· 

ピーテル・パウル・ルーベンスの性格・運気・運勢は?

ピーテル・パウル・ルーベンスの性格・運気・運勢は?

画家であり、7カ国語を話す外交官

こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。 

 

ピーテル・パウル・ルーベンスは、画家として知られていますが、外交官としても活躍して、スペイン王フェリペ4世とイングランド王チャールズ1世からナイトに叙爵されています。

 

さらに、古典的知識を持つ人文主義学者、美術品収集家でもあったそうです。

 

ピーテル・パウル・ルーベンスについて調べてみました。

 

ピーテル・パウル・ルーベンスを九星気学で占ってみると?

■ピーテル・パウル・ルーベンス(9-9-1)

ピーテル・パウル・ルーベンスは、1577年6月28日生まれ。

 

本命星:九紫火星

月命星:九紫火星

傾斜宮:一白水星

 

ピーテル・パウル・ルーベンスは、本命星と月命星が同じ九紫火星で一致していますが、傾斜宮の一白水星とは水剋火(水は火を消す)という相剋の関係です。

 

理性的な判断と行動が一致しているので、普段は疑問を感じませんが、ときおり「本当にこれでよかったのだろうか」と考えてしまうタイプです。

 

九紫火星は、頭脳明晰で美的感覚にすぐれ、先進性もあわせ持つ、どちらかと言えばひらめきタイプが多い星です。

 

表現力が豊かで、交際上手ですが、派手好きで、熱しやすく冷めやすい性質をもっているため、交友関係が広い割に、深くつきあう親友は少ないと言えるでしょう。

 

また、対抗意識が強いために極端な行動に出やすいところも。

 

傾斜宮の一白水星は、表面的には従順に見えていて、頑固で思い切った行動にでやすい性質を持っていますので、アイデア豊富な九紫火星に、かえってエネルギーを与えていたかもしれません。

 

九星気学で性格や運気を知りたい方は、「九星気学 本命星・月命星・傾斜宮でみる運勢 歴史上の人物と著名人」をお読みになってください。

https://amzn.to/2CPyL4F

 

⇒ 【九紫火星】最も運気が強いのは?本命星・月命星・傾斜宮の組合せは?

 

ピーテル・パウル・ルーベンスの運気を九星気学でみてみると

■1600年 マントヴァ公ヴィンチェンツォ1世・ゴンザーガが金銭的援助

ピーテル・パウル・ルーベンスの性格・運気・運勢は?

1600年は四禄木星中宮年で、九紫火星は北にあり本厄、そして定位対冲です。

 

定位対冲のときは、運命の歯車が大きく動くときです。

 

九紫火星の定位には八白土星が回座し、変化変動の暗示があります。

 

ピーテル・パウル・ルーベンスは、マントヴァ公ヴィンチェンツォ1世・ゴンザーガの宮廷に迎えられます。

 


■1603年 外交官としてスペインへ

ピーテル・パウル・ルーベンスの性格・運気・運勢は?

1603年は五黄土星中宮年で、九紫火星は定位に戻って南にあり、前厄です。

 

定位に戻ったときは、新しいステージに移行するとき。

 

ピーテル・パウル・ルーベンスは、マントヴァ公の外交官として、スペインを訪れます。

 


■1609年 スペイン領ネーデルラント君主の宮廷画家に

ピーテル・パウル・ルーベンスの性格・運気・運勢は?

1609年は四緑木星中宮年で、九紫火星は北にあり本厄ですが、定位対冲です。

 

定位対冲のときは、運命の歯車が大きく動くときです。

 

九紫火星の定位には八白土星が回座し、変化変動の暗示があります。

 

ピーテル・パウル・ルーベンスは、スペイン領ネーデルラント君主の宮廷画家となり、アントウェルペンに工房を設置することを特別に許可されます。

 

 


■1621年 『マリー・ド・メディシスの生涯』

ピーテル・パウル・ルーベンスの性格・運気・運勢は?

1621年は一白水星中宮年で、九紫火星は東南にあり、運気は旺盛です。

 

九紫火星の定位には五黄土星が回座し、何事も極端になりやすく、五黄殺(自滅)の暗示があります。

 

ピーテル・パウル・ルーベンスは、フランス王太后マリー・ド・メディシスから、連作絵画2組の制作を依頼されます。

 

24点の絵画からなる『マリー・ド・メディシスの生涯』の、1組目の連作が完成したのは1625年のことです。

 


■1624年 スペイン王フェリペ4世から叙爵

ピーテル・パウル・ルーベンスの性格・運気・運勢は?

1624年は七赤金星中宮年で、九紫火星は西にあり収穫のときですが、暗剣殺です。

 

九紫火星の定位には二黒土星が回座し、受け身の暗示があります。

 

ピーテル・パウル・ルーベンスは、スペイン王フェリペ4世からナイト爵を授かります。

 


■1630年 イングランド王チャールズ1世から叙爵

ピーテル・パウル・ルーベンスの性格・運気・運勢は?

1630年は一白水星中宮年で、九紫火星は東南にあり、運気は旺盛です。

 

九紫火星の定位には五黄土星が回座し、何事も極端になりやすく、五黄殺(自滅)の暗示があります。

 

ピーテル・パウル・ルーベンスは、イングランド王チャールズ1世からナイト爵を授かります。

 

また、この年、16歳のエレーヌ・フールマンと再婚し、エレーヌをモデルとした作品を多く残します。

 


■1640年5月30日 死去

ピーテル・パウル・ルーベンスの性格・運気・運勢は?

 

ピーテル・パウル・ルーベンスは、1640年5月30日に亡くなります。

 

残された子どものなかには、生後8ヶ月の乳児がいたそうです。

 

この日の九星盤をみると、年盤では九紫火星は中宮にあり、「命厄」です。

 

九紫火星の定位には四禄木星が回座し、遠方の暗示があります。

 

月盤では、九紫火星は東に出て、運気は上昇に転じます。

 

年盤の九紫火星には、月盤の二黒土星が回座し、女性・受け身の暗示があります。

 

月盤の九紫火星には、日盤の五黄土星が回座し、五黄殺(自滅)の暗示があります。

 

ピーテル・パウル・ルーベンスは、慢性の痛風を患い、心不全で亡くなりました。

 

まだまだ長生きしたかったのではないでしょうか。 

 

ピーテル・パウル・ルーベンスを宿曜占星術で占ってみると?

■ピーテル・パウル・ルーベンス【箕宿】

宿曜占星術では、ピーテル・パウル・ルーベンスは箕宿の生まれです。   

 

箕宿は、商売や企業経営がうまく、辛抱強い本命宿です。

 

箕宿さんは、旅行運、海外運があるため、他国で成功する可能性があるのですが、ピーテル・パウル・ルーベンスが外交官として活躍し、叙爵されたのは、箕宿さんの性質によるもののようです。

 

箕宿さんは、商才があるので、起業したり、フリーランスで生きるほうが性にあっています。

 

ピーテル・パウル・ルーベンスの工房は、ヨーロッパ中から制作依頼を受けていましたが、これも箕宿さんの性質によるところが大きそうです。

 

箕宿さんの性格や運気、相性をもっと知りたい方は「箕宿: 宿曜占星術と九星気学・姓名でみる運気」をお読みになってください。

https://amzn.to/3hYPZ2i

 

27の本命宿を人数でランキング!最も強い本命宿は?

 

 

自分のことを知りたい!今の悩みやトラブルはどうなるのか?ということを知りたい方は、お問合せからご連絡ください。

お問合せ 

 

定額会員制なら、月々1,000円~。

気になることは即解決! 

定額会員制サービスへ

 

www.reifuworks.com Blog Feed

ピーテル・パウル・ルーベンスの性格・運気・運勢は? (土, 01 8月 2020)
>> 続きを読む

後白河天皇の性格・運気・運勢は? (Thu, 30 Jul 2020)
>> 続きを読む

平清盛の性格・運気・運勢は? (Thu, 30 Jul 2020)
>> 続きを読む

徳川家慶の性格・運気・運勢は? (Tue, 21 Jul 2020)
>> 続きを読む

徳川家光の性格・運気・運勢は? (Sat, 11 Jul 2020)
>> 続きを読む

もっと読みたい方は 開運ブログへ