· 

紀平梨花選手の2019年の運気・運勢を占ってみると

紀平梨花選手の2019年の運気・運勢を占ってみると

ジャパンオープンで3位の紀平梨花選手

こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。  

 

アレクサンドラ・トゥルソワ選手が、驚異の160.53点で1位になったジャパンオープンで、144.76点で3位となった紀平梨花選手。

 

突然の新女王降臨で、期待の紀平梨花選手がまさかの3位とは。

 

シーズンもはじまりましたので、今シーズンの紀平梨花選手の運気を調べてみましょう。

 

⇒ 絶好調の紀平梨花選手は世界選手権で勝てるか?

 

ちなみに、紀平梨花選手は七赤金星生まれなのですが、ライバルのアリーナ・ザギトワ選手、ソフィア・サモドゥロワ選手も同じく七赤金星生まれなので、この3人の運気はほぼ同じといえます。 

 

九星気学でみる紀平梨花選手の運気は?

■2019年9月(9月8日~10月7日)

紀平梨花選手の2019年の運気・運勢を占ってみると

 

2019年は、紀平梨花選手の七赤金星は東南にあり、運気は旺盛ですが、歳破がついており、とかく思うようにならない状況に見舞われます。

 

巳に破がついているので、10月以降は、とくに歳破の影響が出やすいという運気です。

 

七赤金星の定位には一白水星が回座しているため、困難な状況に陥るという暗示があります。

 

月盤では、七赤金星は北東にあり、変化変動です。

 

年盤の二黒土星に回座しているので、暗剣殺の影響を受けます。

 

暗剣殺は、他動的な破壊性を意味し、外部から災厄がもたらされる暗示です。

 

紀平梨花選手にとっては、アレクサンドラ・トゥルソワ選手という怪物の登場という形になって、現れたのではないでしょうか。

 

⇒ アレクサンドラ・トゥルソワ選手の2019年の運気・運勢を占ってみると

 

■2019年10月(10月8日~11月7日)

紀平梨花選手の2019年の運気・運勢を占ってみると

 

2019年10月は、七赤金星は南にあり、前厄です。

 

前厄のときは陽のあたるときであり、世間の注目を集めるときとなります。

 

年盤の三碧木星に回座しているので、「飛ぶ」「足」という象意があるので、ジャンプ転倒で捻挫やアキレス腱を痛める可能性があります。

 

紀平梨花選手は、9月に左足首をひねってしまって万全ではないようですので、とくに足の怪我には注意してほしい運気となっています。

 

また、年盤の七赤金星には月盤の二黒土星が回座しているので、「迷い」「他力本願」という象意が現れやすいと言えるでしょう。

 

■2019年11月(11月8日~12月7日)

紀平梨花選手の2019年の運気・運勢を占ってみると

 

2019年11月は、七赤金星は北にあり、本厄です。

 

年盤の七赤金星には月盤の一白水星が回座し、困難な状況となる暗示があります。

 

月盤の七赤金星は、年盤の四緑木星に回座しているので、準備してきたことをお披露目する暗示もあります。

 

紀平梨花選手にとっては、あまり良くない運気と言えます。

 

■2019年11月22日 女子ショートプログラム

紀平梨花選手の2019年の運気・運勢を占ってみると
女子ショートプログラムの日

 

NHK杯・女子ショートプログラムの日の九星盤を見てみると、日盤では七赤金星は南西にあり、後厄です。

 

年盤の五黄土星、月盤の八白土星に、日盤の七赤金星が回座しているので、自滅的な出来事によって変化変動するという暗示です。

 

年盤の七赤金星には、月盤の一白水星と日盤の九紫火星が回座しているので、トラブルや下半身の怪我などで、世間の注目を集める暗示です。 

 

■2019年11月23日 女子フリー

紀平梨花選手の2019年の運気・運勢を占ってみると
女子フリーの日

 

羽生結弦選手の運気のときにも書きましたが、なぜかNHK杯の日程は、まったく同じ日盤になります。

 

11月22日と23日の日盤が同じなので、11月23日が陽遁はじめで、九星の動きが変わるタイミングだからです。 

 

⇒ 羽生結弦選手の2019年の運気・運勢を占ってみると

 

なので、ショートプログラムが悪くても、フリーで挽回というストーリーは描きにくいのです。

 

紀平梨花選手とともにNHK杯に出場するアリーナ・ザギトワ選手は、ともに七赤金星生まれですが、月命星と傾斜宮が異なります。

 

紀平梨花選手は、

 

本命星:七赤金星

月命星:三碧木星

傾斜宮:九紫火星

 

ですから、月命星の三碧木星(精神)をみると、不安定・弱気になりやすい運気であり、迷いが出やすいといえます。

 

一方のアリーナ・ザギトワ選手は、

 

本命星:七赤金星

月命星:五黄土星

傾斜宮:七赤金星

 

なので、月命星の五黄土星をみると、精神的にはアリーナ・ザギトワ選手のほうが晴れ晴れとしていて、強気です。

 

NHK杯は、アリーナ・ザギトワ選手のほうが有利かもしれませんね。

 

■2019年12月(12月8日~2020年1月5日)

紀平梨花選手の2019年の運気・運勢を占ってみると

 

2019年12月は、七赤金星は南西にあり、後厄です。

 

年盤の五黄土星に月盤の七赤金星が回座しているので、自滅、極端な結果となる暗示です。

 

また、年盤の七赤金星に月盤の九紫火星が回座しているので、世間の注目をあつめるる暗示もあります。

 

大怪我、または慶び事という、相反するようなことが起こりやすい運気です。

 

■2020年1月(2020年1月6日~2020年2月3日)

紀平梨花選手の2019年の運気・運勢を占ってみると

 

2020年1月は、七赤金星は東にあり、運気は上昇に転じます。

 

年盤の七赤金星には月盤の八白土星が回座しているので、変化変動の暗示があります。

 

紀平梨花選手にとって、この時期の大会では納得の結果を得られるのかもしれません。

 

■2020年2月(2020年2月4日~2020年3月4日)

紀平梨花選手の2019年の運気・運勢を占ってみると

 

2020年は、七赤金星中宮年であり、紀平梨花選手にとっては花が咲くときです。

 

中宮のときは、吉凶混合運なので、良いことも悪いことも極端な形となって現れます。

 

2020年2月の月盤では、七赤金星は東南にあり、運気は旺盛です。

 

さらに、年盤の七赤金星には月盤の八白土星が回座しているので、変化変動の暗示があります。

 

まさかの4回転ジャンプを披露するのかもしれません。

 

■2020年3月(2020年3月5日~2020年4月3日)

紀平梨花選手の2019年の運気・運勢を占ってみると

 

2020年3月は、年盤と月盤が同じになります。

 

七赤金星は、年盤・月盤ともに中宮にあり、花が咲くときです。

 

今シーズン前半は、思わしくなかった成績になるかもしれませんが、有終の美をかざる結果となりそうです。

 

くれぐれも怪我には注意してください。

 

フィギュアスケート選手の2019年の運気は、以下にも書いてありますので、こちらもご覧になってください。

 

⇒ 羽生結弦選手の2019年の運気・運勢を占ってみると

⇒ コーチ不在!?宇野昌磨選手の2019年シーズンを占ってみると

⇒ ネイサン・チェン選手の2019年の運気・運勢を占ってみると

⇒ 島田高志郎選手の性格・運気・運勢を占ってみると

⇒ アレクサンドラ・トゥルソワ選手の2019年の運気・運勢を占ってみると

 

 

自分のことを知りたい!今の悩みやトラブルはどうなるのか?ということを知りたい方は、お問合せからご連絡ください。

お問合せ 

 

定額会員制なら、月々1,000円~。

気になることは即解決! 

定額会員制サービスへ

 

www.reifuworks.com Blog Feed

アリョーナ・コストルナヤ選手の2019年の運気・運勢を占ってみると (火, 15 10月 2019)
>> 続きを読む

紀平梨花選手の2019年の運気・運勢を占ってみると (Tue, 08 Oct 2019)
>> 続きを読む

羽生結弦選手の2019年の運気・運勢を占ってみると (Mon, 07 Oct 2019)
>> 続きを読む

ネイサン・チェン選手の2019年の運気・運勢を占ってみると (Sun, 06 Oct 2019)
>> 続きを読む

アレクサンドラ・トゥルソワ選手の2019年の運気・運勢を占ってみると (Sun, 06 Oct 2019)
>> 続きを読む


もっと読みたい方は 開運ブログへ 


友だち追加