安倍晋三首相3選で決まり?9月の自民党総裁選を占ってみた

自民党 総裁選 安倍晋三 石破茂 岸田文雄 野田聖子 小泉進次郎

安倍首相3選と言われていますが・・・

自民党の総裁選が9月20日ごろに行われるようです。

 

自民党の総裁といえば総理大臣なので、日本の代表を決める選挙となります。

 

現在のところ、安倍晋三首相、石破茂氏、野田聖子氏は出馬が予定されているようですが、ほかに岸田文雄氏が出馬するかも?という感じです。

 

今回は、9月の自民党総裁選で、いったい誰が総裁となるのか?を占ってみました。

 

姓名占いでみると野田聖子氏がリード?

今回占うのは、安倍晋三首相、石破茂氏、野田聖子氏、岸田文雄氏、小泉進次郎氏の5人です。

 

安倍晋三(6-10-10-3)総格29

 

石破茂(5-10-8)総格23

 

野田聖子(11-5-13-3)総格32

 

岸田文雄(8-5-4-12)総格29

 

小泉進次郎(3-9-11-6-9)総格38

 

年運でみると、石破茂氏と小泉進次郎氏が優勢ですが、9月の運気はどうなっているでしょうか?

 

 氏名 年運   7月 8月   9月 10月
 安倍晋三  断捨離  △  ✖  ✖
 石破茂  生産・賛同  ✖  ✖  〇
 野田聖子  負荷・悩み  ✖  △  〇 ✖ 
 岸田文雄  断捨離  △  ✖  〇  ✖
 小泉進次郎  評価・社交  ◎  ✖  〇

 

月運をみると、総裁選に有利な運気をもっているのは、安倍晋三首相、野田聖子氏、岸田文雄氏の3人になります。

 

このなかで年運が良いのは野田聖子氏ですから、野田聖子氏が一歩リードと言ったところでしょうか。

 

ただし、今年だけでなく来年以降の年運も考慮すると、野田聖子氏の来年は「障害の年」で、よくありません。

 

安倍晋三首相と岸田文雄氏のふたりにとって、来年は、これまでのことをリセットして新しいステージに移行するときになっています。

 

総裁になれば、総理大臣として活動するわけですから、国民としては、安倍晋三首相か岸田文雄氏に自民党総裁になってほしいところです。

 

九星気学でみると安倍晋三首相3選か?

九星気学で鑑定するために、本命星(行動)、月命星(こころ)、傾斜宮(隠れた性格)を一覧表にしてみました。

 

 

 氏名 本命星  月命星 傾斜宮  同じ星の首相経験者
 安倍晋三 一白水星 一白水星 九紫火星 なし
 石破茂 七赤金星 八白土星 四緑木星 黒田清隆/林銑十郎/齋藤實/西園寺公望
 野田聖子 四緑木星 二黒土星 七赤金星 なし
 岸田文雄 七赤金星 三碧木星 九紫火星 なし
 小泉進次郎 一白水星 七赤金星 八白土星 鳩山一郎

 

過去の首相経験者で、本命星・月命星・傾斜宮が同じ人物を参考までに書き入れてみました。

 

これだけ見ると、石破茂氏が総裁=総理大臣になることはなさそうに感じます。

 

4人も同じ星巡りの首相がいるのになぜか?といえば、黒田清隆、林銑十郎、齋藤實、西園寺公望といった人々は江戸時代末期から明治の生まれです。

 

総理大臣として活躍したのは、第二次世界大戦より前か、戦中です。

 

時代には気分というか、空気がありますから、そういう時代の総理大臣には、石破茂氏(7-8-4)と同じ九星を持った人物が適していたのだと思います。

 

そういう意味では、石破茂氏以外には可能性があるように見えます。

 

つぎに、九星気学で運気を見てみましょう。

 

 氏名 年運   7月 8月   9月 10月
 安倍晋三  実をつけるとき 変化変動
 石破茂 芽を出すとき 〇✖
 野田聖子 前厄・暗剣殺  ✖
 岸田文雄  芽を出すとき  〇✖
 小泉進次郎  実をつけるとき 変化変動

 

 

これらの運気は、本命星の位置によって出しています。

 

たとえば、石破茂氏と岸田文雄氏は、同じ七赤金星なので同じ運気になります。

 

野田聖子氏は、今年は前厄で暗剣殺ですから、総裁選に出ても周囲からさまざまな邪魔が入ります。

 

また来年は本厄で体調に変化があり、精神的にも変化を求めるようになります。

 

特筆しなければならないのは、安倍晋三首相と小泉進次郎氏の一白水星です。

 

一白水星は、今年の9月には北東に入り、変化変動のときとなります。

 

好調から暗転するときでもあるのですが、9月の北東には、天道と天徳がついています。

 

天道と天徳は、凶を吉に変える働きを持つ吉神です。

 

さらに、10月にも一白水星が位置する南に天道と天徳がついています。

 

つまり、変化変動で運気が暗転する兆しを見せているにもかかわらず、天道と天徳が吉へと導くというわけです。

 

安倍晋三首相の周辺には、九星気学のアドバイザーがいるに違いありません。

 

ここまで見てきて、総裁選は安倍晋三首相が3選されるか、小泉進次郎氏にも芽があることがわかります。

 

歴代の総理大臣が持つ九星からみると

歴代の総理大臣経験者を九星でみると、本命星・月命星・傾斜宮のどれかに、四緑木星(49%)、一白水星(42%)、九紫火星(37%)のいずれか2つ以上を持っていれば、総理大臣になる可能性が高いと思われるのです。

 

⇒ 九星気学と宿曜で見る歴代総理大臣とは?小泉進次郎さんはどうなる?

 

しかし、先ほども書きましたが時代には空気というか気分があります。

 

そこで、田中角栄元首相以降の総理大臣経験者24名で見直してみました。

 

すると、本命星は九紫火星が圧倒的に多く、23人中8人でした。

 

月命星は九星がばらついていましたが、傾斜宮は一白水星が多く、23人中7人もいました。

 

つまり、本命星が九紫火星、傾斜宮が一白水星という人物が、現在の日本では求められやすいと考えられます。

 

念のために、本命星・月命星・傾斜宮すべてで集計してみると、九紫火星13個、一白水星13個、三碧木星・四緑木星・七赤金星・八白土星がそれぞれ7個でした。

 

安倍晋三首相(1-1-9)は、現在の日本で求められる九星ですから、かなり再選の可能性が高いと言えるでしょう。

 

宿曜占星術でみると・・・

安倍晋三【張宿】

張宿さんは、好奇心が旺盛で、目新しいものに興味を持ちます。 

 

知識欲もあり、物知りな人が多いという資質を持っています。 

 

張宿さんは、吉凶が極端に出るという運勢を持っています。 

 

良い資質が全面に出ている吉の張宿さんは、どのような環境にあっても努力によって開運しますが、人生の後半には波乱が待っているため、悩みを抱えやすい傾向がみられます。

 

2018年は、張宿にとって「業」の年です。

 

石破茂【胃宿】

小泉進次郎【胃宿】

古来、反逆・謀反の星と考えられ、剛毅と鋭敏な神経を兼ね備えた、強烈な性格の人が多いようです。

 

内心の激しい葛藤は、穏やかで陽気な表面に隠され、周囲が気づくことはありません。

 

しかし、胃宿さんには敵も多く、味方も多いという複雑さがあります。

 

依頼心が薄く、他人の世話になるより、自分の力で切り開きます。

 

それだけに、他人の甘えた姿勢には我慢ならず、甘えた人物には厳しい姿勢で臨みます。

 

2018年は、胃宿にとって「命」の年です。

 

野田聖子【虚宿】

虚宿さんは、いろいろと悩みを抱えやすい人が多い傾向があります。 

 

吉の虚宿さんは、目上の人にかわいがられ、引き立てられるため、若くして高い地位に上る場合があります。

 

勝負運も直観力も強いので、ビジネスで成功する人も多いのですが、虚宿さんは考えが狭くなりがちという一面があります。 

 

しかも、プライドが高く、自分が一番と思っているにもかかわらず、自分は劣っているという劣等感の両方を持ちあわせていて、精神的にアンバランスになりやすいという資質を持っています。

 

自分のことを信じ切ることができないのかもしれませんし、どうしても他人と比較してしまうというクセがあるのかもしれません。

 

 

2018年は、虚宿にとって「安」の年です。

 

岸田文雄【軫宿】

軫宿さんも、悩みの多いタイプの本命宿です。 

 

自我が強く、自分の行動に対して納得できないと行動も伴わないという資質を持っています。 

 

周囲の人は抵抗なく妥協できることも、軫宿さんにはできないのです。

 

そのため、自己主張が強く、柔軟性のない人物とみられがちで、社会にでると摩擦も増え、ストレスも強まります。

 

宗教的なことに関心が高いのも、軫宿さんの性質です。

 

2018年は、軫宿にとって「衰」の年です。

 

 氏名 年運   7月 8月   9月 10月
 安倍晋三
 石破茂
 野田聖子  ✖
 岸田文雄  〇
 小泉進次郎

 

おもしろい点は、安倍晋三首相から見て、石破茂氏、小泉進次郎氏が【胎】。

 

石破茂氏、小泉進次郎氏からみて安倍晋三首相は【業】。

 

つまり、前世・現世・来世において関係があるという間柄なのです。

 

しかも、年運が【業】や【命】ですから、人生に大きな影響を与えるようなことが起こってもおかしくない運気です。

 

ちなみに、西郷隆盛も、石破茂氏、小泉進次郎氏と同じ胃宿です。

 

胃宿は【命】の年ですが、そんな年に大河ドラマ化されるなんて、なんという奇遇なのかと驚いたんですよ。

 

⇒ 西郷隆盛の人間関係を九星気学と宿曜占星術で見てみると

 

総合的に判断すると、やっぱり安倍晋三首相に軍配あがる?

これまで、姓名占い、九星気学、宿曜占星術でみてきた内容を総合的に判断すると、安倍晋三首相の3選は固いようです。

 

よほどのことがなければ、総裁選で落選ということはなさそうな運気です。

 

 

総裁選と言えば、戦国時代なら合戦です。

 

合戦のまえに、武将たちは戦勝祈願をしたり、おみくじを引いたり、方位や日時で吉凶を占ったのです。

 

先ほども書いた通り、安倍晋三首相には九星気学のアドバイザーがいそうなので、総裁選直前の外国訪問によって、さらにパワーを得ようとしている可能性が高いです。

 

吉方位に移動することで運気を上げるのは、九星気学では当たり前のことだからです。

 

安倍晋三首相の訪問先に、これからは目が行きそうです。

 

www.reifuworks.com Blog Feed

ノーベル賞受賞者はどんな人? (日, 14 10月 2018)
>> 続きを読む

富田林署から逃走!自転車日本一周を装って逃げていた樋田淳也容疑者とは? (木, 11 10月 2018)
>> 続きを読む

スペースXのイーロン・マスク氏とZOZO前澤友作さんは最高の相性! (水, 10 10月 2018)
>> 続きを読む

樹木希林さんの発言が素晴らしいのは觜宿だから? (水, 03 10月 2018)
>> 続きを読む

大谷翔平選手大活躍!生まれながらの強運の持ち主かも? (火, 02 10月 2018)
>> 続きを読む



もっと読みたい方は 開運ブログへ 


友だち追加