· 

始皇帝について調べてみたら?性格・運気・運勢とは?

始皇帝について調べてみたら?性格・運気・運勢とは?

紀元前221年に中国史上初の天下統一

こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。    

 

映画『キングダム 運命の炎』を観ました。

 

アニメも良いですが、映画は映画で良いと思います。

 

生方は、以前から始皇帝に興味があり、関連本を読んだり、兵馬俑のドキュメンタリーを観たりしています。

 

始皇帝は、広い中国を統一し、中国の皇帝という地位を作り出し、現代にまで至る中国の仕組みを作ったとも言われています。

 

そんな始皇帝の九星はなにか?

 

紀元前まで遡って調べられないものか?

 

そこで、Excelで簡単な表をつくり、九星をおいていきました。

 

西暦1年は一白水星なので、紀元前1年は二黒土星になります。

 

始皇帝は、紀元前259年2月18日生まれですから、紀元前259年まで順番に九星をおいていったのです。

 

すると、紀元前259年は八白土星中宮年となり、始皇帝は八白土星生まれであることがわかります。

 

2月18日生まれは、月命星が二黒土星となりますから、始皇帝は8-2-2という組合せの生まれであると考えられます。

 

では、始皇帝とはどんな人物だったのでしょうか?

 

九星気学でみてみました。

 

始皇帝を九星気学でみると?

■始皇帝(8-2-2)

始皇帝は、紀元前259年2月18日生まれ。

 

本命星:八白土星

月命星:二黒土星

傾斜宮:二黒土星

 

始皇帝は、本命星の八白土星、月命星と傾斜宮の二黒土星は、土の性にすべて属している土の人です。

 

八白土星は山であり、積み重なった土をあらわします。

 

そこから、つながりや努力、高い自尊心を意味し、冷静沈着で、自分の信じる道を突き進むという性質となってあらわれます。

 

また実直さと辛抱強さによって、自らの人生を切り開いていき、自らの目標を達成するためには、積極的に周囲の人の力を利用します。

 

始皇帝は、戦国時代の斉(せい)の陰陽家(いんようか)・鄒衍(すうえん)が唱えた五徳終始説を取り入れ、自身の正当性を求めました。

 

五徳終始説とは、五行思想(木、火、土、金、水)と王朝交代を結びつけるものであり、周王朝は「赤」色の「火」の徳をもって栄えたとし、続く秦王朝は、相克によって「火」を討ち滅ぼす「黒」色の「水」とされました。

 

秦王朝は水の王朝であり、儀礼用衣服や皇帝の旗は黒色、方位は北、季節は冬、数字は6が象徴となりました。

 

二黒土星は、まじめで勤勉であり、補佐的なポジションで成功しやすい資質を持っています。

 

土の人はまじめな努力家ですから、ズルい人や不真面目な人を蔑む傾向があります。

  

九星気学で性格や運気を知りたい方は、「九星気学 本命星・月命星・傾斜宮でみる運勢 歴史上の人物と著名人」をお読みになってください。

https://amzn.to/2CPyL4F

 

⇒  【八白土星】8-2-2を九星気学と宿曜占星術でみると?

 

始皇帝の運気を九星気学でみると?

■紀元前238年 呂不韋が失脚

始皇帝について調べてみたら?性格・運気・運勢とは?

紀元前238年は五黄土星中宮年で、八白土星は定位の北東にもどり、変化変動です。

 

定位にもどったときは、新しいステージに移行するときです。

 

呂不韋は、嫪毐(ろうあい)の反乱により、始皇帝(秦王政)の母・太后は幽閉され、相国を罷免されます。

 

これにより、始皇帝の親政がはじまります。

 


■紀元前227年 暗殺未遂

始皇帝について調べてみたら?性格・運気・運勢とは?

紀元前227年は三碧木星中宮年で、八白土星は北にあり、本厄です。

 

八白土星の定位には六白金星が回座し、目上(天)のサポートがある暗示があります。

 

始皇帝(秦王政)は、燕の太子丹の命を受けて秦に赴いた荊軻(けいか)によって暗殺されそうになりますが、未遂に終わります。

 

このとき、始皇帝は剣が長くて抜けずにいましたが、侍医の夏無且(かむしょ)が薬箱を荊軻に投げつけたことにより、形勢が逆転します。

 

六白金星には薬の象意があることから、侍医の夏無且(かむしょ)のサポートにより、始皇帝は助かったとも言えそうです。

 


■紀元前221年 中華統一

始皇帝について調べてみたら?性格・運気・運勢とは?

紀元前221年は六白金星中宮年で、八白土星は西にあり、収穫のときです。

 

八白土星の定位には九紫火星が回座し、栄誉と注目の暗示があります。

 

始皇帝(秦王政)は、斉の攻略を王賁に命じ、斉は滅亡します。

 

これにより、秦は中華を統一し、統一王朝の秦朝となります。

 


■紀元前216年 万里の長城建設に着手

始皇帝について調べてみたら?性格・運気・運勢とは?

紀元前216年は一白水星中宮年で、八白土星は東にでて、運気は上昇に転じます。

 

八白土星の定位には四緑木星が回座し、拡散と知名度アップの暗示があります。

 

始皇帝は、蒙恬を北方防衛に当たらせ、巨大な防衛壁建設に着手します。

 

これが、万里の長城の前身となります。

 


■紀元前214年 大運河・霊渠の建設に着手

始皇帝について調べてみたら?性格・運気・運勢とは?

紀元前214年は八白土星中宮年で、花が咲くときです。

 

八白土星の定位には二黒土星が回座し、女性・受け身の暗示があります。

 

始皇帝は、軍事輸送のため大運河の建設に着手し、中国の南北を接続します。

 

長さは34kmにおよび、長江に流れ込む湘江と、珠江の注ぐ漓江との間をつなぎました。

 


■紀元前212年 阿房宮の建設に着手

始皇帝について調べてみたら?性格・運気・運勢とは?

紀元前212年は六白金星中宮年で、八白土星は西にあり、収穫のときです。

 

八白土星の定位には九紫火星が回座し、栄誉と注目の暗示があります。

 

始皇帝は、皇帝の宮殿・阿房宮の建設に着手します。

 


■紀元前210年 死去

始皇帝について調べてみたら?性格・運気・運勢とは?

紀元前210年は四緑木星中宮年で、八白土星は南にあり、前厄です。

 

前厄のときは「離」の作用が働くときであり、死別の暗示となります。

 

八白土星の定位には七赤金星が回座しているので、始皇帝は、肺や喉、口中の病気によって亡くなったのではないでしょうか。

 

また、始皇帝は第4回巡遊の途上で亡くなりますが、このときは東南の方位に巡航しています。

 

この時の東南には三碧木星が回座しており、「東南方向から天子の気が立ち込めている」という言と一致しています。

 

三碧木星には、長男や若者という象意があるためです。

 

しかし、東南の三碧木星は暗剣殺の方位であり、不意の災難をもたらす方位となっています。

 

一説には、始皇帝は不老不死の薬として、水銀の入ったものを服用していたと言われているので、水銀中毒で亡くなったのかもしれませんが・・・。

 


 

自分のことを知りたい!今の悩みやトラブルはどうなるのか?ということを知りたい方は、お問合せからご連絡ください。

お問合せ 

 

鑑定のご依頼をお待ちしております。

 

また、LINEのお友達に「霊符ワークス(https://lin.ee/jUg7TVJ)」を登録していただくと、大変お得になります。

 

定額会員制なら、月々1,000円~。

気になることは即解決! 

定額会員制サービスへ

 

www.reifuworks.com Blog Feed

大河ドラマ『光る君へ』藤原道長の性格・運気・運勢とは? (月, 01 1月 2024)
>> 続きを読む

本命卦でみる吉宅・凶宅とは?玄関の向きが大事 (Mon, 04 Dec 2023)
>> 続きを読む

家にまつわる吉凶とは?家相には理由がある? (Mon, 04 Dec 2023)
>> 続きを読む

天星尺とは?吉の長さ、凶の高さがわかる目盛りの意味とは? (Mon, 04 Dec 2023)
>> 続きを読む

罪を軽くする霊符とは?冤罪それとも前世の因縁? (Mon, 27 Nov 2023)
>> 続きを読む

もっと読みたい方は 開運ブログへ