移動して自滅した武田勝頼 (金, 06 4月 2018)
>> 続きを読む

九星気学でみる織田信長の人間関係 (木, 05 4月 2018)
>> 続きを読む

秀吉と家康の運命を変え、歴史を変えた!天正地震を九星気学で見てみると (水, 04 4月 2018)
>> 続きを読む

九星気学でみる小牧・長久手の戦い (火, 03 4月 2018)
>> 続きを読む

豊臣政権をつくった清須会議の真の勝者は誰か? (火, 03 4月 2018)
>> 続きを読む

本能寺の変 大凶方位へ何度も移動した織田信長 (日, 01 4月 2018)
>> 続きを読む

織田信長と今川義元 九星気学でみる桶狭間の戦い (土, 31 3月 2018)
>> 続きを読む

本能寺攻め前の明智光秀もひいたおみくじとは?おみくじの色々、ひいた後はどうする? (水, 11 10月 2017)
>> 続きを読む


仕事(就職・転職・起業含む)のやり方についてのアンケート調査」実施中!

ご協力者全員に占い・鑑定プレゼントしています。

人間関係に悩む方、性格を変えたい方は、ぜひご協力ください。

https://goo.gl/forms/pwTNGorhhpraizd53


もっと読みたい方は 開運ブログへ 


友だち追加

メールアドレスをご登録いただいた方に、密教宿曜占星術の27宿の解説と、歴史上の人物や著名人の本命宿がわかる無料レポート(PDFファイル)をプレゼントしています。