· 

源頼朝の性格・運気・運勢は?

源頼朝の性格・運気・運勢は?

武家政権を確立した鎌倉幕府の初代征夷大将軍

こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。   

 

河内源氏の源義朝の三男として生まれ、父の義朝が平治の乱で敗れると、平清盛によって伊豆国へ流された源頼朝。

 

処刑されなかったのは、それだけ運勢が強いからなのかもしれません。

 

源頼朝について調べてみました。

 

⇒ 平清盛の性格・運気・運勢は?

 

 

源頼朝を九星気学で占ってみると?

■源頼朝(7-5-7)

源頼朝は、久安3年4月8日(1147年5月16日)生まれ。

 

本命星:七赤金星

月命星:五黄土星

傾斜宮:七赤金星

 

源頼朝は、本命星と傾斜宮の七赤金星が、月命星の五黄土星からエネルギーを与えられている相生の関係です。

 

七赤金星は、カンが良く、にぎやかで楽しいことが好きで、しかも説得力のある発言をするタイプです。

 

負けず嫌いで自己顕示欲も強いので、他人から軽視されることを最も嫌います。

 

しかし、七赤金星は不足や不十分、不満を持ちやすいため、何をやっても満足しないという困った状態に陥りやすいく、実行力に欠け、口だけとなりがち。

 

 

この星回りは、七赤金星を2つも持っているので、七赤金星の良い面も悪い面も2倍以上になってしまう傾向があります。

 

五黄土星は、物欲の星であり、一か八かの選択をしやすい性質をもっています。

 

意志の強さが五黄土星の持ち味ですが、この五黄土星から七赤金星にエネルギーが流れているので、わかってやっている確信犯といえそうです。

 

九星気学で性格や運気を知りたい方は、「九星気学 本命星・月命星・傾斜宮でみる運勢 歴史上の人物と著名人」をお読みになってください。

https://amzn.to/2CPyL4F

 

⇒ 【七赤金星】最も運気が強いのは?本命星・月命星・傾斜宮の組合せは?

 

源頼朝の運気を九星気学でみてみると

■1159年 蔵人

源頼朝の性格・運気・運勢は?

1159年は四緑木星中宮年で、七赤金星は北東にあり、変化変動です。

 

七赤金星の定位には六白金星が回座し、目上のサポートがある暗示があります。

 

源頼朝は、上西門院蔵人から、さらに蔵人に補任されますが、平治の乱で父・義朝が敗れると、役職を解任されます。

 

また、平治の乱では、源頼朝も処刑されるはずでしたが、平清盛の継母・池禅尼の嘆願で助命されています。

 


■1160年 伊豆へ配流

源頼朝の性格・運気・運勢は?

1160年は三碧木星中宮年で、七赤金星は南にあり、前厄です。

 

前厄のときは陽の当たるときであり、良くも悪くも注目される暗示があります。

 

源頼朝は、伊豆国へ配流となります。

 


■1180年 以仁王令旨を受け平氏討伐へ

源頼朝の性格・運気・運勢は?

1180年は一白水星中宮年で、七赤金星は南西にあり、後厄です。

 

七赤金星の定位には三碧木星が回座し、開拓・奮起の暗示があります。

 

源頼朝は、以仁王の令旨を受けて、平氏討伐へ乗り出します。

 

また、坂東平定も行い、鎌倉へ入ります。

 

 


■1185年 壇ノ浦の戦いで平氏滅亡

源頼朝の性格・運気・運勢は?

1185年は五黄土星中宮年で、七赤金星は定位にもどって西にあり、収穫のときです。

 

定位に戻ったときは、新しいステージに移行するとき。

 

源頼朝が率いる源氏は、壇ノ浦の戦いにおいて平氏を滅亡させます。

 

また、頼朝に対し、文治の勅許が与えられ、諸国への守護・地頭職の設置・任免の許可を得ます。

 


■1189年 奥州藤原氏滅亡

源頼朝の性格・運気・運勢は?

1189年は一白水星中宮年で、七赤金星は南西にあり、後厄です。

 

七赤金星の定位には三碧木星が回座し、開拓・奮起の暗示があります。

 

源頼朝は、奥州合戦にのぞみ、奥州藤原氏を滅亡させます。

 


■1192年 征夷大将軍

源頼朝の性格・運気・運勢は?

1192年は七赤金星中宮年で、花が咲くときです。

 

七赤金星の定位には九紫火星が回座し、良くも悪くも注目をあつめる暗示があります。

 

源頼朝は、征夷大将軍になり、名実ともに鎌倉幕府の初代将軍となります。

 


■1199年2月16日 死去

源頼朝の性格・運気・運勢は?

 

源頼朝は、1199年2月16日に、亡くなります。

 

この日の九星盤をみると、年盤では七赤金星が東に出て、運気は上昇に転じますが、定位対冲なので、運命の歯車が大きく動くときです。

 

月盤では、七赤金星は西にあり、年盤の七赤金星とは対冲となるため、波乱含みの運気です。

 

月盤の七赤金星には、日盤の六白金星が回座し、天に召される暗示があります。

 

源頼朝は、死の3週間ほど前に落馬し、それが原因で亡くなったと考えられるそうです。

 

この日の九星盤をみると、大きなうねりが予想される運気ですので、極端な結果が出てしまって、亡くなったのではないでしょうか。

 

源頼朝を宿曜占星術で占ってみると?

■源頼朝【心宿】

宿曜占星術では、源頼朝は心宿の生まれです。    

 

 

心宿は、人々から敬愛され、人気者になる資質をもった本命宿です。

 

心宿さんは、頭の回転がよく、他人の心をつかんで対処していくという才能があります。

 

しかし、心宿さんは純粋な精神と深い洞察力をもっているためか、他人には話せない悩みや孤独は、根深いものがあります。

 

心宿さんは、ひとりの体に、何人もの人間を宿しているかのような複雑さがあり、善人なのか悪人なのか、自分でも図りかねるところがあります。

 

心宿さんの性格や運気、相性をもっと知りたい方は「心宿: 宿曜占星術と九星気学・姓名でみる運気」をお読みになってください。

https://amzn.to/2BIeW2F

 

27の本命宿を人数でランキング!最も強い本命宿は?

 

 

自分のことを知りたい!今の悩みやトラブルはどうなるのか?ということを知りたい方は、お問合せからご連絡ください。

お問合せ 

 

定額会員制なら、月々1,000円~。

気になることは即解決! 

定額会員制サービスへ

 

www.reifuworks.com Blog Feed

孫権の性格・運気・運勢は? (金, 07 8月 2020)
>> 続きを読む

鄧小平の性格・運気・運勢は? (Thu, 06 Aug 2020)
>> 続きを読む

毛沢東の性格・運気・運勢は? (Thu, 06 Aug 2020)
>> 続きを読む

ピーテル・パウル・ルーベンスの性格・運気・運勢は? (Sat, 01 Aug 2020)
>> 続きを読む

後白河天皇の性格・運気・運勢は? (Thu, 30 Jul 2020)
>> 続きを読む

もっと読みたい方は 開運ブログへ