· 

新型コロナウイルス:2022年9月から2022年11月を占ってみると

新型コロナウイルス:2022年9月から2022年11月を占ってみると

新型コロナウイルス2022年9月から2022年11月までを占います

こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。  

 

一日の感染者数が、世界で最も多いという第7波の高止まりから、やっと減少傾向が見えてきました。

 

しかし、九星盤をみる限り、安心することはできなさそうです。

 

日本の感染対策には、世界標準とは異なる、根本的な間違いがあるのかもしれません。

 

⇒ 新型コロナウイルス:2022年8月から2022年10月を占ってみると

 

新型コロナウイルスはこれからどうなる?

■2022年9月(2022年9月8日~2022年10月7日)

新型コロナウイルス:2022年9月から2022年11月を占ってみると

 

2022年9月は、四緑木星中宮月です。

 

薬やワクチンをあらわす六白金星が五黄殺なので、急激な感染増加にワクチン接種が対応できない、ワクチンが足りないという状況に陥るのかもしれません。

 

また七赤金星は肺、六白金星にも肺の象意があり、年盤の七赤金星と月盤の六白金星が重なることから、重い肺炎の症状が出てくる重症化事例が出てくる可能性もありそうです。

 

易では「沢山威(たくさんかん)」という卦もでていて、典型的なムードの卦となります。

 

ムードに流されやすくなりますが、むしろ直感的に行動するのが良いのかもしれません。

 

■2022年10月(2022年10月8日~2022年11月6日)

新型コロナウイルス:2022年9月から2022年11月を占ってみると

 

2022年10月は、三碧木星中宮月です。

 

新型コロナウイルスにふたたび注目があつまる暗示がありますが、良くも悪くもどちらの可能性もありそうです。

 

ワクチンや新薬が拡散され、感染者数が減少に転じるようですが、減少に転じたとしても、安心できなさそうな九星盤です。

 

易では「沢火革(たくかかく)」という卦であり、大転換期を示しています。

 

急激な変化が必要なときなのですが、珍しい病気が流行の兆しを見せるかも。

 

医療体制に変化が求められる可能性も高まるようです。

 

■2022年11月(2022年11月7日~2022年12月6日)

新型コロナウイルス:2022年9月から2022年11月を占ってみると

 

2022年11月は、二黒土星中宮月です。

 

新型コロナウイルスには拡散の暗示があるので、ふたたび感染拡大する可能性がありそうです。

 

しかも、新型コロナウイルスをあらわす七赤金星に、風の四緑木星が重なるので、空気感染による感染拡大が確認・認識されるようです。

 

易では「風沢中孚(ふうたくちゅうふ)」という卦であり、見かけはよく見えることを示しています。

 

誠実さと努力が求められるときなのですが、二黒土星中宮月なので、その点は大丈夫そうです。

 

また、苦しいとき、困窮にいたるときなのですが、打開策はほとんどなく、我慢するしかないようです。

 

まとめ

2022年9月から2022年11月をみると、感染者数が一時的に減少したとしても、再び拡散・拡大へと転じる可能性が高いようです。

 

新型コロナウイルスが空気感染であることが認識されるので、これまでの感染対策とは異なる対策へと変化するでしょう。

 

転換期であることが示されているので、感染対策はもちろんのこと、医療体制にも変化が求められるでしょう。

 

心配なのは、珍しい病気が流行する兆しが見えること。

 

新型コロナウイルスに加えて、さらに感染対策が必要となるのかもしれません。

 

 

自分のことを知りたい!今の悩みやトラブルはどうなるのか?ということを知りたい方は、お問合せからご連絡ください。

お問合せ

 

鑑定のご依頼をお待ちしております。

 

また、LINEのお友達に「霊符ワークス(https://lin.ee/jUg7TVJ)」を登録していただくと、大変お得になります。

 

定額会員制なら、月々1,000円~。

気になることは即解決! 

定額会員制サービスへ

 

www.reifuworks.com Blog Feed

同時期に亡くなった稲盛和夫さんとミハイル・ゴルバチョフ元ソビエト連邦大統領 (水, 31 8月 2022)
>> 続きを読む

なぜ女性声優には二黒土星生まれが多いのか? (Sat, 27 Aug 2022)
>> 続きを読む

なぜ男性声優には九紫火星生まれが多いのか? (Tue, 23 Aug 2022)
>> 続きを読む

なぜ2.5次元俳優には六白金星生まれが多いのか? (Mon, 22 Aug 2022)
>> 続きを読む

【2022年版】九星気学と宿曜占星術からみた運の良い人とは? (Wed, 17 Aug 2022)
>> 続きを読む

もっと読みたい方は 開運ブログへ