· 

宿曜とは?密教との関係は?どんなことが占えるの?

宿曜とは?密教との関係は?どんなことが占えるの?

宿曜とは?

遣唐使として中国に渡った空海は、当時の中国でもっとも人気の高かった密教と出会います。

 

帰国時(806年)に、その密教の経典を空海は持ち帰ってきましたが、そのなかに含まれていたのが「宿曜経」です。

 

「すくようきょう」「しゅくようきょう」と読みます。

 

正しくは「文殊師利菩薩及諸仙所説吉凶時日善悪宿曜経」といいます。

 

この宿曜経が成立したのは8世紀後半、空海が出会ったときは成立してから40年後のことといわれています。

 

宿曜経をまとめたのは、インド人僧の不空といわれています。

 

不空は中国に密教を伝えた人物です。

 

空海の誕生日と不空が亡くなった日が同じことから、世間では、空海は不空の生まれ変わりといわれてもいます。

 

空海がもたらした宿曜経は宿曜道という占いの一派として、平安時代には陰陽道と対抗するほどの隆盛をみることになります。

 

紫式部の「源氏物語」のなかの「澪標(みおつくし)」には、宿曜師が登場します。

 

この宿曜師は、光源氏の3人の子どものうち、ひとりは天皇に、ひとりは皇后に、もうひとりは太政大臣になる、と予言します。

 

後朱雀天皇の時代には宿曜師・仁海が雨乞いで雨を降らせた、菅原道真の怨霊を宿曜師・浄蔵が退けた、といったエピソードが残されています。

 

陰陽道の陰陽師とともに、宿曜道の宿曜師は、平安時代には貴族社会を二分する勢力となっていました。

 

インド占星術から宿曜へ

宿曜経は不空によって中国にもたらされ、司馬史揺が編纂、これに楊景風が修正し、註を加えて成立したと、宿曜経の序文にあります。

 

このころの唐(中国)の皇帝は玄宗。

 

空前の密教ブームが到来します。

 

密教以前は、道教が玄宗皇帝の宮廷でも流行していましたが、密教は道教にとって代わりました。

 

宿曜経とともに中国に入ってきたのが七曜、つまり7日間をひとつのユニットにして繰り返すという考え方です。

 

インド占星術は、ギリシャ半島を起源とするヘレニズムから伝わっている占星術です。

 

つまり、西洋占星術とその起源は同じです。

 

この七曜とは、月の満ち欠けの間隔から導き出されたと考えられています。

 

月が、朔(新月)、上弦、満月、下弦、新月と変化していく間隔が、約7日間。

 

これが4周すれば28日、つまり1カ月となります。

 

七曜それぞれには意味があります。

 

日曜、月曜は大吉日。

 

水曜、木曜はこれにつぐ吉日。

 

火曜、金曜、土曜は不吉。

 

「斗宿」の日が火曜、または金曜と重なるときは国家に危難がある、という伝えもあるくらい、宿曜のなかで七曜は重要な位置を占めているのです。

 

5月5日が年運を握る

旧暦の5月5日が何曜日に当たるのかで、年の吉凶を占うことができます。

 

なぜ5月5日なのか、なぜ曜日なのか、それは伝わっていません。

 

しかし、過去の実績から、5月5日の曜日によって、その年のことが占えるとされています。

 

5月5日が日曜の年:

豊作、安定した穏やかな年。

ただし、日食があるか、地震が起こった地方があれば、そこは被害があり、干ばつが起こります。

 

5月5日が月曜の年:

気候不順、農作物に被害が出る年。

病気が流行し、秋は寒さが来るのが早く、霜が多い。

日蝕か地震が起これば、病気で死ぬ人が多く出ます。

 

5月5日が火曜の年:

世情不安定。対立や抗争が起こる内乱の年。

一年中、争いごとや国事に関する乱が絶えず、疫病も多く、家畜が死んでいきます。

日蝕、地震があれば、世情が荒れて戦争が起こり、死者が多数出ます。

 

5月5日が水曜の年:

気候不順で洪水などの水難のある年。

田園は荒廃しがち。

日蝕、地震があると農作物に大きな被害があり、死者が多く出ます。

 

5月5日が木曜の年:

天候が良く、万物が熟す年。

日蝕、地震が起こると、王侯などの貴人、身分のある人に災難があります。

 

5月5日が金曜の年:

不慮の大事件、大事故が起こりやすく、人畜が死に、狂乱・仰天のことが続出する年。

世情は不安定。

日蝕、月蝕、地震が起これば、風雷などの天災が多くて損害、田畑は荒廃し穀物は実らない。

 

5月5日が土曜の年:

土木や治水事業が活発な年。

いっぽうで国難もあります。

日蝕、月蝕、地震が起これば、世情は不安定。

国の要人に災難が起こるか、死ぬこともあり、民心に動揺が生じます。

 

歴史上では、 1936年の二・二六事件が火曜の年でした。

 

金曜の年は戦争が起こる年ですが、1894年の日清戦争、1904年の日露戦争はともに金曜日、さらに太平洋戦争がはじまった1941年も金曜だったのです。

 

 

宿曜で占うことができるのは?

宿曜で占うためには、まずホロスコープを作ります。

 

このホロスコープがあれば、たいていのことが占えます。

 

まず、性格占い。

 

つぎに相性占い。

 

さらには、毎日の吉凶など。

 

良い方角、悪い方角なども占うことができますが、かなりの知識が必要となります。

 

しかし宿曜で占うだけでなく、複数の占いから、総合的なアドバイスを受けるほうが良いと考えます。

 

占術は、統計データを基にした統計学が基本です。

 

生方は、複数の占術をつかって運気や吉凶を出すようにしています。

 

なぜなら、そのほうが精度が高くなるからです。

 

なお、宿曜占星術についてお知りになりたい方は、「二十七宿性格判断(密教宿曜占星術): 歴史人物や著名人に見る27宿の基本的性格 Kindle版」をお読みになってください。

 


宿曜道に関する参考文献






自分のことを知りたい!今の悩みやトラブルはどうなるのか?ということを知りたい方は、お問合せからご連絡ください。

お問合せ 

 

鑑定のご依頼をお待ちしております。 

 

また、LINEのお友達に「霊符ワークス(https://lin.ee/jUg7TVJ)」を登録していただくと、大変お得になります。

 

定額会員制なら、月々1,000円~。

気になることは即解決! 

定額会員制サービスへ

 

www.reifuworks.com Blog Feed

【事業承継】後継者と創業者の違いとは? (日, 12 5月 2024)
>> 続きを読む

【4-7-2】のひとたちに何が起こっているのか? (Tue, 19 Mar 2024)
>> 続きを読む

『変な家』の家相をみると? (Wed, 06 Mar 2024)
>> 続きを読む

内向型と外向型のどちらが成功しやすいのか? (Sun, 03 Mar 2024)
>> 続きを読む

あなたは直感的それとも理性的?どちらが優勢なのかで性質が異なる理由とは? (Sun, 03 Mar 2024)
>> 続きを読む

もっと読みたい方は 開運ブログへ