· 

安倍晋三前首相の2021年の運勢・運気は?

安倍晋三前首相の2021年衆院選までの運勢・運気は?

安倍晋三前首相の動向は?

こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。  

 

2020年9月16日の閣議において、安倍内閣は総辞職しました。

 

その後、菅義偉首相が誕生するわけですが、安倍晋三首相に関する開運ブログ記事のPV数が、2021年2月以降、なぜか増加しています。

 

安倍晋三前首相は、まだ66歳。

 

国際的に緊張が高まるなか、3度めの首相登板があるのかもしれません。

 

安倍晋三前首相の運気について調べてみました。

 

⇒ 菅義偉内閣総理大臣の2021年前半の運気・運勢とは? 

 

※2021年3月28日に投稿した記事に追加・修正を行っていますが、10月までは、前回投稿した記事のままです。

 

安倍晋三首相を九星気学でみると

■安倍晋三首相(1-1-9)

安倍晋三首相は、昭和29年9月21日生まれ。 

 

本命星:一白水星

月命星:一白水星

傾斜宮:九紫火星

 

安倍晋三首相のように、本命星と月命星が同じ星の場合、周囲への気配り、空気を読むといったことが苦手な人が多く、人間関係において失敗しやすい傾向があります。

 

一白水星は、表向きは誰とでも付き合えるような柔軟性がありますが、実は秘密主義。

 

この星回りは一白水星を2つも持っているので、思索的で、創造性や企画力にすぐれており、困難な状況にあっても、それを克服するような意志力の持ち主です。

 

また、本命星と月命星の一白水星と傾斜宮の九紫火星は、水剋火(水は火を消す)という相剋の関係です。

 

九紫火星はアイデア豊かで、新しもの好きの性質を持っていますが、この性質を一白水星が尅しているので、思いつきで行動するようなタイプではなさそうです。

 

しかし、一白水星も九紫火星も、精神的には激しやすい星なので、激情に流されないように注意する必要があります。

 

九星気学で性格や運気を知りたい方は、「九星気学 本命星・月命星・傾斜宮でみる運勢 歴史上の人物と著名人」をお読みになってください。

https://amzn.to/2CPyL4F 

 

【一白水星】最も運気が強いのは?本命星・月命星・傾斜宮の組合せは? 

  

安倍晋三前首相の2021年の運気は?

■2021年(2021年2月3日~2022年2月3日)

安倍晋三前首相の2021年衆院選までの運勢・運気は?
2021年の年盤

 

2021年は、六白金星中宮年です。

 

六白金星は天であり、鉱物を表しています。

 

象意には、高貴な人物、公的機関、大企業、宝石などが含まれています。

 

ここから、2021年は公的機関や大企業などの話題が多く、その影響が全体的に強いことを示しています。

 

つまり、国家のリーダーが誰であるのかによって、命運が大きく左右されるということを示しています。

 

安倍晋三前首相の一白水星は、南にあり、前厄の1年となります。

 

前厄のときは陽の当たるときであり、良くも悪くも注目されるときです。

 

また、定位対冲となり、運命の歯車が大きく動くときでもあるため、3度めの総理大臣の可能性は少なくありません。

 

しかし、状況に流されやすく、他力本願になりがちなので、いつもの実行力に欠けるかもしれません。

  

■2021年4月(2021年4月4日~2021年5月4日)

安倍晋三前首相の2021年衆院選までの運勢・運気は?

 

2021年4は、三碧木星中宮月で、一白水星は東に出て、運気は上昇に転じます。

 

年盤の一白水星には、月盤の七赤金星が回座するので、人間関係の拡大と喜びごとの暗示があります。

 

安倍晋三前首相が、次の総裁選に出馬するとすれば、4月から活発化していくのではないでしょうか。

 

ただし、暗剣殺なので、他者から災難がもたらされる暗示があります。

 

また、妨害や、交通事故など、思いがけないことが起こりやすいと言える運気です。

 

■2021年5月(2021年5月5日~2021年6月4日)

安倍晋三前首相の2021年衆院選までの運勢・運気は?

 

2021年5月は二黒土星中宮月です。

 

安倍晋三前首相の一白水星は東南にあり、運気旺盛です。

 

年盤の五黄土星に回座しているので、五黄殺の影響を受けるかもしれませんが、絶好調でしょう。

 

この頃には、次の首相候補として報道されるようになるかも。

 

また、年盤の一白水星には、月盤の六白金星が回座するので、目上の引き立てを受ける暗示があります。

 

■2021年6月(2021年6月5日~2021年7月6日)

安倍晋三前首相の2021年衆院選までの運勢・運気は?

 

2021年6月は、一白水星中宮月です。

 

安倍晋三前首相にとって、花咲くときとなります。

 

中宮のときは吉凶混合運ですから、調子に乗ったりせず、慎重に対応すべきときです。

 

また、年盤の一白水星には、月盤の五黄土星が回座し、何事も極端になりやすく、五黄殺(自滅)の暗示もあるので、慎重の上にも慎重に行動しなければなりません。

 

■2021年7月(2021年7月7日~2021年8月6日)

安倍晋三前首相の2021年衆院選までの運勢・運気は?

 

2021年7月は、九紫火星中宮月です。

 

安倍晋三首相の一白水星は北西にあり実をつけるときですが、年盤の暗剣殺に回座するので、暗剣殺の影響を受けるかもしれません。

 

年盤の一白水星には、月盤の四緑木星が回座し、「調う(ととのう)」の暗示があります。

 

安倍晋三前首相が、次の総理大臣に就任するとしたら、この時期には意思を明らかにするでしょう。

 

しかし、月盤の四緑木星は暗剣殺でもあるので、少なからず第三者からの悪影響を受けるかもしれません。

 

2021年7月を易でみると、「火天大有(かてんたいゆう)」という卦になります。

 

「火天大有(かてんたいゆう)」には、今が最大のチャンスという意味があるので、解散総選挙を行うには良いときです。

 

2021年7月にはオリンピックが開催されるかもしれませんので、本来なら選挙は避けたいときですが・・・。

  

■2021年8月(2021年8月6日~2021年9月6日)

安倍晋三前首相の2021年衆院選までの運勢・運気は?

 

2021年8月は八白土星中宮月です。

 

安倍晋三首相の一白水星は、西にあり、収獲のときです。

 

年盤の一白水星には、月盤の三碧木星が回座し、開拓・奮起の暗示があります。

 

安倍晋三前首相の運気を易でみると、「雷水解(らいすいかい)」の卦になります。

 

「雷水解(らいすいかい)」には、あらゆるものが動き始める、積極的に自分から動く必要があるという意味があります。

 

解散総選挙の宣言が7月、衆院選が8月に行われるとしたら、安倍晋三前首相にとっては、かなりよいタイミングだといえそうです。

 

■2021年9月(2021年9月7日~2021年10月7日)

安倍晋三前首相の2021年衆院選までの運勢・運気は?

 

2021年9月は、七赤金星中宮月です。

 

安倍晋三首相の一白水星は北東にあり、変化変動です。

 

年盤の一白水星には、月盤の二黒土星が回座し、受け身の暗示があります。

 

衆院選の結果次第だと思いますが、安倍晋三前首相は、副総理に就任という線もありそうです。

 

そのときの総理は、二黒土星生まれの河野太郎さんかもしれません。

 

■2021年10月(2021年10月7日~2021年11月6日)

安倍晋三前首相の2021年衆院選までの運勢・運気は?

 

2021年10月は、六白金星中宮月で、年盤と重なりますから、良いことも悪いことも2倍となります。

 

安倍晋三前首相の一白水星は南にあり、前厄です。

 

前厄のときは陽のあたるときであり、良くも悪くも注目されるときであり、役割りを果たすときです。

 

安倍晋三前首相が、政治の前面に登場してもおかしくない運気です。

 

総理なのか、副総理なのか、どちらにしても重要なポジションに、安倍晋三前首相がおさまりそうな気配があります。

 

■2021年11月(2021年11月7日~2021年12月6日)

安倍晋三前首相の2021年の運勢・運気は?

 

2021年11月は、五黄土星中宮月です。

 

定位に戻ったときは、新しいステージに移行するときであり、良いことも悪いことも起こります。

 

年盤の六白金星に、月盤の五黄土星が回座しているので、政府・政治体制に変化があるのかもしれません。

 

安倍晋三前首相の一白水星は北にあり本厄、年盤の一白水星とは対冲となるため、運気はジェットコースターのように目まぐるしく、不安定です。

 

また、年盤の一白水星には、月盤の九紫火星が回座しているので、隠しておきたいことが暴露されるのかもしれません。

 

■2021年12月(2021年12月7日~2022年1月4日)

安倍晋三前首相の2021年の運勢・運気は?

 

2021年12月は、四緑木星中宮月です。

 

年盤の一白水星には、月盤の八白土星が回座し、変化変動の暗示がありますが、月破がついています。

 

月盤の一白水星は南西にあり、後厄なので、じっと我慢のときです。

 

易では、「山水蒙(さんすいもう)」という卦になります。

 

この卦には、求められて教える、という意味があります。

 

安倍晋三前首相は、副総理になる可能性があるので、もしかしたら、そのことを示しているのかもしれません。

 

しかし、この卦には、とんでもないことにまぎれこんでしまう、という意味もあるので、安倍晋三前首相が、思いがけない場所に引きずり出されてしまう、ということかもしれません。

 

年盤では、前厄の安倍晋三前首相なので、8月以降の運気は徐々に後退していきます。

 

2022年は定位の北に戻りますから、2021年の前半が勝負どころでした。

 

まとめ

2021年4月から12月までの運気・運勢をみてきましたが、安倍晋三首相にとって、3度めの総理大臣は非現実的ではなく、むしろ、ありそうな運気です。

 

国際情勢ふくめ、経験豊富な安倍晋三前首相の存在感が、4月から5月にかけて、強調されるのではないでしょうか。

 

年運では前厄であり、定位対冲ですから、安倍晋三前首相の運命の歯車が大きく動くのかもしれませんが、9月以降は、運気が減退していきます。

 

とくに10月以降は、過去のスキャンダルにふたたび悩まされるかもしれず、そのことで腰が引けてしまう可能性も考えられます。

 

2022年は定位にもどって本厄なので、今回のタイミングを逃すと、3度めの総理大臣は厳しいかもしれません。

 

しかし、第2次安倍内閣が誕生した2012年12月は、2021年3月・12月と同じ九星盤でした。

 

年盤は六白金星中宮、月盤は四緑木星中宮で、一白水星は前厄で、変化変動の暗示があったのです。

 

とすると、2012年12月に、再々登板となるかもしれず・・・。

 

どうなるのか楽しみな、安倍晋三前首相の運勢です。

 

 

自分のことを知りたい!今の悩みやトラブルはどうなるのか?ということを知りたい方は、お問合せからご連絡ください。

お問合せ

 

鑑定のご依頼をお待ちしております。

 

また、LINEのお友達に「霊符ワークス(https://lin.ee/jUg7TVJ)」を登録していただくと、大変お得になります。

 

定額会員制なら、月々1,000円~。

気になることは即解決! 

定額会員制サービスへ

 

www.reifuworks.com Blog Feed

セオドア・ルーズベルトの性格・運気・運勢とは? (金, 15 10月 2021)
>> 続きを読む

2021衆院総選挙の勝者は?党首の性格・運気・運勢とは? (Tue, 05 Oct 2021)
>> 続きを読む

第100代内閣総理大臣へ!岸田文雄議員の性格・運気・運勢とは? (Wed, 29 Sep 2021)
>> 続きを読む

金正恩総書記の2021年の運気・運勢とは? (Tue, 28 Sep 2021)
>> 続きを読む

2021自民党総裁選挙候補者の性格・運気・運勢とは? (Thu, 16 Sep 2021)
>> 続きを読む

もっと読みたい方は 開運ブログへ