· 

黒田東彦日銀総裁の性格・運気・運勢を占ってみると

黒田東彦日銀総裁の性格・運気・運勢を占ってみると

日銀が国債買入枠撤廃へ

こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。   

 

新型コロナウイルスによって、経済は大打撃を受けていますが、日銀も国債買入枠撤廃へと動いているようです。

 

庶民の生方には、この意味がよくわかりませんが、日本経済を支えるために必要な措置らしいですね。

 

日銀総裁の黒田東彦さんについて調べてみました。

 

黒田東彦日銀総裁の性格を九星気学で占ってみると?

■黒田東彦日銀総裁(2-3-4)

黒田東彦日銀総裁は、1944年10月25日生まれ。

 

本命星:二黒土星

月命星:三碧木星

傾斜宮:四緑木星

 

黒田東彦日銀総裁は、本命星の二黒土星が、月命星の三碧木星、傾斜宮の四緑木星から剋される、木剋土(木は土をしめつけ栄養を奪う)という相剋の関係です。

 

精神と本能が、ともに行動を負かしている関係ですので、常に悩みを抱えている状態の人が多いタイプです。

 

二黒土星は耕された土であり、勤勉さをあらわします。

 

表面的には温和で、奉仕する人なのですが、欲が深いところがあり、利益のためには労を惜しまない傾向があります。

 

三碧木星は音であり、雷を表しています。

 

積極的で開拓精神が旺盛で、何よりもスピード感を大切にしますが、気持ちだけの可能性大。

 

四緑木星は風であり、隅々まで行き渡るようなコミュニケーション能力の高さを示していますが、自分と意見の合う目上の人の言葉には従いますが、自分と合わない人に対しては、粘り強く反抗するようなところがあります。

 

この星回りは、言語能力が高く、相手の気持ちを読み取るような能力も高いのですが、二黒土星の従順さに対して、理性と本能が反発するという面を持っているようです。

 

九星気学で性格や運気を知りたい方は、「九星気学 本命星・月命星・傾斜宮でみる運勢 歴史上の人物と著名人」をお読みになってください。

https://amzn.to/2CPyL4F

 

⇒ 2020年を九星気学でみてみると

 

黒田東彦日銀総裁の運気を九星気学でみてみると?

2013年 日銀総裁に就任

黒田東彦日銀総裁の性格・運気・運勢を占ってみると

2013年は五黄土星中宮年で、二黒土星は定位に戻って南西にあり、後厄です。

 

定位に戻ったときは、新しいステージに移行するとき。

 

黒田東彦さんは、日本銀行総裁に就任します。

 


■2018年 日銀総裁に再任される

黒田東彦日銀総裁の性格・運気・運勢を占ってみると

2018年は九紫火星中宮年で、二黒土星は西にあり、収穫のときです。

 

二黒土星の定位には六白金星が回座し、権威や目上からのサポートがある暗示があります。

 

黒田東彦日銀総裁は再任されます。

 

日本銀行総裁に2期連続で任命されたのは2人目。

 


■2020年 前厄で歳破

黒田東彦日銀総裁の性格・運気・運勢を占ってみると

2020年は七赤金星中宮年で、二黒土星は南にあり前厄、そして歳破がついています。

 

前厄のときは陽のあたるときであり、良くも悪くも世間の注目をあつめる暗示があります。

 

また、二黒土星の定位には四緑木星が回座し、知名度アップの暗示もあります。

 

歳破がついているので、黒田東彦日銀総裁は、どちらかといえば、良くないことで注目されそうです。

 


黒田東彦日銀総裁と安倍晋三首相、麻生太郎財務相の相性を九星気学でみてみると?

黒田東彦日銀総裁の性格・運気・運勢を占ってみると

 

黒田東彦日銀総裁、安倍晋三首相、麻生太郎財務相のもつ九星を五行に置き換えてみました。

 

みごとに循環していますね。

 

これは相性が良い関係であることを示していますが、みるべきポイントは、木の性です。

 

安倍晋三首相は、理性と本音・本能が、水と火で対立しやすいため、悶々と悩みやすいのですが、その間を取り持つのが、木の性に属している黒田東彦日銀総裁と麻生太郎財務相です。

 

安倍晋三首相が、すんなりと理解できるような精神的なサポートを、黒田東彦日銀総裁と麻生太郎財務相が行っているのです。

 

このようなサポート関係は行動面に出ていて、黒田東彦日銀総裁のエネルギーを受けて、麻生太郎財務相が安倍晋三首相に橋渡しする関係になっています。

 

黒田東彦日銀総裁、安倍晋三首相、麻生太郎財務相の3人は、それぞれに相剋(行動と精神が一致しない、負かす)の関係をもっているのですが、相剋の関係の間を、3人それぞれが取り持つ関係になっています。

 

黒田東彦日銀総裁は、安倍晋三首相がとりもち、麻生太郎財務相も、安倍晋三首相が取り持っています。

 

そして、安倍晋三首相を、黒田東彦日銀総裁と麻生太郎財務相が、二人がかりで取り持っているのです。

 

こういう関係は、お互いにちょっとずつ依存しているので、強固になりやすい傾向があるので、アイドルグループなら大成功する間柄といえます。

 

⇒ 安倍晋三首相の2020年前半の運勢・運気は?

⇒ 麻生太郎副総理の性格・運気・運勢を占ってみると

 

黒田東彦日銀総裁を宿曜占星術で占ってみると?

■黒田東彦日銀総裁【危宿】

宿曜占星術では、黒田東彦日銀総裁は危宿の生まれです。      

 

危宿は、理性よりも感性にまさる本命宿です。

 

感情の起伏が激しい人が多いのですが、創造的な分野、自分の好きな分野では、忍耐力を発揮し、才能も発揮します。

 

しかし、失敗を認めたがらない傾向があり、自己弁護してしまいます。

 

また、深く考えずに決めてしまうため、金銭トラブルに遭いやすいのも危宿さんです。

 

危宿さんの性格や運気、相性をもっと知りたい方は「危宿: 宿曜占星術と九星気学・姓名でみる運気」をお読みになってください。

https://amzn.to/3cWpA2X

 

また、27の本命宿それぞれの2020年の運気は、以下のブログをお読みになってください。   

 

宿曜占星術 27宿の2020年の運気は?

 

黒田東彦日銀総裁と安倍晋三首相、麻生太郎財務相の相性を宿曜占星術でみてみると?

危宿の黒田東彦日銀総裁からみて、張宿の安倍晋三首相は【危・成】の関係です。

 

【危・成】の関係とは、一方は、なにか危険な予感を感じますが、もう一方にとっては何事かを成し遂げるには必要な人物という関係です。

 

危宿の黒田東彦日銀総裁にとって、張宿の安倍晋三首相は「成」なので、黒田東彦日銀総裁にとって張宿の安倍晋三首相は、自身の成功のために不可欠な人物となります。

 

危宿の黒田東彦日銀総裁からみて、觜宿の麻生太郎財務相は【栄・親】の関係です。

 

【栄・親】の関係とは、お互いの良さを引き出し合うことができる、ビジネスでは最高に相性の良い関係です。

 

なかでも、觜宿には自然と人が集まる魅力があり、社交的な危宿とは相性がよいため、一緒に仕事をすると成功するという関係です。

 

宿曜占星術でも、黒田東彦日銀総裁、安倍晋三首相、麻生太郎財務相のそれぞれの相性は良いという結果なので、この3人が経済政策を行う限り、お財布のヒモが固いのかもしれませんね。

 

新型コロナウイルス対策では、まるで後出しジャンケンのように、ちょっとずつお金が出てきていますが、最初にドーンと出さない決定を下しているのは、この3人のうちのどなたなのでしょう?

 

 

自分のことを知りたい!今の悩みやトラブルはどうなるのか?ということを知りたい方は、お問合せからご連絡ください。

お問合せ 

 

定額会員制なら、月々1,000円~。

気になることは即解決! 

定額会員制サービスへ

 

www.reifuworks.com Blog Feed

仲里依紗さんの性格・運気・運勢を占ってみると (木, 04 6月 2020)
>> 続きを読む

日本ダービー制覇!コントレイルと騎手・調教師の相性を占ってみると (Mon, 01 Jun 2020)
>> 続きを読む

HIKAKINさんの性格・運気・運勢を占ってみると (Mon, 25 May 2020)
>> 続きを読む

大久保佳代子さんの性格・運気・運勢を占ってみると (Sat, 23 May 2020)
>> 続きを読む

吾峠呼世晴さんの性格・運気・運勢を占ってみると (Fri, 22 May 2020)
>> 続きを読む

もっと読みたい方は 開運ブログへ