· 

八甲田雪中行軍遭難事件関係者の性格・運気・運勢を占ってみると

八甲田雪中行軍遭難事件関係者の性格・運気・運勢を占ってみると

世界最大級の山岳遭難事故

こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。   

 

昨夜、『ダークサイドミステリー』で八甲田雪中行軍遭難事件について、取り上げられていました。

 

明治時代、日本陸軍の訓練中におこった、世界最大級の山岳遭難事故です。

 

訓練参加者210名中199名が死亡という、本当に痛ましい事件です。

 

これを計画した神成文吉大尉、随行した山口鋠少佐、わずかな生き残りの一人で、雪中に佇立していた後藤房之助伍長の3人について、調べてみました。

 

八甲田雪中行軍遭難事件関係者の性格を九星気学で占ってみると?

■神成文吉大尉(5-8-2)

神成文吉大尉は、1869年5月6日生まれ。

 

本命星:五黄土星

月命星:八白土星

傾斜宮:二黒土星

 

神成文吉大尉は、本命星の五黄土星、月命星の八白土星、傾斜宮の二黒土星と、すべてが土の性です。

 

ドンと立つ存在感はありますが、他人の考えていることがわからない人が多いという特徴があり、上から目線になりやすいタイプ。

 

五黄土星は、九星のなかで最も強い帝王の星であり、意思堅固で、何事も極端になりやすい傾向があります。

 

八白土星は積み重なった土であり、山をあらわし、困難に立ち向かい、目標を遂行しようとつとめる努力家。

 

そして、二黒土星はまじめで勤勉ですが、意外にもおしゃべり。

 

そして、何事にも積極的で努力家、まじめなので、この星回りの人に対して、周囲は何も言えずに遠慮してしまう傾向があります。

 

他人の意見に耳を貸す、自分とは違う価値観を認めることは苦手でもあるので、神成文吉大尉という人物は、柔軟性に欠けるところがあったかもしれません。 

 

九星気学で性格や運気を知りたい方は、「九星気学 本命星・月命星・傾斜宮でみる運勢 歴史上の人物と著名人」をお読みになってください。

https://amzn.to/2CPyL4F

 

⇒ 2020年を九星気学でみてみると

 

■山口鋠少佐(9-3-2)

山口鋠少佐は、1857年1月12日生まれ。

 

本命星:九紫火星

月命星:三碧木星

傾斜宮:二黒土星

 

山口鋠少佐は、本命星の九紫火星をはさんで、月命星の三碧木星、傾斜宮の二黒土星が並び、三碧木星から九紫火星、九紫火星から二黒土星へとエネルギーが流れる相生の関係です。

 

運勢は強く、理性的な判断から行動することができるタイプです。

 

九紫火星は火であり、頭脳明晰で、社交的ですが、深い人間関係は苦手な方です。

 

三碧木星は開拓精神に優れ、誰よりも先にやってみたいという性質をもっていますから、九紫火星の新しもの好きの性質に勢いがついています。

 

二黒土星はまじめで勤勉、そして大欲を持っていますから、自らのアイデアをなんとか形にしてみたいと考えます。

 

山口鋠少佐は、誰もやったことのない挑戦を好む、野心的な人物だったようですね。

 

九星気学で性格や運気を知りたい方は、「九星気学 本命星・月命星・傾斜宮でみる運勢 歴史上の人物と著名人」をお読みになってください。

https://amzn.to/2CPyL4F

 

⇒ 2020年を九星気学でみてみると

 

■後藤房之助伍長(4-8-1)

後藤房之助伍長は、1879年11月14日生まれ。

 

本命星:四緑木星

月命星:八白土星

傾斜宮:一白水星

 

後藤房之助伍長は、本命星の四緑木星と月命星の八白土星は、木剋土(木は土に根をはり栄養を奪う)という相剋の関係にあります。

 

傾斜宮の一白水星から本命星の四緑木星へエネルギーが流れる相生の関係にあるので、本能的・直感的な言動をしやすい人物のようです。

 

四緑木星は義侠心が厚く、人のために尽くす人でもありますが、善良すぎて意外にもだまされやすい傾向があります。

 

後藤房之助伍長は、総指揮官の神成文吉大尉が倒れたあとも、ひとり行軍を続けていたそうです。

 

八白土星は山であり、冷静沈着で意志堅固。

 

また、一白水星はよく考え、企画したり、創造したりすることが得意ですが、この星回りは固定概念に縛られがち。

 

しかし、直感的な行動で困難を打開するといえそうです。

 

九星気学で性格や運気を知りたい方は、「九星気学 本命星・月命星・傾斜宮でみる運勢 歴史上の人物と著名人」をお読みになってください。

https://amzn.to/2CPyL4F

 

⇒ 2020年を九星気学でみてみると

 

八甲田雪中行軍遭難事件関係者の運気を九星気学でみてみると?

■1902年1月23日 青森歩兵第5連隊210名が雪中行軍に出発

八甲田雪中行軍遭難事件関係者の性格・運気・運勢を占ってみると

 

青森歩兵第5連隊が、青森-田代温泉間の雪中行軍演習一泊二日の予定で出発したのは、1902年1月23日のこと。

 

この日の九星盤をみてみましょう。

 

年盤は九紫火星中宮年であり、九紫火星生まれの山口鋠少佐は花が咲くときであり、九紫火星の定位には四緑木星が回座し、知名度アップの暗示があります。

 

中宮のときは命厄といわれる、吉凶混合運であり、また命を落とすことも多いと言われています。

 

山口鋠少佐の九紫火星は、そういう運気にあったということになります。 

 

五黄土星生まれの神成文吉大尉は、北にあり本厄ですが、五黄土星の定位には九紫火星が回座し、良くも悪くも注目をあつめる暗示があります。

 

どちらも、八甲田雪中行軍遭難事件の関係者として、世に知られ、歴史に名を残したわけですから、皮肉な運気といえます。

 

生き残った後藤房之助伍長の四緑木星は、南にあって前厄でありこちらも世間の注目をあつめる暗示があります。

 

また、四緑木星の定位には八白土星が回座し、変化変動の暗示もあるので、なにか人生の転機を迎える運気です。 

 

1月の月盤では、山口鋠少佐の九紫火星は南西にあり後厄であり、月破がついています。

 

年盤の九紫火星には月盤の三碧木星が回座し、八甲田雪中行軍にワクワクしていたことがわかります。

 

しかし、三碧木星には突発的な事故という象意がありますし、月破もついていることから、気持ちとは裏腹な悲劇へと突き進んでしまいました。

 

神成文吉大尉の五黄土星は、西にあり収穫のときですが、年盤の五黄土星には月盤の八白土星が回座し、変化変動の暗示があります。

 

多くの人の運勢を九星気学で占っていると、八白土星が回座したときには、良い方に変化することもあれば、悪い方に変化することもあります。

 

神成文吉大尉の場合、年盤では本厄ですから、厳しい環境下にあっては、その難を逃れることができなかったのかもしれません。

 

後藤房之助伍長の四緑木星は、北西にあって実をつけるときであり、定位対冲なので、運命の歯車が大きく動くときです。

 

年盤の四緑木星には月盤の七赤金星が回座し、喜びごとの暗示があります。

 

後藤房之助伍長が生き残ったのは、運気が良いときであったから、と言えそうです。

 

■1902年2月2日 山口鋠少佐死亡

八甲田雪中行軍遭難事件関係者の性格・運気・運勢を占ってみると

 

生存者のなかには、山口鋠少佐もいましたが、発見から2日後の1902年2月2日に死亡します。

 

山口鋠少佐の死因は、クロロホルムによる心臓麻痺とされていますが、謎が多いという噂が残っているようです。

 

この日の日盤では、九紫火星は北西で日破がついており、月盤の九紫火星には日盤の五黄土星が回座していますから、八甲田雪中行軍を原因とした死であることは間違いないようです。

 

■1906年7月23日 「後藤房之助伍長の像」除幕式

八甲田雪中行軍遭難事件関係者の性格・運気・運勢を占ってみると

 

八甲田雪中行軍遭難事件の詳細が判明してから、後藤房之助伍長が佇立して遭難の場所を知らせていたことを評し、「後藤房之助伍長の像」が制作されました。

 

その除幕式があったのが1906年7月23日です。

 

四緑木星生まれの後藤房之助伍長にとって、年盤は中宮で花がさくときでした。

 

月盤は北西にあり実をつけるとき、日盤は東南にあって運気旺盛です。

 

また、月盤の四緑木星には日盤の六白金星が回座し、権威や目上からのサポートがある暗示があります。

 

六白金星が回座しているときは、賞をもらう、抜擢されるといったことが起こりやすいのですが、後藤房之助伍長の場合も、自分の銅像の除幕式という晴れ舞台に立つことになりました。

 

八甲田雪中行軍遭難事件関係者を宿曜占星術で占ってみると?

■神成文吉大尉【壁宿】

宿曜占星術では、神成文吉大尉は壁宿の生まれです。 

 

壁宿は、アシスト役の本命宿です。

 

壁宿さんの本質は参謀型、黒幕型であり、思慮深く、慎重で、内心には他を寄せ付けない強さを秘めています。 

 

また、他人の評価をとても気にするところがあります。

 

壁宿さんは自意識が強く、意外と打算的なので、神成文吉大尉は、自らの計画の実行に固執したかもしれません。

 

壁宿さんの性格や運気、相性をもっと知りたい方は「壁宿: 宿曜占星術と九星気学・姓名でみる運気」をお読みになってください。

↓ 

https://amzn.to/2XFSHmK

 

27の本命宿それぞれの2020年の運気は、以下のブログをお読みになってください。 

 

宿曜占星術 27宿の2020年の運気は?   

 

■山口鋠少佐【翼宿】

宿曜占星術では、山口鋠少佐は翼宿の生まれです。  

 

翼宿は、人真似を嫌う本命宿です。

 

普段は温厚で率直、言葉遣いなども丁寧で、どことなく風格と威厳がありますが、翼宿さんには人を思いのままにしたいという気持ちがあります。

 

また、何事も他人任せにせず、忍耐強く、仕事に貪欲なので、一度決めたことであっても、柔軟に対処することは、案外苦手です。

 

翼宿さんの性格や運気、相性をもっと知りたい方は「翼宿: 宿曜占星術と九星気学・姓名でみる運気」をお読みになってください。

↓ 

https://amzn.to/3bgVZ3v

 

27の本命宿それぞれの2020年の運気は、以下のブログをお読みになってください。 

 

宿曜占星術 27宿の2020年の運気は?   

 

■後藤房之助伍長【心宿】

宿曜占星術では、後藤房之助伍長は心宿の生まれです。 

 

心宿は、誰からも愛される愛嬌をもった本命宿です。

 

義侠心があり、多くの仲間にも恵まれます。

 

後藤房之助伍長の義侠心は、四緑木星生まれの資質と重なりますので、相乗効果で誰からみても義侠心のあつ人物として映っていたのではないでしょうか。

 

また、頭の回転がよく、他人の心をつかんで対処していくという才能も心宿さんの持ち味ですが、この資質も四緑木星によって補強されています。

 

後藤房之助伍長は、故郷の村の村会議員を2期努めていますが、八甲田雪中行軍遭難事件で有名になったことも影響しているのかもしれませんが、義侠心の強い性質が好まれたのではないでしょうか。

 

心宿さんの性格や運気、相性をもっと知りたい方は「心宿: 宿曜占星術と九星気学・姓名でみる運気」をお読みになってください。

↓ 

https://amzn.to/34Kljwk

 

27の本命宿それぞれの2020年の運気は、以下のブログをお読みになってください。 

 

宿曜占星術 27宿の2020年の運気は?   

 

 

自分のことを知りたい!今の悩みやトラブルはどうなるのか?ということを知りたい方は、お問合せからご連絡ください。

お問合せ 

 

定額会員制なら、月々1,000円~。

気になることは即解決! 

定額会員制サービスへ

 

www.reifuworks.com Blog Feed

野口英世の性格・運気・運勢を占ってみると (日, 31 5月 2020)
>> 続きを読む

北里柴三郎の性格・運気・運勢を占ってみると (Sun, 31 May 2020)
>> 続きを読む

細川忠興の性格・運気・運勢を占ってみると (Thu, 21 May 2020)
>> 続きを読む

後藤新平の性格・運気・運勢を占ってみると (Wed, 20 May 2020)
>> 続きを読む

武田信玄の性格・運気・運勢を占ってみると (Mon, 18 May 2020)
>> 続きを読む

もっと読みたい方は 開運ブログへ