· 

トンガで大規模噴火!津波到達を占ってみると

トンガで大規模噴火!津波到達を占ってみると

トンガの火山島「フンガ・トンガ フンガ・ハアパイ」で大規模噴火が発生

こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 

 

日本時間の2022年1月15日午後1時10分ごろ、トンガ諸島の火山島「フンガ・トンガ フンガ・ハアパイ」で大規模な噴火が発生しました。

 

その影響で、16日になって、日本全国に津波注意報と警報が出されることになりました。

 

このときの九星盤をみてみましょう。

 

2022年1月15日を九星気学で占ってみると?

トンガで大規模噴火!津波到達を占ってみると

 

トンガの海底火山が大爆発した日の九星盤をみてみましょう。 

 

トンガは、日本から見て東南に方位にあります。

 

年盤では東南は五黄土星で、天災や地震の象意があります。

 

月盤では、東南には二黒土星が位置し、耕作地や農業の象意がありますから、トンガでは、今回の爆発によって、深刻な状況に陥る可能性が高そうです。

 

日盤では、東南には四緑木星が位置しているため、遠方という象意があり、広範囲に拡大することを意味しています。 

 

2022年1月16日を九星気学で占ってみると

トンガで大規模噴火!津波到達を占ってみると

  

日本に津波が到達した2022年1月16日の九星盤をみてみましょう。

 

トンガからみて、日本は北西の方位になりますから、九星盤で北西をみると、

 

年盤-七赤金星-断層や窪み

月盤-四緑木星-遠方

日盤-七赤金星-断層や窪み

 

となります。

 

また、北西の方位は暗剣殺という凶方位となります。

 

暗剣殺は、他動的な破壊となってあらわれるので、今回は、トンガの海底火山の噴火の影響が津波となってあらわれることを、そのまま示しているかのようです。

 

また、北西の方位には日破がついているため、思っていることとは違う結果になりやすいのですが、一日だけのことなので、影響が長引くことはないでしょう。

 

2022年1月は三碧木星中宮年なので、地震に要注意のときであり、とくに、年盤の歳破と月盤の月破が南南西で重なるため、東西の大凶方位のほか、南南西の方位で、地震や天災が起こりやすいようです。

 

みなさま、ご注意ください。

 

【2022年1月】九星気学と宿曜から見る毎日の運気

 

 

自分のことを知りたい!今の悩みやトラブルはどうなるのか?ということを知りたい方は、お問合せからご連絡ください。

お問合せ

 

鑑定のご依頼をお待ちしております。

 

また、LINEのお友達に「霊符ワークス(https://lin.ee/jUg7TVJ)」を登録していただくと、大変お得になります。

 

定額会員制なら、月々1,000円~。

気になることは即解決! 

定額会員制サービスへ

 

www.reifuworks.com Blog Feed

福島県沖で震度6強の地震発生!を占ってみると (木, 17 3月 2022)
>> 続きを読む

パプアニューギニアでマナム火山噴火を占ってみると (Wed, 09 Mar 2022)
>> 続きを読む

大分・宮崎で震度5強の地震発生!を占ってみると (Sat, 22 Jan 2022)
>> 続きを読む

トンガで大規模噴火!津波到達を占ってみると (Sun, 16 Jan 2022)
>> 続きを読む

小笠原諸島母島で震度5強の地震発生!を占ってみると (Tue, 04 Jan 2022)
>> 続きを読む

もっと読みたい方は 開運ブログへ