· 

のん(能年玲奈)さんの性格・運気・運勢を占ってみると

のん(能年玲奈)さんの性格・運気・運勢を占ってみると

本名の「能年玲奈」を使えないのんさん

こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。

 

朝ドラ『あまちゃん』で一世を風靡した能年玲奈さんでしたが、その後、事務所との契約トラブルで、本名なのに「能年玲奈」名義を使えなくなってしまいました。

 

しかし、「のん」として、着実に芸能の世界で生き抜いています。

 

とくに、映画『この世界の片隅に』では、のんさんにしか出せない雰囲気が、映画の世界観を作っていました。

 

とても才能のある女優さんだと思います。

 

それだけにナゼ?という疑問を拭いきれないので、調べてみました。

 

⇒ 朝ドラ主演116人を九星気学と宿曜占星術で見てみると?共通点は?

 

九星気学でみるのん(能年玲奈)さんとは?

■のん(能年玲奈)さん(7-3-9)

のん(能年玲奈)さんは、1980年8月19日生まれ。

 

本命星:七赤金星

月命星:三碧木星

傾斜宮:九紫火星

 

のん(能年玲奈)さんは、本命星の七赤金星は、月命星の三碧木星を剋し(金剋木)、傾斜宮の九紫火星は七赤金星を剋し(火剋金)ているという、相剋の関係です。

 

ただし、月命星の三碧木星は傾斜宮の九紫火星にエネルギーを与えているので、気持ちとは裏腹な行動に出てしまいがちということかもしれません。

 

七赤金星は経済をあらわす星であることから、贅沢で浪費家な人が多いように思われがちですが、七赤金星の本質は、負けず嫌いで批判力があることなのです。

 

弁舌がたち、言葉が鋭いため、影響力を持ちます。

 

また、月命星の三碧木星は、コミュニケーション能力の高さを示していますが、七赤金星のもつ批判力を加速させてしまうことも。

 

言動には注意して、周囲の人から孤立しないようにすることが大事です。

 

九星気学で性格や運気を知りたい方は、「九星気学 本命星・月命星・傾斜宮でみる運勢 歴史上の人物と著名人」をお読みになってください。

https://amzn.to/34c38Py

 

九星気学でみるのん(能年玲奈)さんの運気とは?

■2006年 ニコラモデルオーディションでグランプリを獲得

のん(能年玲奈)さんの性格・運気・運勢を占ってみると

2006年は三碧木星中宮月で、七赤金星は南にあり、前厄です。

 

前厄のときは陽があたるときです。

 

のん(能年玲奈)さんは、ニコラモデルオーディションに応募し、グランプリを獲得します。

 

しかし、七赤金星の定位には五黄土星が位置していますので、自滅の暗示があります。

 

極端なほどに良いことも悪いこともある暗示でもあるので、このときの判断に、その後の騒動の種があったのかもしれません。

 


■2012年 報知映画賞 新人賞

のん(能年玲奈)さんの性格・運気・運勢を占ってみると

2012年は六白金星中宮年で、七赤金星は北西にあり、実をつけるときですが、歳破がついていますので、計画の頓挫などが起こりやすいときでした。

 

のん(能年玲奈)さんは、映画『カラスの親指』で報知映画賞 新人賞を受賞します。

 


■2013年 朝ドラ『あまちゃん』

のん(能年玲奈)さんの性格・運気・運勢を占ってみると

2013年は五黄土星中宮年で、七赤金星は定位に戻り、西にあり収穫のときです。

 

朝ドラ『あまちゃん』に主演し、日本中から愛されるキャラクターとなりました。

 

七赤金星が定位に戻るときは、大きな変化が起こるときです。

 

あまちゃん』で、東京ドラマアウォード主演女優賞、ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演女優賞を受賞。

 

また「じぇじぇじぇ」は2013年新語・流行語大賞の年間大賞を受賞します。

 

のん(能年玲奈)さんが、これを受けて変化したことは間違いなさそうです。

 


■2015年 事務所独立騒動

のん(能年玲奈)さんの性格・運気・運勢を占ってみると

2015年は三碧木星中宮年で、七赤金星は南にあり、前厄です。

 

2006年の九星盤と同じです。

 

前厄のときは陽のあたるときですが、文書関係のトラブルにも遭いやすいとき。

 

事務所との契約をめぐって争いが起こったのは、所属を決めた2006年に原因を求めることができます。

 

七赤金星が南にあるとき、七赤金星の定位には五黄土星が回座しますので、なにかしら自滅的なことが起こる暗示がつきまとうためです。

 


■2016年 『この世界の片隅に』

のん(能年玲奈)さんの性格・運気・運勢を占ってみると

2016年は二黒土星中宮年で、七赤金星は北にあり、本厄です。

 

体調面では不調なこともあったかもしれませんが、「のん」としての仕事がととのった年です。

 

改名後の初仕事とも言える、映画『この世界の片隅に』では、ヨコハマ映画祭審査員特別賞、高崎映画祭ホリゾント賞、日本インターネット映画大賞主演女優賞およびベストインパクト賞、全国映連賞女優賞、声優アワード特別賞などの各賞を受賞します。

 


■2019年 運気旺盛

のん(能年玲奈)さんの性格・運気・運勢を占ってみると

2019年は八白土星中宮年で、七赤金星は東南にあり、運気は旺盛ですが、歳破がついていますから、9月頃から、好調だった運気に乱れが生じるでしょう。

   


■2020年 花が咲くとき

のん(能年玲奈)さんの性格・運気・運勢を占ってみると

2020年は七赤金星中宮年で、花が咲くときです。

 

七赤金星の定位には九紫火星が位置していますから、事務所独立騒動が決着して、のんさんから、能年玲奈さんに戻ることができるのかもしれませんね。

 

ただし、中宮のときは吉凶混合運なので、要注意のときです。

 


宿曜占星術でみるのん(能年玲奈)さんとは?

■のん(能年玲奈)さん【胃宿】

宿曜占星術では、のん(能年玲奈)さんは胃宿の生まれです。   

 

胃宿は、古来、反逆・謀反の星と考えられている本命宿です。

 

剛毅と鋭敏な神経を兼ね備えた、強烈な性格の人が多く、人生の最初から、過酷な試練に直面することがあります。

 

胃宿さんは、思いがけない苦労や災難が降りかかり、波乱含みの人生となりやすいのですが、それを跳ね返す力も授けられているという、パワーのある本命宿でもあります。

 

のん(能年玲奈)さんのイメージからは想像もつきませんが、胃宿さんには、アクが強い個性派が多く、気に入らないことがあるとそっぽをむき、ふてぶてしい態度をとったりする資質を持っています。

 

また皮肉っぽい言動もしやすいのが胃宿の資質なのですが、のん(能年玲奈)さんが七赤金星生まれでもあり、この資質が押し上げられていると考えられます。

 

のん(能年玲奈)さんは、実は、皮肉屋なのかもしれません。

 

胃宿さんの性格や運気、相性をもっと知りたい方は「胃宿: 宿曜占星術と九星気学・姓名でみる運気」を読みになってください。

↓ 

https://amzn.to/2ZK1MfO

 

27の本命宿それぞれの2019年の運気は、以下のブログをお読みになってください。

 

⇒ 宿曜占星術 27宿の2019年の運気は?

 

 

自分のことを知りたい!今の悩みやトラブルはどうなるのか?ということを知りたい方は、お問合せからご連絡ください。

お問合せ 

 

定額会員制なら、月々1,000円~。

気になることは即解決! 

定額会員制サービスへ

 

www.reifuworks.com Blog Feed

成田凌さんの性格・運気・運勢を占ってみると (月, 16 9月 2019)
>> 続きを読む

ZOZO売却!前澤友作さんの性格・運気・運勢を占ってみると (Thu, 12 Sep 2019)
>> 続きを読む

新一万円札の渋沢栄一とは?性格・運気・運勢を占ってみると (Tue, 10 Sep 2019)
>> 続きを読む

吉沢亮さんの性格・運気・運勢を占ってみると (Tue, 10 Sep 2019)
>> 続きを読む

東村アキコさんの性格・運気・運勢を占ってみると (Mon, 09 Sep 2019)
>> 続きを読む

もっと読みたい方は 開運ブログへ 

友だち追加