· 

源頼家の性格・運気・運勢とは?

源頼家の性格・運気・運勢とは?

源頼朝の嫡男で第2代鎌倉殿

こんにちは、生方吉子(うぶかたよしこ)です。

 

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、源頼朝が死に、嫡男である頼家が鎌倉殿になります。

 

しかし、この源頼家という人物は、3年ほどで将軍職を剥奪され、伊豆国修禅寺に幽閉された後、暗殺されるのです。

 

源頼家について調べてみました。

 

源頼家を九星気学でみると?

■源頼家(8-4-9)

源頼家は、1182年9月11日生まれ。

 

本命星:八白土星

月命星:四緑木星

傾斜宮:九紫火星 

 

源頼家は、月命星の四緑木星から、傾斜宮の九紫火星、本命星の八白土星へとエネルギーが流れる相生の関係です。

 

八白土星は、冷静沈着で頑固一徹な星であり、プライドと努力によって道を切り開きますが、人間関係においては閉鎖的なタイプです。

 

四緑木星は風のように、どこにでも入り込むコミュニケーション能力をあらわし、その結果、信頼を勝ち得るという星なのですが、人を信じすぎてしまう善良さがあって、だまされやすい傾向があります。

 

九紫火星は美的センスやアイデア豊富な性質を持っていますが、移り気で気分に起伏があります。

 

この星回りの人は、思いつきで行動する傾向があって、本来持っているはずのコミュニケーション能力を十分に発揮できていないと言えそうです。

 

九星気学で性格や運気を知りたい方は、「九星気学 本命星・月命星・傾斜宮でみる運勢 歴史上の人物と著名人」をお読みになってください。

https://amzn.to/2CPyL4F

 

【八白土星】最も運気が強いのは?本命星・月命星・傾斜宮の組合せは?

 

源頼家の運気を九星気学でみると?

■1197年 従五位上右近衛権少将

源頼家の性格・運気・運勢とは?

1197年は二黒土星中宮年で、八白土星は南西にあり後厄、暗剣殺、五黄殺、そして定位対冲です。

 

定位対冲のときは、運命の歯車が大きく動くときです。

 

源頼家は、従五位上右近衛権少将に叙任されます。

 


■1199年2月16日 父・頼朝死去

源頼家の性格・運気・運勢とは?

 

1199年2月16日に、父・頼朝が亡くなります。

 

この日の九星盤をみてみましょう。

 

年盤では、八白土星は東南にあり、運気は旺盛です。

 

歴史上の人物で家督を継ぐようなとき、運気旺盛な場合が多いので、源頼家もその例に漏れないということでしょう。

 

年盤の八白土星には、月盤の四緑木星が回座し、遠方や拡散の暗示があります。

 

また、月盤の八白土星は定位にもどり、変化変動、新しいステージに移行するとき。

 

月盤の八白土星には、日盤の七赤金星が回座し、人間関係の拡大とよろこびごとの暗示もあります。

 

父・頼朝の死によって、頼家が、一躍注目の人になったことは間違いなさそうです。

 

⇒ 源頼朝の性格・運気・運勢は?

 

■1203年 将軍を追放される

源頼家の性格・運気・運勢とは?

1203年は五黄土星中宮年で、八白土星は定位の北東にもどり、変化変動です。

 

定位にもどったときは、新しいステージに移行するときです。

 

源頼家は、修禅寺に押し込められ、将軍を追放されます。

 


■1204年8月14日 暗殺される

源頼家の性格・運気・運勢とは?

 

1204年8月14日、源頼家は、北条氏の手兵によって殺害されます。

 

この日の九星盤をみると、年盤では、八白土星は南にあり、「離」の作用が働くときであり、良くも悪くも注目されるときです。

 

また、歳破がついており、何事も思い通りにはならないという凶運です。

 

年盤の八白土星には、月盤の六白金星が回座し、天のサポートがあることを示しています。

 

月盤の八白土星は南西にあり後厄、暗剣殺、五黄殺、そして定位対冲です。

 

八白土星の運気としては最悪のときであり、暗殺されてもおかしくない運気です。

 

月盤の八白土星には、日盤の四緑木星が回座し、遠方の暗示があります。

 

六白金星や四緑木星が本命星に回座しているとき、命を落とすことがあります。

 

源頼家の場合、1204年8月に襲われてしまうと、命を落としやすい運気であったようです。

 

源頼家を宿曜占星術でみると?

■源頼家【室宿】

宿曜占星術では、源頼家は室宿の生まれです。 

 

室宿は、無邪気で正直で律義者であり、陽気な楽天家で自信家が多い本命宿です。

 

運気も強く、リーダーシップがあり、物質的にも恵まれやすいといえるでしょう。

 

室宿さんは、自分をどんどんアピールして多くの人と交流しますが、人間関係に損得勘定が入りやすい傾向があります。

 

源頼家は、土曜生まれの室宿さんなので、誠意のある人物のように振る舞い、人あたりも良いのですが、図々しく人の世話になることを好むようです。 

 

しかし、本人は世話になっているという義理を感じず、自分にとっては当然のことと思っています。

 

だから暗殺されたのかもしれません。

 

室宿さんの性格や運気、相性をもっと知りたい方は「室宿: 宿曜占星術と九星気学・姓名でみる運気」を読みになってください。

↓ 

https://amzn.to/2JNww77

  

27の本命宿を人数でランキング!最も強い本命宿は? 

 

自分のことを知りたい!今の悩みやトラブルはどうなるのか?ということを知りたい方は、お問合せからご連絡ください。

お問合せ  

 

鑑定のご依頼をお待ちしております。  

 

また、LINEのお友達に「霊符ワークス(https://lin.ee/jUg7TVJ)」を登録していただくと、大変お得になります。

 

定額会員制なら、月々1,000円~。

気になることは即解決! 

定額会員制サービスへ

 

www.reifuworks.com Blog Feed

土御門天皇の性格・運気・運勢とは? (木, 13 10月 2022)
>> 続きを読む

【死去】ミハイル・ゴルバチョフ元ソビエト連邦大統領の性格・運気・運勢とは? (Wed, 31 Aug 2022)
>> 続きを読む

源実朝の性格・運気・運勢とは? (Thu, 14 Jul 2022)
>> 続きを読む

源頼家の性格・運気・運勢とは? (Mon, 11 Jul 2022)
>> 続きを読む

安倍晋三元首相の死に思うこと:覇王が倒れるとき (Sun, 10 Jul 2022)
>> 続きを読む

もっと読みたい方は 開運ブログへ