· 

井上馨の性格・運気・運勢とは?

井上馨の性格・運気・運勢とは?

幕末の武士から元老へ

こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 

 

井上馨は、伊藤博文・山尾庸三・井上勝・遠藤謹助とともに長州五傑のひとりに数えられます。

 

明治になってからは、黒田内閣で農商務大臣、第2次伊藤内閣では内務大臣、第3次伊藤内閣では大蔵大臣など要職を歴任します。

 

井上馨について調べてみました。 

 

井上馨を九星気学でみると?

■井上馨(3-3-4)

井上馨は、1836年1月16日生まれ。

 

本命星:三碧木星

月命星:三碧木星

傾斜宮:四緑木星

 

井上馨は、本命星と月命星の三碧木星、傾斜宮の四緑木星のすべてが、木の性に属しています。

 

三碧木星生まれは、開拓精神があり、白黒をはっきりさせたいという性質を持っています。

 

また、三碧木星を2つも持っているので、かなり積極的で、しかも潔癖症なところがあり、新規性を好んでいたことがわかります。

 

また、言語能力が高く、おしゃべり上手であり、声が良い人も多いという傾向のが三碧木星です。

 

四緑木星は、人付き合いが上手い人が多いのですが、人を信用しすぎる傾向があります。

 

この星回りは、直感的に相手が求めていることがわかるので、コミュニケーション能力は非常に高いと思われます。

 

九星気学で性格や運気を知りたい方は、「九星気学 本命星・月命星・傾斜宮でみる運勢 歴史上の人物と著名人」をお読みになってください。

https://amzn.to/2A9cNZq 

 

【三碧木星】最も運気が強いのは?本命星・月命星・傾斜宮の組合せは? 

 

井上馨の運気を九星気学でみると?

■1863年 イギリスへ密航

井上馨の性格・運気・運勢とは?

1863年は二黒土星中宮年で、三碧木星は北西にあり、実をつけるときです。

 

三碧木星の定位には九紫火星が回座し、良くも悪くも注目される暗示があります。

 

井上馨は、イギリスへ密航し、ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンで学ぶようになります。

 


■1864年 下関戦争

井上馨の性格・運気・運勢とは?

1864年は一白水星中宮年で、三碧木星は西にあり、収穫のときであり、定位対冲です。

 

定位対冲のときは、運命の歯車が大きく動くときです。

 

井上馨は、下関戦争において、伊藤博文とともに急遽帰国して和平交渉にあたります。

 

⇒ 伊藤博文の性格・運気・運勢を占ってみると

 


■1885年 外務大臣

井上馨の性格・運気・運勢とは?

1885年は七赤金星中宮年で、三碧木星は北にあり、本厄です。

 

三碧木星の定位には五黄土星が回座し、何事も極端になりやすく、五黄殺(自滅)の暗示があります。

 

井上馨は、第1次伊藤内閣で外務大臣に就任し、条約改正に尽力します。

 


■1888年 農商務大臣

井上馨の性格・運気・運勢とは?

1888年は四緑木星中宮年で、三碧木星は東南にあり、運気は旺盛です。

 

三碧木星の定位には二黒土星が回座し、受け身の暗示があります。

 

井上馨は、黒田内閣で農商務大臣に就任します。

 


■1892年 内務大臣

井上馨の性格・運気・運勢とは?

1892年は九紫火星中宮年で、三碧木星は北東にあり、変化変動です。

 

三碧木星の定位には七赤金星が回座し、人間関係の拡大と喜びごとの暗示があります。

 

井上馨は、第2次伊藤内閣で、内務大臣に就任します。

 

また、伊藤博文が交通事故で重傷を負うと、総理臨時代理を務めます。

 


■1898年 大蔵大臣

井上馨の性格・運気・運勢とは?

1898年は三碧木星中宮年で、花が咲くときです。

 

しかし、三碧木星の定位には一白水星が回座し、困難な状況に陥る暗示があります。

 

井上馨は、第3次伊藤内閣成立にともない大蔵大臣に就任しますが、わずか半年に終わります。

 


■1911年 維新史料編纂会総裁

井上馨の性格・運気・運勢とは?

1911年は八白土星中宮年で、三碧木星は南にあり、前厄です。

 

前厄のときは陽の当たるときであり、良くも悪くも注目されるときです。

 

三碧木星の定位には六白金星が回座し、目上のサポートがある暗示があります。

 

井上馨は、維新史料編纂会総裁に就任します。

 


■1915年9月1日 死去

井上馨の性格・運気・運勢とは?

 

井上馨は、第2次大隈内閣を誕生させた翌年の1915年9月1日、79歳で亡くなります。

 

この日の九星盤をみてみましょう。

 

年盤では、三碧木星は東南にあり、運気は旺盛です。

 

しかし、月盤の三碧木星と対冲となり波乱含みの運気です。

 

さらに年盤の三碧木星には、月盤の一白水星が回座し、困難な状況に陥る暗示があり、とくに血液や循環器系の病気になりやすい運気です。

 

日盤では、三碧木星は南にあり、「離」の作用が働くときです。

 

また月盤の三碧木星には、日盤の九紫火星が回座し、ここでも「離」の作用が働く暗示があります。

 

「離」の作用とは、離れることを意味し、井上馨の場合は死別を暗示します。

 

井上馨は、1913年に脳溢血に倒れてからは左手に麻痺が残り、外出は車いすでの移動だったそうです。

 

年運をみるかぎり、死去するような運気ではありませんが、月盤と日盤をみると、急激に病気が悪化し、亡くなったようにみえます。

 

井上馨を宿曜占星術でみると?

■井上馨【斗宿】

宿曜占星術では、井上馨は斗宿の生まれです。 

 

斗宿は、もめごとの仲裁に才能を発揮する本命宿です。

 

強運が備わっていますが、もめごとに巻き込まれやすいので、思いがけない陥穽も多く降りかかるという波乱含みの人生を送ります。

 

しかし、斗宿さんは、先を見通す力に優れていて、受け身でいながら、いつの間にか目的を達成するという運の強さも持ち合わせています。

 

斗宿さんの性格や運気、相性をもっと知りたい方は「斗宿: 宿曜占星術と九星気学・姓名でみる運気」をお読みになってください。

https://amzn.to/2yvfcjr

 

27の本命宿を人数でランキング!最も強い本命宿は? 

 

 

自分のことを知りたい!今の悩みやトラブルはどうなるのか?ということを知りたい方は、お問合せからご連絡ください。

お問合せ

 

鑑定のご依頼をお待ちしております。

 

また、LINEのお友達に「霊符ワークス(https://lin.ee/jUg7TVJ)」を登録していただくと、大変お得になります。

 

定額会員制なら、月々1,000円~。

気になることは即解決! 

定額会員制サービスへ

 

www.reifuworks.com Blog Feed

国友一貫斎の性格・運気・運勢とは? (日, 28 11月 2021)
>> 続きを読む

田中久重(からくり儀右衛門)の性格・運気・運勢とは? (Fri, 26 Nov 2021)
>> 続きを読む

日蓮の性格・運気・運勢とは? (Tue, 23 Nov 2021)
>> 続きを読む

最澄の性格・運気・運勢とは? (Tue, 23 Nov 2021)
>> 続きを読む

空海(弘法大師)の性格・運気・運勢とは? (Tue, 23 Nov 2021)
>> 続きを読む

もっと読みたい方は 開運ブログへ