· 

長谷川博己さんの性格・運気・運勢を占ってみると

長谷川博己さんの性格・運気・運勢を占ってみると

2020年大河ドラマ『麒麟がくる』主演の長谷川博己さん

こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。

 

朝ドラ「まんぷく」で、即席ラーメン(チキンラーメン)を開発する立花萬平役を熱演している長谷川博己さん。  

 

ドラマ「鈴木先生」 では中学校の教師役、「デート~恋とはどんなものかしら~」ではひきこもりのオタク役、映画「シン・ゴジラ」では政治家などを演じていて、生方の印象としては、理系男子やオタクが似合う俳優さんが、長谷川博己さんなのです。

 

長谷川博己さんは、来年の大河ドラマ『麒麟がくる』で主演の明智光秀役を演じるそうですが、朝ドラと大河ドラマを続けて演じたのは、あの渡辺謙さん以来、2人目だそうです。 

 

いったい、どんな方なのでしょうか?

 

九星気学でみる長谷川博己さんとは?

■長谷川博己さん(5-1-9)

長谷川博己さんは、1977年3月7日生まれ。

 

本命星:五黄土星

月命星:一白水星

傾斜宮:九紫火星

 

『まんぷく』妻役の安藤サクラさんと、本命星が同じ五黄土星です。

 

本命星の五黄土星は、九星のなかで最も強い星です。

 

月命星の一白水星は、水のような柔軟性と激流のような激しさを持っている星。

 

そして、傾斜宮の九紫火星は炎のような激しさを表す星。

 

つまり、どれも強い、そして激しさを秘めた星なのです。

 

五黄土星は土に属しますが、腐食作用を持つ原野を表しており、とくに中国の黄土だと言われています。

 

大地、そして地球そのものが五黄土星です。

 

五黄土星は、生まれながらのリーダーとしての威厳と統率力を備えています。

 

吉凶、善悪といった二面性を持つため、両極端な性質が出やすく、性格がつかみにくいと思われがちです。

 

九星気学で性格や運気を知りたい方は、「九星気学 本命星・月命星・傾斜宮でみる運勢 歴史上の人物と著名人」をお読みになってください。

https://amzn.to/2CPyL4F

  

九星気学でみた長谷川博己さんの運気とは?

■2010年 NHKドラマ『セカンドバージン』出演

長谷川博己さんの性格・運気・運勢を占ってみると

2010年は、八白土星中宮年で、五黄土星は南西にあり、後厄です。

 

長谷川博己さんが世間に広く知られるようになったドラマ『セカンドバージン』に出演しました。

 

五黄土星の人は強い運気を持っているので、厄年でもチャンスをつかむ方が多いのです。

 

ドラマ『セカンドバージン』は映画化され、2011年に公開されました。

 

また、2011年には同作で新人賞を受賞しています。


■2011年 『鈴木先生』で主演

長谷川博己さんの性格・運気・運勢を占ってみると

2011年は、七赤金星中宮年で、五黄土星は東にあり、運気は上昇に転じます。

 

長谷川博己さんが主演したドラマ『鈴木先生』は、原作コミックが人気があったこともあり、NHKを観ない世代に認知が広まったと思われます。

 

このドラマも映画化され、2013年に公開されています。

 

また、人気ドラマ『家政婦のミタ』に出演しています。


■2012年 各種を受賞

長谷川博己さんの性格・運気・運勢を占ってみると

2012年は、六白金星中宮年で、五黄土星は東南にあり、運気は旺盛です。

 

長谷川博己さんは、前年に出演したドラマなどで、橋田賞の新人賞やエランドール賞など、多数の賞を受賞しています。

 


■2013年 大河ドラマ『八重の桜』出演

長谷川博己さんの性格・運気・運勢を占ってみると

2013年は、五黄土星中宮年で、花が咲くときです。

 

長谷川博己さんは、大河ドラマ『八重の桜』に出演します。

 


■2014年 ドラマ『MOZU』で悪役を演じる

長谷川博己さんの性格・運気・運勢を占ってみると

2014年は、四緑木星中宮年で、実をつけるときです。

 

話題のドラマ『MOZU』で悪役を演じ、映画版にも出演しています。

 

 


■2015年 ドラマ『デート〜恋とはどんなものかしら〜』出演

長谷川博己さんの性格・運気・運勢を占ってみると

2015年は、三碧木星中宮年で、五黄土星は西にあり、収穫のときです。

 

フジテレビ「月9」枠で放送された『デート〜恋とはどんなものかしら〜』で演じた高等遊民が似合っていました。

 

同作で、ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演男優賞を受賞しました。

 


■2016年 映画『シン・ゴジラ』主演

長谷川博己さんの性格・運気・運勢を占ってみると

2016年は、二黒土星中宮年で、五黄土星は北東にあり、変化変動です。

 

映画『シン・ゴジラ』では矢口蘭堂役で主演。

 

この年に放映されたドラマでも主演が増え、各賞も受賞しています。

日本アカデミー賞優秀主演男優賞『シン・ゴジラ』

橋田賞『夏目漱石の妻』

放送文化基金賞演技賞『夏目漱石の妻』

 


■2017年 ドラマ『小さな巨人』主演

長谷川博己さんの性格・運気・運勢を占ってみると

2017年は、一白水星中宮年で、五黄土星は南にあり、前厄です。

 

TBS系「日曜劇場」枠で放送された『小さな巨人』主演しています。

 


■2018年 朝ドラマ『まんぷく』出演

長谷川博己さんの性格・運気・運勢を占ってみると

2018年は、九紫火星中宮年で、五黄土星は北にあり、本厄です。

 

朝ドラ『まんぷく』に出演し、発明家の役を熱演しています。

 

しかし、体調的には厳しいところがあるので、不用意なことはできるだけ避けるべきときです。

 


■2019年 大河ドラマ『麒麟がくる』明智光秀役に決定

長谷川博己さんの性格・運気・運勢を占ってみると

2019年は、八白土星中宮年で、本命星の五黄土星が南西、月命星の一白水星が西に位置しています。

 

行動や身体をあらわす五黄土星が後厄なので、特に体調に注意の年です。

 

しかし、精神の一白水星は西にあるので、気持ち的には収穫やまとめの年と感じているかもしれません。 

 

2018年は本厄だったので、なかなか思い通りに進みませんでしたが、来年は東にでて運気が上昇に転じます。


宿曜占星術でみる長谷川博己さんとは?

■長谷川博己さん【亢宿】

長谷川博己さんは、宿曜占星術では亢宿さんです。

 

亢宿は、4足とも秤宮に属す軽燥宿です。

 

亢宿さんは、強情さでは二十七宿のなかでも屈指と言えるほどで、世間や周囲がなんと言おうと、信条をかたくなに貫こうとします。

 

また、亢宿さんは仲間をよく説得し、統括する棟梁の宿でもあるため、正しいこと、正しくないこと、善悪、美醜を一瞬のうちに判断します。 

 

しかし、世俗の権威や既成の価値観、世間の常識に従順とは言えない性質を持っている本命宿です。

 

安藤サクラさんとは、【栄・親】の関係なので、とても良い相性です。

 

宿曜占星術でみる長谷川博己さんの運気は?

亢宿の長谷川博己さんの2019年の運気は、「安」の年です。

 

「安」とは安泰の安ですが、決して運気が良いわけではなく、むしろ足元を見直してリフレッシュするための期間。

 

九曜では、長谷川博己さんにとって計都の年にあたります。

 

計都の年は、八方ふさがりの年です。

 

がんばりが報われない、事は思い通りにならない年ですから、受け身に徹して、計都の年をやり過ごしたほうが良さそうです。

 

なぜか、安藤サクラさんも同じく計都の年でしたから、似たような運気を持っている同士なんですね。

 

亢宿さんの性格や運気、相性をもっと知りたい方は「宿曜占星術 亢宿: 宿曜占星術と九星気学・姓名でみる2019年の運気」をお読みになってください。

https://amzn.to/2G9fn5Q

 

www.reifuworks.com Blog Feed

松山ケンイチさんの性格・運気・運勢を占ってみると (土, 23 3月 2019)
>> 続きを読む

亀梨和也さんの性格・運気・運勢を占ってみると (Fri, 22 Mar 2019)
>> 続きを読む

山本美月さんの性格・運気・運勢を占ってみると (Fri, 22 Mar 2019)
>> 続きを読む

イチロー選手の性格・運気・運勢を占ってみると (Fri, 22 Mar 2019)
>> 続きを読む

竹内涼真さんの性格・運気・運勢を占ってみると (Thu, 21 Mar 2019)
>> 続きを読む

もっと読みたい方は 開運ブログへ 


友だち追加