· 

敵対?迷走?文在寅大統領の性格・運気・運勢を占ってみると

敵対?迷走?文在寅大統領の性格・運気・運勢を占ってみると

ホワイト国から格下げされて文在寅大統領は?

こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 

 

連日ニュースとなっていますが、ついに文在寅大統領は、南北朝鮮が一体となれば、経済的に日本に負けることはない、という趣旨の発言をしました。

 

金正恩主席が受け入れるとも思えませんが、文在寅大統領は、トコトン言葉の人なんですね。

 

今回のホワイト国からの格下げについては、中国ではかなり冷静に報道されているようで、1ヶ月近く前に「基礎研究を怠り、他国に依存する危険性」の事例として、韓国経済の混乱を分析するニュースを読みました。

 

韓国のGDPに占めるサムスングループの割合は2割以上なので、サムスングループには大打撃らしいです。

 

そもそも先進国で、一企業の売上高がGDPの2割を超える国って、どれくらいあるのでしょうか?

 

日本の場合、トップのトヨタの売上高は約30兆円、日本のGDPが約550兆円なので、トヨタ比率は5.5%程度。

 

韓国でのデモを見るたびに、サムスン関係者なんだろうな、と感じてしまうのは、生方だけなんでしょうか。

 

そこで、文在寅大統領の性格と運気について、もっと詳しく調べてみました。

 

⇒ 安倍晋三首相と文在寅大統領の2019年は?

 

九星気学でみる文在寅大統領とは?

■文在寅大統領(3-3-4)

文在寅大統領は、 1953年1月24日生まれ。

 

本命星:三碧木星

月命星:三碧木星

傾斜宮:四緑木星

 

文在寅大統領は、すべて木の性という人物。

 

本命星と月命星の三碧木星、傾斜宮の四緑木星のすべてが、木の性に属しています。

 

他の性質の人の気持ちがわからないタイプが多く、言葉が過ぎて、信頼を失いやすい傾向があります。

 

自己肯定感が強いので、妙な自信を持ってしまいますが、決して運勢が強いわけではありません。

 

本命星の三碧木星は、雷や地震を表していて、言葉を自由に扱えることができるコミュニケーション能力の高い人です。

 

文在寅大統領と本命星が三碧木星と同じ人物に、ロシアのプーチン大統領がいます。

 

ウラジーミル・プーチン大統領は、1952年10月7日生まれ。 

 

本命星:三碧木星

月命星:七赤金星

傾斜宮:一白水星

 

プーチン大統領は、本命星の三碧木星に対して、傾斜宮の一白水星からエネルギーが流れる相生の関係です。

 

本音が行動をサポートしているので、ある意味、確信犯。

 

しかし、月命星の七赤金星と本命星の三碧木星は、金剋木(金属は木を切り倒す)の相剋の関係になっていて、行動が精神を剋していることになります。

 

行動することで、理性(意識)が抑え込まえられていると言い換えても良いと思います。

 

⇒ 安倍晋三首相とプーチン大統領の2019年は?

 

同じ三碧木星生まれであっても、文在寅大統領とプーチン大統領では、大きな違いがあります。

 

それは、文在寅大統領が、あくまでも言葉で事態を切り抜けようとするのに対し、プーチン大統領は全体的なプレゼンテーションを考える点です。

 

安倍晋三首相との相性という点では、プーチン大統領との関係のほうがバランスが良いと言えます。

 

九星気学でみる文在寅大統領の運気は?

■2019年7月(7月7日~8月7日)

敵対?迷走?文在寅大統領の性格・運気・運勢を占ってみると

 

九星気学は旧暦でみるので、8月7日までは7月の九星盤になります。

 

2019年7月の九星盤をみると、文在寅大統領の三碧木星は南西にあり、年盤の五黄土星のうえに回座しています。

 

五黄殺、つまり自滅の暗示です。

 

また、年盤の三碧木星の上には一白水星が位置していますので、困難な状況におちいる暗示です。

 

文在寅大統領は、自分の言葉で、自分の首を締めるようなことになっているのかもしれません。

 

■2019年8月(8月8日~9月7日)

敵対?迷走?文在寅大統領の性格・運気・運勢を占ってみると

 

2019年8月は、三碧木星は東に出て、運気は上昇に転じます。

 

年盤の六白金星のうえに回座しますから、どこかの国から援助の手が差し伸べられる可能性があります。

 

しかし、月盤では九紫火星が回座していますので、文在寅大統領が隠しておきたいことが暴露されたり、文書関係でトラブルを招いたりする暗示があります。

 

また、月盤では定位に戻っているので、優柔不断な態度を見せるかもしれません。

 

■2019年9月(9月8日~10月7日)

敵対?迷走?文在寅大統領の性格・運気・運勢を占ってみると

 

2019年9月は、三碧木星が東南に巡り、運気は旺盛になるはずですが、五黄土星の反対側になるため暗剣殺です。

 

しかも、年盤の七赤金星に回座するので、歳破の影響も受けるでしょう。

 

暗剣殺は、思いも寄らないときに、第三者から事故やトラブルがもたらされる凶運です。

 

2019年9月は、安倍晋三首相の一白水星が南西にあり、年盤の五黄土星に回座するので五黄殺の影響を受けます。

 

文在寅大統領も、安倍晋三首相も、運気的には良くない時期になります。

 

■2019年10月(10月8日~11月7日)

敵対?迷走?文在寅大統領の性格・運気・運勢を占ってみると

 

2019年10月は、三碧木星は中宮に位置し、花が咲くときです。

 

本命星が中宮のときは、吉凶混合運であり、良いことも悪いことも極端になりやすいと言われています。

 

八白中宮に回座することになるので、何か大きな変化変動がある可能性が高まります。

 

まさかの大統領辞任もありえるかも。

 

年盤の三碧木星のうえには七赤金星が回座していますから、不平不満、金銭トラブルなどが出てきてもおかしくありません。

 

■2019年11月(11月8日~12月7日)

敵対?迷走?文在寅大統領の性格・運気・運勢を占ってみると

 

2019年11月は、三碧木星は北西にあり、実をつけるときです。

 

10月に大統領を辞任していなければ、比較的穏やかな時を過ごせるでしょう。

 

むしろ、周囲から注目されるかも。

 

年盤の三碧木星のうえには六白金星が回座していますから、急激な変化の暗示があります。

 

■2019年12月(12月8日~2020年1月5日)

敵対?迷走?文在寅大統領の性格・運気・運勢を占ってみると

 

2019年12月は、三碧木星は西にあり、収穫のときですが、年盤の三碧木星のうえに五黄土星が回座し、五黄殺の暗示です。

 

五黄殺は自滅を意味しますので、文在寅大統領の言動が引き金となるのではないでしょうか。

 

月盤の三碧木星は、年盤の一白水星に回座するので、困難な状況に巻き込まれるかもしれません。

 

文在寅大統領の運気をくわしくみてみましたが、あまり良い運気ではなさそうです。

 

これから、文在寅大統領はどうなっていくのか、注意してみていきたいと思います。

 

www.reifuworks.com Blog Feed

小泉進次郎議員と滝川クリステルさんデキ婚!お二人の性格・運気・運勢を占ってみると (木, 08 8月 2019)
>> 続きを読む

敵対?迷走?文在寅大統領の性格・運気・運勢を占ってみると (Tue, 06 Aug 2019)
>> 続きを読む

『NHKから国民を守る党』代表の立花孝志さんの性格・運気・運勢を占ってみると (Sun, 04 Aug 2019)
>> 続きを読む

参院選2019はどうなる?党首の運気を調べてみた (Thu, 04 Jul 2019)
>> 続きを読む

参院選出馬!元モー娘・市井紗耶香さんの性格・運気・運勢を占ってみると (Tue, 25 Jun 2019)
>> 続きを読む


もっと読みたい方は 開運ブログへ 


友だち追加